バージンハーレー編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2008年10月24日  comments (0)

10.27ドロップ、バージンハーレー Vol.2がついに完成。本日、印刷所から見本紙が刷り上がって参りました。いやぁ?売れるね、コレは。売れちゃうね、マジで。巻頭企画では2009 H-Dブランニューモデルを徹底検証。車両紹介からヒストリー、小ネタまでも満載した必読の企画です。さらにカスタム企画、「50万円の使い方、教えます」では、カスタム予算50万円台のマシンを多数掲載。そのパーツ代や工賃までも詳細に紹介しています。

その他、こだわりのキャンプ道具満載のキャンプツーリングのススメや、50人以上も集まったVH撮影会など見所満載。さらにさらに1000台以上ものユーズドハーレー情報を掲載しております。これだけの内容で、価格680円! 業界の常識を覆す、680円で御座います!! 発売まであと3日。売り切れ店、続出の予感。26日は書店に徹夜組、続出……かもっ!

post : 2008年10月12日  comments (0)

前回更新したネタの続きで御座います。そう、バージンハーレー Vol.2のカスタム企画、「失敗しない50万円の使い方、教えます(仮)」の話し。がんばって小遣い貯めれば、なんとかなりそうな50万円を使ってカスタムマシンを製作しようという、とても解りやすいカスタム企画で御座います。やっぱり気になるお金の話し。聞くに聞けないお金の話しをアナタに代わって製作ショップに聞いて参りました。パーツ費用に取り付け工賃、カスタム総額をズバリ掲載。カスタムの参考になること必至! さらに限られた予算で、いかにセンスよくカスタムするかのツボを解説して参ります。これは人気企画となること間違いないでしょう。10.27ドロップのバージンハーレー Vol.2、マストバイ!

post : 2008年09月26日  comments (0)

突然ですが、みなさんが愛車のカスタムにかける予算は、おいくらですか? 「予算なんて考えねぇーぜ! 理想のカスタムを追い求め、ひたすた突き進むのみ!!」と、言いたいところですが、現実はかなりキビシーですよね? じゃ ヒャクマンエン? う?ん、小遣いのレベルを完全に超えている……。じゃ、ジューマンエン。たしかに小遣いでなんとかなる金額だけど、 ジューマンでできることは、とても限られている。

では予算、ゴジューマンエンならいかがでしょーか? ハンドル換えてシート換えて、ペイントまでやったとしても予算内で収まるはず。がんばって小遣い貯めて、あとボーナスを少し加えれば、どうにか見えてくる金額のはず。そこでバージンハーレー Vol.2では「50万円ではじめるカスタムライフ(仮)」と題して、予算50万円のカスタムプランをカスタムサンプルを交えて紹介します。50万円と言えば、もちろん大金です。これは間違いありません。そこで今回のバージンハーレー Vol.2では、間違いのない50万円の使い方、お教えします。ピンポイントのモディファイで最大限の効果を発揮するカスタムの秘訣満載、必見です!

post : 2008年09月13日  comments (0)

10月27日発売「バージンハーレー Vol.2」。発売まで、あと1ヶ月と少々。正確にはあと44日。締め切りまでを数えると、1ヶ月を切っているわけ。う?ん、こりゃ大変だ。さっそくロケスケジュールを組んで取材に出たいところなんだけど、出るに出られない。なぜなら今現在は9月27日発売のホットバイク104号の締め切りど真ん中だから。ものにはね、順番というものがあるんです、順番が。1の次は2、2の次は3、免許を取ってからハーレーに乗る、歯を磨いてから口をゆすぐ、ジッパーを下ろしてから用を足す、というふうにね。「ナリタさん、ブログ更新ですよ。早く書いて下さい!」とブログ担当のターミーが目を三角にして僕に言う。「分かってるよ、分かってます。ものにはね、順番というものがあるんだよ、1の次は……」。なんて言い訳にしか聞こえないよね。

「あぁ?どっか行きてぇ?なぁ(逃避)」。ん? この順番は、間違ってるよなぁ……たぶん。
 

post : 2008年06月27日  comments (0)

いよいよ発売となります! そう、雑誌「VIRGIN HARLEY」、本日発売です!! かなりイイ出来だと自負しております。H-Dヒストリーから、最新モデルのメカニズム、カスタム、ツーリング、イベント、メンテネタ、そして1000台オーバーの中古車情報などなど、内容盛りだくさんだと自負しております。

この内容にして、業界の価格破壊とも言える680円! 700円で20円のオツリ。1000円出せば320円もオツリが。10000円なら9320円もオツリが返ってきます。売り切れ書店続出! ……の予感。コレは、はっきり言って「買い」ですぞ、皆々様。「買って納得、バージン・ハーレー」。コレ、裏コンセプトです。

post : 2008年06月19日  comments (0)

はじまってます、カウントダウン。そ、VIRGIN HARLEYの締め切りが迫っているのです。まぁ、か?る?く締め切りオーバーしているとも言えなくもない。連日朝までパソコンと格闘するも、未だ先は見えず。写真なんてないよ。月曜日に誰かさんも言ってたけど。

でもね、この緊張感がたまらないという、ドMなもう一人の自分がいる。基本的にはSなんだよ、僕は。たぶんSの、は…ず。6.27ドロップ、雑誌「VIRGIN HARLEY」、満足の出来です。……まだ半分も出来てないけど。

post : 2008年06月12日  comments (1)

ファクトリーカスタムモデルを次々とドロップするHDカンパニーの動きを受けて、ここ日本ではじまった「Dark & Chrome」という新しいアプローチのカスタム。「ギラリと光るクロームと、闇を吸い込む漆黒のダーク」。この二つの相反するエレメントを効果的に配し、独自の存在感を手に入れることがDark & Chromeのコンセプトだ。光と陰の相乗効果。これは今までありそうでなかった切り口と言える。純正P&Aカタログの豊富なパーツラインナップの中からパーツを選び、カスタムプランを練る。嗚呼、まさに至福の時。想像力をフル回転させ、完成の姿に夢を馳せる。考えてみたら、時刻表を見て仮想の旅に出かける一部の鉄道マニアと相通じるものがあるな、これって。ともかく、カスタムの心地よい泥沼からは、そう簡単には抜け出せないもの。いや絶対に抜け出せません……僕の経験では。

写真はダークカスタム代表の2008 VRSCDX NIGHT ROD SPECIALとクロームカスタムのフラッグシップモデル、2008 FXCWC SOFTAIL ROCKER C。もちろんツルシです。ここからいかにカスタムしていくかはアナタ次第。プランは6.27ドロップ、雑誌「VIRGIN HARLEY」をご参考に。

post : 2008年06月05日  comments (0)

今期レイトモデルとしてドロップされたファクトリーカスタム、FLSTSB/ソフテイル・クロスボーンズ。スプリングフォーク装備のボバーライクなスタイリングは、かなりツボ。エクステリアにドロウされるワンポイントのピンラインにもグサリとヤラレてしまった。ヘッドライトやフォーク、リムなど要所をブラックアウトした、話題のダークカスタムのフラッグシップモデル。ニューモデルのラインナップ中、最も気になるモデルがこのクロスボーンズなのです。

TC96モーターの力強さ、信頼性は、もはや説明の必要はないだろう。セル一発で火が入るとは、まさにこのこと。地球の裏側までにだって走って行けるという不思議なチカラが湧いてくる不思議なオートバイ、ハーレーダビッドソン。「ハーレーに乗らずして、いったいどんな幸せな人生があるというのだろうか?」。コレ、本音です。ツーリングやカスタム、メンテにミーティングなどなどハーレーの楽しみ方は無限大。趣味のノリモノとして、これ以上のモノは地球上に存在しないと断言しよう! そんな魅力を一人でも多くの人に伝えたいという思いから生まれた雑誌「VIRGIN HARLEY」。あっ、まだ生まれてないか? 予定日は08.6.27。締め切りまであとわずか、かなりの難産が予想されるわけで……。

post : 2008年05月28日  comments (1)

アメリカ、チョッパー、ボバー、ディガー、ロングフォーク、ドラッグスター、フリーウェイ、PCH、ルート66、ジャンクフード、風、夕立、朝日、夕日、太陽、月、オイル、ガソリン、四季、高速道路、缶コーヒー、峠、田舎道、トンネル、知ってる道、知らない道、海、山、川、花、草、木、岬、半島、野宿、通勤、MAP、パーツカタログ、工具、鉄、アルミ、ステンレス、サドルレザー、スピード、サーキット、エキゾーストノート、ブーツ、ヘルメット、シェード、タバコ、オイルライター、リーバイス、ウォレット、スタッズベルト、シルバー、VANS、コンバース、フラットヘッド、ナックルヘッド、パンヘッド、ショベルヘッド、ブロックヘッド、ファットヘッド、レボリューション、アイアンスポーツ、EVOスポーツ、ダートトラック、ボードトラック、ヒルクライマー、リジッドフレーム、Kフレーム、ソフテイル、ダイナフレーム、クールブレイカー、カスタム、そして友達。

順不同、ハーレーダビッドソンというオートバイにまつわる好きなモノを、思いつくままに羅列してみました。まだまだ他にたくさんあって、ここじゃとても書き切れない。

伝えたいことが、たくさんあります。
08.6.27 [VIRGIN HARLEY] OUT!


雑誌紹介

VIRGIN HARLEYVIRGIN HARLEY

これからハーレーダビッドソンを買おうと言う方のためのハーレー専門誌。購入のイロハはもちろん、ハーレーが持つ独特のライフスタイル、さらには1000台以上もの中古車を掲載する初心者必読の1冊です。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ