ガルル編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2008年12月29日  comments (0)

みなさんこんにちは。
ガルル編集部のもちもちです。

今日は、年明け1月6日(火)に発売されるガルル2月号の告知をします。
と、その前にみなさんにいくつか質問をさせていただきましょう。
以下の質問に、○か×かで答えてみてください。


Q1.記憶力はいいほうだ。
Q2.一日の食事の中で、一番楽しみなのは朝食だ。
Q3.あれこれ考えるよりも、まず行動を起こすタイプだ。
Q4.霊やお化けの存在は信じない。
Q5.いつも靴を最初に履くのは右足からだ。


………さあ、○の数はいくつありましたか?




今の質問は忘れてください。気まぐれです。

そんなことより、ガルル2月号の第1特集はウイリーです。


え? 「」の数字に目が行く?
やっぱりそのあたり気になっちゃう感じですか。
いやさすがお目が高い。

今回、ガルル読者のみなさんには、5秒間ウイリーができるようになってもらいます。
5秒というとどのくらいの時間だかわかりますか?
それじゃあ試しにいまちょっと目を閉じて5秒数えてみてください。















ハイ、結構です。
いま目を閉じてくれた方は、ひとりいるかいないかくらいでしたね。


とにかく、5秒ってけっこう長いんです。
これだけの時間ウイリーができれば、それはもう “本物” のウイリーです。


なぜ、あえて本物という言葉にダブルクォーテーションマークを用いたか?
それは、世の中にウイリーの偽者が存在するからです。
例えば、ちょこっとフロントタイヤを浮かせただけで、

Yes, I can.

言った記憶、あると思います。

でもそれはウイリーではなく、フロントアップです。
ウイリーはフロントタイヤを浮かせた状態で走り続けることを言います。


それでは、どのくらいフロントタイヤが浮いている状態を維持できればウイリーと呼べるのでしょうか。
明確な定義はありませんが、今回のガルル特集では「5秒」というひとつの節目を提案しています。
まぐれで5秒はありませんから、確実なライディングテクニックが必要です。

といっても、ウイリーのメカニズムは意外とシンプル。
ちょっとしたコツと、練習場所を工夫したりすることで絶対マスターすることができるんです。
詳しくは本誌のほうで。




次は第2特集の紹介です。


にわとり「うわー、ガルルやっちゃってますね」
うし「10万円なんて額を使える読者いないだろ」
きつね「冬のボーナス時期を狙い撃ちした企画なんだろうな」
うし「高い高い、せめて5万円とかに設定しとかなきゃ」
にわとり「No.1 OFFROAD BIKE MAGAZINEの座から転落する日も近いですね」


牛丼1杯が10万円だったら高いと感じます。
じゃあ、宇宙旅行が10万円だったらどうですか?
家を1軒建てるのが10万円なら?

みなまで言いません。
お金の価値は、それと引き換えで得られるものによって変わるのです。


第2特集では、10万円を使って得られる至高のオフロード体験をご案内。
リペアやリノベーションだけではなく、職人技や旅の思い出を手に入れる……
まさにプライスレスなプランをご堪能いただけます。





ほか、

見てるだけでデカイ気持ちになるアメリカンオフロードについてや、最新外車インプレッションなどの記事もあります。




月刊ガルル2月号は1月6日(火)発売です。
みなさんよいお年を。

コメント一覧

コメント投稿




雑誌紹介

ガルルガルル

オフロードバイクにまつわるすべてを網羅する、オフロード総合誌。世界トップレベルのレースシーンから、街乗り・林道ツーリングといった一般ライダーの視点に近い企画ものまで、すべてのオフロードライダーの味方となる1冊です。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ