モトメンテナンス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2008年12月19日  comments (4)

DE耐!モンキーRT着々と進行中!!


モトメンテ本誌81号でリポートしておりますように、2009年モトメンテRTはモンキーRT?! 
へとチーム名を改名!? ってことはありませんが、これまでの縦型ホンダ4ミニから横型ホンダ4ミニへと
マシンチェンジし、DE耐!参戦することになりました。
中古車で購入したモンキーRTは、現在、シフトアップのラボにてスペシャルパーツの開発が進められております。
今更モンキーRやモンキーRTのパーツを開発して「ど?なの?」という声が聞こえてきますが、
実は、モンキーR用スペシャルパーツってほとんど無くて、僕らチームとしても当初は
「購入できるものでマシン作りを」と考えてましたが、我々の要求を満たすようなパーツはほぼ皆無でした。
仕方アリマセンのでハード系パーツに関しては新開発し、数量限定で一般のモンキーRT系オーナーさんにも
販売するというカタチでパーツ開発を進めることになりました。


↑パーツ開発は シフトアップさん で現在進行中♪↑

例えばステップ周り、スイングアームピボット周りもそのひとつ。
複数ライダーでエントリーするDE耐!では、ライディングポジションの決定でいつも苦労します。
具体的には、小柄なマキシと大大柄の栗田が同じポジションでイイワケが無く、
ある程度は公約数を探さなければいけません。そんなときにレーシングステップの存在はありがたいですよね。
ポジション変更が可能なデザインになっているので、公約数探しも容易になります。
また、モンキーR系フレームは、NSR/NSF系に似たツインスパー仕様ですが、これが似て非なるもので、
スイングアームピボット周辺の剛性確保は必須になります。そこでステッププレートにはピボット剛性を
強化するガセットマウント仕様を採用し、エンジン下にもスタビライザーを装着する準備を進めてます? 
詳細は、モトメンテ本誌次号でリポートできると思いますので、お楽しみに?♪
(といってもどれだけの人がモンキーRに興味あるのか‥‥)

チューニングといえば‥‥‥‥

実は最近、チャンバー作りをしてみたくなり、
古い文献(メーカー監修!!)を見てみましたが、こんなデータは参考になりますよね?


最高のパフォーマンスを求めるワケではなく、ノーマルとは明らかに違った「面白さ」が出てくれれば
僕の場合はOK。もちろん街乗り系ストリート号ですから、爆音にできませんしね。
といったことで、チャンバーを研究しつつ楽しみたいと思ってます。

えっ!? 何がって?
そうなんです、遂に80sフルサイズ原2をゲットしちゃいました?♪(まだガレージにはありませんが)



もう「CBタグチ」ではなく「ベベル田口」でもなく「マッハな田口」でもありません。
今は【原2?タグチ】モードに突入です?♪
でもね、キャッチフレーズ系バイクはすべて今でも所有してますから、
いつ思い出したかのように復活するかは、僕自身も知りません‥‥ 怖?

コメント一覧

ハルさん

12月19日(Fri)

10時17分

原2購入おめでとうございます?2型を選ぶのがいいですね。
チャンバー製作の記事楽しみに待ってます。
こちらでなんですが、28日ホンダ(犬)で参加したいと思います。

たぐちさん

12月19日(Fri)

11時58分

ハルさん、どーもです。
やっぱり原2はフルサイズがイイって言うか、私デカいので、ある意味「フルサイズ」なんです???
チャンバーは製作前にありもの流用で試してみて、傾向と対策を‥‥なんて考えてます。ワンオフ製作時には、お世話になるかも??? な?んてね。

ささやんさん

12月19日(Fri)

12時28分

おぉ?、これが噂には聞いていたバイクですか♪
外観からは極上の良いコンディションですね?
これからどんな風に進化して行くのか、すごく楽しみです。
原2の秘められた能性を引き出せば、充分楽しめますからね!

たぐちさん

12月19日(Fri)

17時55分

ささやんさま? どーもです。
初代ARが登場したときにはすでに社会人で所有車は大型モデルばかりでしたが、
それでもARの18インチデザイン(まんまカンパですよね!?)には、
ピピピッときたものでした。あれから20数年目にしてゲットです。
正式にはAR80?/C4モデルになります?。データ展開の際には、お知恵拝借ヨロシクね?♪


コメント投稿




雑誌紹介

モトメンテナンスモトメンテナンス

日々のメンテナンスから不動車の再生、そしてレストアまで「バイクいじり」を幅広くカバーするメンテナンス総合誌。あると便利な工具・ケミカルの紹介から、業者への発注の仕方、そしてアッと驚く工作テクニックまで、いじり好きの編集スタッフが自ら実践し分かりやすく紹介。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ