BMWバイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2008年12月08日  comments (10)

皆さんこん○○は! ナガヤマ@BMWBIKESです。

今日はジョン・レノンの命日ですね(NY時間だと正確には明日だったかな)。

さっき、次号の編集作業をやっとのことですべて終わったところです。
今頃、印刷所では一生懸命ガリ版印刷してます(ウソ)。
BMWBIKES第45号は、1週間後月曜日、15日に書店に並びます。
どうぞお買い求めださいね。

そんなこんなで
ちょっと更新サボってしまってすみませんでした。

で、昨年の今頃スペインでテストした、あのHP2SPORTが、
いよいよ日本でも、今日から正式受注をスタートさせました。



写真はアスカリ・サーキットでテストしたときの小生です。
アカスリはとても好きなサーキットで(アカスリも好きですが…失笑)、
HP2SPORTもホントーにいいバイクでした。ココロも顔もトロけました。


そして気になる価格も決定!





すばり


390万円!!


高いか安いか。
円高基調とか為替変動はあんまり関係なかったもしれませんけど、
個人的にはリーズナブルな価格だと思います。
専用ツインカムボクサーで、オプション搭載でこの値段で収まるなら。
しかも、排ガス騒音規制はなんなくパス。
本国と同様のフルパワー仕様での上陸が決まったようです。

このあたりは本当にBMWはきっちりやってくれていると思いますよ。





で、



僕も








買っちゃいました!!










いえいえ、
コイツの購入代金を得るための宝くじをです(笑)。




以下、公式発表の内容をお付けしておきましょう。

では今日はさすがに眠いので、このへんで。
んじゃまた!


RideSafe!
ナガヤマ@BMWBIKES

++++++++++++++++++++++++++++++++++
ビー・エム・ダブリュー株式会社は、BMW Motorradの高性能スポーツ・バイクBMW HP2 Sport(エイチ・ピー・ツー・スポーツ)を、本日12月8日(月)より、全国のBMW Motorrad正規ディーラーで予約注文の受付を開始。尚、お客様への納車は2009年5月以降を予定。
スポーツ・ライダーのため設計されたBMW HP2 Sportは、BMW Motorradのボクサー・シリーズの中で最もスポーティな最強かつ最軽量のモデル。モデル名の「HP」は「ハイ・パフォーマンス」、数字の「2」はBMW伝統の2気筒ボクサー・エンジンを意味する。
ハイ・パフォーマンスなBMW MotorradのHPシリーズにおいて、HP2 SportはHP2 EnduroとHP2 Megamotoに続く3番目のモデル。本格的なレース・マシンとしても通用するHP2 Sportは、従来であればレース・モデルにのみ使用される空力特性を最適化した自立式のカーボン・ファイバー強化プラスチック(CFP)製フェアリング、ギヤシフト・アシスト、MotoGPで採用されているものによく似たメーター・パネル、鍛造アルミ・ホイール、ラジアル・マウント式ブレーキ・キャリパー付きのレーシング・ブレーキなど、高度な機能を多数装備した限定生産車両だ。
予約されたお客様には、車台番号入りの特別記念品のプレゼントも用意される。
(#編集部注=それは○○さんの○○○らしいですが、まだヒミツです)

モデル:BMW HP2 Sport
エンジン:空冷/油冷4ストローク 2気筒DOHCエンジン 1,169cc
ミッション:6速
希望小売価格: 3,900,000円
? 上記のメーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格。

HP2 Sportの主な特徴
? 高回転が可能なボクサー・エンジン
? 量産車において世界初 : ギヤシフト・アシスト
? 妥協なき軽量化
? MotoGPでの技術が採用されたメーター・パネル
? 揺ぎ無い安全性



? 高回転が可能なボクサー・エンジン
HP2 Sportに搭載されるボクサー・エンジンは、シリンダー・ヘッドの構造が一新されたことで、さらに高い回転域に達することが出来るようになった。また、最適化された吸排気系、新開発の鍛造ピストン、さらに改良されたコネクティング・ロッドなど、さまざまな変更を受けたことにより、標準仕様のエンジンよりも高回転が可能になり、そしてレースには必須のパワーを絞り出す。
最高出力98kW(133ps)/8750rpm、最大トルクは115Nm/6000rpmを発生、エンジンの最高許容回転数は9500rpmに達する。

? 量産車において世界初 : ギヤシフト・アシスト
ハイレベルなレース特有の装備として、クロス・レシオの6段ギヤ・ボックス用のギヤシフト・アシストがある。このシステムは、アクセルを戻すことも、クラッチを操作することもなく、極めてすばやいギヤシフトを可能にするもの。これは量産車としては世界で初めて搭載されるテクノロジーである。

? 妥協なき軽量化
徹底的に軽量構造を追求。これらの中には、自立式フロント・フェアリングや自立式カーボン製リア・フレーム、重量を最適化した鍛造ホイールなどがあすが、それだけでなく、レースの世界から引き継がれた軽量オルタネーターなどの隠れた装備品もある。その結果、HP2 SportのDIN規格に準拠した重量は、208kgまで軽量化された。乾燥重量はわずか178kg。

? MotoGPでの技術が採用されたメーター・パネル
量産仕様車のメーター・パネルは、MotoGP生まれの技術を採用。ラップ・タイムやその他のレース関連データなど、重要な情報をライダーに提供するだけでなく、通常の表示も行う。

? 揺ぎ無い安全性
HP2 Sportの目指すスタイルは、レースでの魅力的な走りだけではない。HP2 Sport専用にチューニングされた高性能ABS(アンチロック・ブレーキング・システム)を装備し、安全においても一切の妥協をしていない。、このABSシステムは必要に応じ、サーキット走行時などオフにすることも可能だ。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

コメント一覧

びーごさん

12月09日(Tue)

14時55分

お久しぶりです。覚えているでしょうか?郡山でRT乗っている者です。新しくページが変わってからブログが始まったのに気づきませんでした。ナガヤマさんを色々な雑誌でお見受けして、随分と忙しそうですね。身体に気を付けて下さい。HP2 sportいいですね?、ホントに買ってないんですか?自分も宝くじ当たるのを待っているですがねぇ。次号楽しみに待ってます。それでは又。

ナガヤマ@BMWBIKESさん

12月09日(Tue)

15時15分

びーごさん、どうも!
あはは、ひっそりやってるブログなんです。ヒミツ集会やっているのでこれからはヒミツブログってことで、お見知りおきを。ところで
郡山でRT乗っている人って10万人ぐらいいらっしゃるので、あなたのこと覚えてるかどうか、わかりませーん(笑)。でもお会いしたらぜったいわかると思います。はい。たぶんですけど、後ろにとっても綺麗なタンデマーをお乗せしているあなたでしょ?? ライダーは覚えてませんけど、後ろのかたはちゃんと覚えてまーす(笑)。  
身体の件など、お心遣い感謝します。ま、忙しいうちが幸せだと思ってますんで、これからもよろしくお願いします。ではまた。

Takaさん

12月09日(Tue)

22時32分

LTから今またRTに戻っちゃってますが、HPスポーツ、欲しくなって来ました。CVO売って、頭金にしようかな。。(しかし?、LTは手放すんじゃなかった、と後悔しきりです、ナガヤマさ?ん(ーー;)

ナガヤマ@BMWBIKESさん

12月09日(Tue)

22時54分

Takaさんどうも。お久しぶりです。
つまり現在はRTとCVOをお持ちだということですか? CVOって、HDのあれですよね。ウルトラですか? 僕もHDそのものはリスペクトしてますよ。はい。
でもその2台はちょっとかぶるかも…なので、小生からの提案。
RT+CVOをLT+HP2SPORTにしちゃうってのはどうですか(笑)。すごい。2台でレクサス460より高い。でも精神的豊かさは10倍以上でしょうね。
僕のアオザメ号も下取り出さないほうがいいかなあと悩んでます。でも正直な話すると、LT買うなら(ブレーキも艤装もECUも)現行のほうがいいしなあ。。。
って、お前買うんかい?…と突っ込まれそうですね。

SDF1さん

12月10日(Wed)

12時20分

こんにちわ
BMW HP2 Sport発売の影で
HP2 Megamotoは、新規注文停止しているようです。
BMWジャパンにある在庫のみ。
風の噂です。
失礼致しました。

ナガヤマ@BMWBIKESさん

12月10日(Wed)

18時16分

SDF1さん、情報ありがとうございます。
そうですか。エンディーロもそうですがHP2系は、数が限られるようですね。
検討されている方は急いだほうがいいかもしれませんね。年末だと、いいことあるかも…!?

Takaさん

12月11日(Thu)

07時01分

ナガヤマさん、LTは絶対とっておくべきです!ああいうバイクはもう出ないと思いますね。「癒やしK」の。
RTとウルトラマンカラーのCVO,両方ともツアラーでかぶる部分も多いんですが、巡航速度と加速が全然別物です。
正直、LTとCVO持っていたかったです^^;

ナガヤマ@BMWBIKESさん

12月12日(Fri)

02時51分

TakaさんそうですねLTはとても貴重な存在ですね。
僕も手放すつもりはありませんが、できたら電動スタンドHIDノンサーボブレーキの最新バージョンに換えてみたい気持ちがヤマヤマなのです。
ミュンヘンの開発陣も当面は残るだろうなんて事を言ってましたが、ホントのところはどうなるのかわかりません。
今現在は生産がストップしているという話も聞きました。
現行FL系のエンジンの存在感はなかなかいいと思います。
縦Kとのコンビだとなかなか絶妙な取り合わせですね。まるで往年のV8アメリカンと直6BMWみたいです。

suyaさん

12月16日(Tue)

19時50分

こんにちは。ギヤシフトアシストっていうのが、よくわかんないです。具体的にはどういうもんなんですか?

ノークラってことですか、車みたいにいハンドルの手元のスウィッチで操作できるようなもんなんでしょうか?

また、試乗してみてそれの具合はどうだったんでしょう?

ナガヤマ@BMWBIKESさん

12月16日(Tue)

22時39分

suyaさん、質問ありがとうございます。
これに関しては、新規にブログアップしたほうがいいかと思ってます。
ご返事しますので今しばらくお待ちください。


コメント投稿




雑誌紹介

BMWバイクスBMW BIKES

テーマは「BMWバイクを慈しみつつも使い倒すビーマーのためのアシストマガジン」。世界で初めて創刊されたBMWバイク専門誌(季刊)です。ドイツ本国をはじめ、アメリカやヨーロッパ各国との強力な連携を持ち、BMWバイクに関する話題を、深く、広く、わかりやすく誌面展開しています。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ