バイクブロス・マガジンズ編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2008年12月31日  comments (0)

暮れも押し迫った昨日30日、激混みの街を一回りして、やっと正月用の食べ物などを一通り買い揃えたと思っていたのですが…。

「おぉ、ヤバイ!肝心なモノを買い忘れてた!」

と思い出してしまったのです。そう、玄関に飾る松葉飾り。一夜飾りになってしまうので、絶対に昨日中に買わなくてはならなかったのですが、あの混雑した街にクルマで戻る気にもなれず…。

ということで、こんな時こそムルティの出番です。チャチャッと準備して、エンジン始動。ギュイーンと混雑した街中に戻り、駐車場待ちの車列の横をソソッと通り抜け、待ち時間ゼロでスーパーの正月用品売り場に到着。目的のブツをパパッと購入して、ストンッとトップケースに格納。ササッと帰宅して、スッと玄関に松葉飾りをセッティングすれば40分でリカバリー完了。クルマで移動するのとは大違いです(笑)。

こういう時はやはりバイクですね?。特にムルティは、このモデルのデザインを担当したピエール・テルブランチ氏が開発当時に「スタイリングじゃなく、機能と性能を優先したバイクで、毎日楽しく使えるスタンダードなバイクを目指している」と言っていただけあって、利便性抜群。日常生活に溶け込むことが上手い便利なドゥカティです。思いっきりイタリアンなバイクで、純和風の松葉飾りを買いに行くというミスマッチ感覚もたまりません!我が家の年末はバイクで締めくくりです。

「締めくくり」と言えば…今年もいろいろなバイクに試乗する機会に恵まれましたが、そのラストを締めくくったのはイタリアのドゥカティではなくドイツのBMWでした。機種は注目のニューモデルF800GSでフルオプション仕様! このモデルは、BMW BIKES誌やクラブマン誌でもコッテリと取り上げる予定とのことですが、我々バージンバイク編集部でも急遽試乗することになりました。で、その乗り味ですが、これがとてもスバラシイ。798ccのミドルクラスモデルですが車格は決して小さくなく、ゆったりとツーリングできる。それでいて走破性が抜群で、狭い林道もガンガンです。そして…オッと、これ以上は年が明けてからのお楽しみ。

それでは皆さん、良いお年を!

コメント一覧

コメント投稿