バージンハーレー編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2008年06月10日  comments (0)

先日、広島で2008年モデルのFXDCの試乗をしてきました。と、言っても雑誌バージンハーレーの取材じゃないんですが(笑)。FXDCに乗って改めて感じたことを、これからハーレーを買う人のためにご紹介しますね。

ダイナファミリーでは圧倒的にFXDLが人気ですが、個人的にはFXDかFXDCがイチバン面白いモデルだと思っています。前後サスが短く、エンジン周りも豪華なFXDLは確かに魅力的。カスタムが盛んなハーレーの場合、カスタムベースとして見たらFXDLを選ぶのもわかります。…でも、別の見方で見ればFXDやFXDCも面白いモデルなんですよね。

TC88の初期の頃にFXDXというモデルがありましたが、私はFXDXは素晴らしいモデルだと思っていました。ハーレーは「鼓動を楽しみながらゆっくりと走るバイク」と見られがちですが、FXDXにはエンジンの魅力に加え「でも、しっかり走るんだよ」という個性が与えられていました。スポーツ志向の個性が付与された車輌は評価が低くなりがちですが「ビックツインでもそこそこ走りたい」という人にはかつてのFXDXや、今のFXDやFXDCはオススメのモデルです。

ハーレーにはエンジンなどのわかりやすい魅力以外にも、手に入れてある程度距離を走ってから気づく魅力もたくさんあります。たとえば、ツアラーは見た目とは裏腹によく曲がる、など。そういった一人では気づきにくい魅力を、わかりやすく紹介するのも、我々メディアの使命なんでしょうね。ハーレーは決して安いものではありません。悩んで悩んで、選んだモデルを1万km、2万km…10万kmと愛するお手伝いができれば…嬉しいですね。

コメント一覧

コメント投稿




雑誌紹介

VIRGIN HARLEYVIRGIN HARLEY

これからハーレーダビッドソンを買おうと言う方のためのハーレー専門誌。購入のイロハはもちろん、ハーレーが持つ独特のライフスタイル、さらには1000台以上もの中古車を掲載する初心者必読の1冊です。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ