ガルル編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年04月08日  comments (1)

みなさんこんにちは。
ガルル編集部のもちもちです。



それは「ウイリースクール」と読んでください。


4月7日(火)、神奈川県のリバーポートマリーナで『ガルルウイリースクール』が開催されました。
参加者のみなさんが手にしているのは「ガルルオリジナルステッカー」&ウイリー講師「小林直樹スペシャルステッカー」。



次回は6月2日(火)に開催されます。
「参加してみようかなー」な方はオフロードワールドさんまで。


post : 2009年04月08日  comments (0)

こんにちは、ガルルのたじまです。



ガルルの発売日である毎月6日前後は、最新号が無事刷り上がったという安堵によって
スタッフ一同がリラックス次号の企画を練っている時期ですなんです。

そんな締め切りという緊張の糸が緩んだタイミングでないと、
安心してブログの更新もできないんですよね。

右の写真は最新号の特集=遊び半分、練習半分でライテクを磨こう! という50%Ride。


講師は国内外のエンデューロレースで活躍中の内山裕太郎さん。
レースの活動報告のみならず、初恋の人からの手紙なども公開している彼のブログはこちら


特集50%Rideでは片手、片足、片方のブレーキなど、
半分の動作や操作でバイクを華麗に操っています。

小さな体で巧みにバイクを操る内山さんでも
レース前にこの練習をすると調子が良いと言っていました。




ライテクって奥が深い。だから面白いし、上手く走れたときや
イメージどおりのライドができたときは嬉しいものです。

最新号では他にも!
【世界選手権レースに参戦するサムライたち】
小島庸平/モトクロス
太田真成/エンデューロ
松本 康/モタード

【北米のクロスカントリーエンデューロ(GNCC)参戦】
小池田猛/XC1クラス
小林雅弘/XC1クラス
内山裕太郎/XC2クラス
石井正美/SeniorAクラス
大川原潤/OPEN-Bクラス
真田 治/250Aクラス

【ゴールデンウィーク特集】
連休に行きたい林道、キャンプ場

お馴染み【2ストのレストアKDX&DT】
ホントにレース出ちゃう?! & サビサビのエンジンがついに復活?

【最新トライアルマシン13台一気乗り】
これでもか!の台数を小林直樹氏がインプレ


サムライたちに話を聞いたり、編集部員がバイクを毎月直したり、
バイクのインプレを繰り広げたり。

最新号も好き嫌いなし!オフならなんでも盛りだくさんです。

post : 2009年04月06日  comments (1)

みなさんこんにちは。
ガルル編集部のもちもちです。



本日4月6日は、ガルル最新号の発売日です。
最新号の最新コンテンツをご紹介します。

 
 

続きを読む ...

post : 2009年04月02日  comments (0)

みなさんこんにちは。
ガルル編集部のもちもちです。



奇抜なタイトルでユーザーのクリックを誘う。僕の嫌いなやり口です。

「読み手に1ページ目をめくらせるためには何をやってもいいのよ」
と、かのナイチンゲールが言ったかどうかは知りませんが(12割方言っていないでしょう)、弊社発行誌読者の皆々様方におかれましては決してそのような迷惑メールじみた手段には騙されないでいただきたい、と切に思う次第であります。
 
 
 
以上の利用規約に同意して入場する
 
 

続きを読む ...

post : 2009年03月31日  comments (0)




こんにちは、ガルルのたじまです。

ガルルで長期試乗企画を連載している690ENDUROは、 2007年に新設計エンジンを搭載して一新された690シリーズの1台。

最近のバイクらしくインジェクションを採用しており、パワーモードの切り替えによって乗り味が劇的に変化します。

最もパワフルなモードだと53PSと、2スト250よりもパワフル。


続きを読む ...

post : 2009年03月27日  comments (0)

今から7年ほど前。
2002年のAMAスーパークロス第14 戦・ソルトレイクシティ。

ランキングトップを走っていたリッキー・カーマイケルが、
最終戦を待たずにチャンピオンを決めるだろう、ということで、
僕は取材のため、現地に飛んでいました。

果たしてレースはカーマイケルの勝利。
チェッカーを受けた彼のまわりに、カメラマンが殺到します。

僕はプロのカメラマンではないので、その勢いに圧倒された、
ということもありますが、

このレースの結果をうけて、ランキング2位がほぼ確定した、
つまり、このシーズンの敗北が確定した、
デビッド・ビーラマンの元に走りました。

その時に撮った写真がこれ。



シャッターを押した後、つたない英語で彼にコメントを求めたところ、
予想外にやさしく右手を挙げて、制止されたことが記憶に残っています。

惜しくも2位に終わった選手、準優勝に終わったチーム、などのことを
英語で「runner-up」と言います。

この単語には、「惜しくも」というニュアンスが多分に含まれていて、
僕はけっこう好きです。


そんなことを思い出しながら、
今月開幕した全日本モトクロスとJNCCの取材をしてきました。

どちらも、強烈におもしろいレースでした。

「runner-up」というタイトルをつけて、
さきほど原稿を書き終えました。


post : 2009年03月19日  comments (1)



こんにちは、ガルルのたじまです。

せっかくオフロードを走るためのブロックタイヤも、こんな状態だと滑りまくりです。

タイヤの残量はよく10を新品として「○分山」と表現しますが
これは3分山ぐらいでしょうか。

オフロードでの性能限界はとっくに過ぎています。

なぜここまですり減ったタイヤを使っているかというと……

続きを読む ...

post : 2009年03月10日  comments (0)

みなさんこんにちは。
ガルル編集部のもちもちです。



どうですか、すぐに晩ごはんの献立を思い出せましたか。

1?2秒でパッとすべてのメニューを言える人もいれば、
毎月6日はガルルの発売日だと言う人もいると思います。



続きを読む ...

post : 2009年03月08日  comments (0)

こんにちは、ガルルのたじまです。

バイクライディングはランニングやサイクリングなどと同様、
全身の筋肉を使うスポーツでもありますよね。

スポーツにケガと挫折はつきものといいます。

これを読んでいる人のなかにも、痛い思いをしたことがある、
なんてあるのではないでしょうか。

スポーツを楽しむ社会人ライダーは、翌日の仕事のためにも
「ケガの予防と疲労回復」は、とっても大切だと思います。

とくにスポーツマンだった若い頃の運動神経イメージのまま
全力疾走やアクセル全開をしてしまう人は……

続きを読む ...

post : 2009年03月07日  comments (0)

みなさんこんにちは。
ガルル編集部のもちもちです。



さて、昨日はガルル4月号の発売日でした。
ところで、3月6日が誕生日の方にはこんな人たちがいるようです。
って馬もいますが。


・ミケランジェロ(画家、彫刻家)
・大岡昇平(小説家)
・キラー・カーン(プロレスラー)
・春風亭小朝(落語家)
・ハイセイコー(競走馬)
・シャキール・オニール(バスケットボール選手)
・ベッキー(タレント)

?Wikipedia参照?


続きを読む ...


雑誌紹介

ガルルガルル

オフロードバイクにまつわるすべてを網羅する、オフロード総合誌。世界トップレベルのレースシーンから、街乗り・林道ツーリングといった一般ライダーの視点に近い企画ものまで、すべてのオフロードライダーの味方となる1冊です。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ