バージンハーレー編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2008年06月20日  comments (0)

昨日、静岡で開催されたアメリカンワールドフェスタに行ってきた。梅雨時期ということもあって、かなり本格的な雨の中、予定通りイベントは開催。が、会場内に足を踏み入れると、かなりの来場者で賑わっていた。

雨といえど、ハーレーが好きでたまらない人たちで溢れた会場内。家族連れでも楽しめるよう、子供用スペースにはお絵描き(塗り絵)や馬方の小型シーソーといった遊具が用意され、メインのハーレー展示には東海地方の各ディーラーが自慢のマシンをラインナップ。中古車も多数展示され、「新車だと値段が……」なんて人にも魅力的な充実の内容だった。

今回のイベントでボクが印象に残っているのは、高齢の方の姿が多かったこと。いわゆる団塊の世代と呼ばれる人たちが、新たな趣味としてハーレーを選択肢に入れる。そんな状況を目の当たりにして、ボクは咄嗟に話し掛けてみた。すると、「いやぁ、孫が一緒に走ろうと言うんでどんなものか見てたんだよ。でもハーレーはやっぱ良いねぇ」との返答。聞けば、御歳は70歳。明らかに団塊世代オーバー。う?ん、最高!「そうですね。ハーレーを買ってお孫さんと是非一緒に走ってください!」。そんなやり取りをして、ほんのり胸が熱くなるのを感じつつ帰路に着いた一日だった。

コメント一覧

コメント投稿




雑誌紹介

VIRGIN HARLEYVIRGIN HARLEY

これからハーレーダビッドソンを買おうと言う方のためのハーレー専門誌。購入のイロハはもちろん、ハーレーが持つ独特のライフスタイル、さらには1000台以上もの中古車を掲載する初心者必読の1冊です。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ