バイクブロス・マガジンズ編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2010年08月12日  comments (4)


すでに【編集部試乗インプレッション・レビュー】でも紹介されているホンダの大型二輪スポーツツアラー「 VFR 1200F Dual Clutch Transmission 」に、バージン BMW 編集部 ゼンが BMW Motorrad 目線で走ってみた。理由は「スポーティなツアラー? 使い方にもよるけど、そんなのビーエムが世界一に決まってるでしょ?」という半ば凝り固まった概念に和製スポーツツアラーの実力をぶつけて「果たしてそう言い切れるのかい?」を、確認するため。
至極個人的なインプレッションになることは間違いないが、アウトバーンから世界へ飛び出した BMW Motorrad の実力と“世界のホンダ”が世に送り出した同カテゴリの製品について、短期間ではあるがオーバー 1,000km の走行距離を目処に、駆け足で、且つじっくり乗り込んでみた。さてその結末は…?

ホンダ VFR1200F 専用サイト >>
バイクブロス×マガジンズ【試乗インプレッション・レビュー】 VFR1200Fデュアル・クラッチ・トランスミッション >>
BMW Motorrad Japan >>

続きを読む ...

post : 2010年07月06日  comments (0)

〜トライモタード行ってきた!編〜
 最初は高い買い物だったけど
 今となってはお値段以上の仕事に感謝の My ハスク
 身体もバイクも以前の走行会でのキズはとりあえず回復
 またいつものようにストリートをタリラ〜ンと走っています

 純粋にファンライドを愉しみたい
 もっとバイクを上手く乗れるようになりたい
 
 という想いで始めたモタードなわけで
 今回はハスクバーナのインポーターである
 MV AGUSTA Japan 主催の“モタード教室”に参加してきました…





続きを読む ...

post : 2010年02月23日  comments (0)

前回のアノ事件から相当時間が経っていますが

フツーに走ってますよ、オレのハスクは

写真は地方イベント遠征取材時のヒトコマ

イベントエリアが2ヶ所に分かれていたので

その間を行ったり来たりする移動車輌として持ち込み

仕事と称して広大なワインディングを気持ち良く走りました

高低差のある標高でもキャブが息苦しい素振りを見せることもなく

登り高速コーナーでは3速全開も楽しめちゃったりして(ヨダレ)

続きを読む ...

post : 2009年09月18日  comments (0)

「がんばれ!モーターサイクル大国ニッポン」

と、思わず言ってしまいたくなる

そんな光景が当たり前のようにあった

[MOTOR BIKES ONLY]

なんてステキな響きでしょう…ここは

ヒトもクルマもバスもタクシーもバイシクルも

ごちゃごちゃ混み合った都会の真ん中ですよ



『ちょっとした路地裏には必ずバイクの居場所があって』


『公園を囲む大通りにも、フツーの歩道の上にも居る』


『クルマ1台分にバイク3台、建物のくぼみにだって…』



MOTOR BIKESにとって居心地の良い環境
そんな国でぶらぶらしていました。

post : 2009年09月16日  comments (0)

「アイスコーヒー」をオーダーすると

ミルクを入れ

バニラアイスを浮かべ

ホイップクリームを表面が隠れるくらいもりもり被せる…

はっきり言ってマズイけれど

ここではあまり気にならない

そんな国でぼ?んやりしてました

post : 2009年09月09日  comments (0)

前回のつづき >>

さて、そのサーキット走行会で調子良く走っていたら

その日の最終枠

気の緩んだところで吹っ飛びました…イタイ

左コーナーからS字コーナーへの進入で軽くオーバーラン

切り返しが追いつかず

フロントがゼブラに乗り上げて跳ね上がり

続いてリアも乗り上げてボヨヨ?ンと弾み

そのまま次のゼブラに引っかかってバッキャ???ン!ガリガリガショショォォ???…


詳細はあまり記憶にありませんが

数少ない目撃者の証言によると

目撃者「田中さん、ハイサイドだったよ?」
ゼン「まじッスか!?!?!?!?」(驚)

ハスク初転倒、サーキット初ハイサイド、ヘルメットを割ってしまったのも初…

あぁ?あ、ショックゥ?。

つづく




ハスクバーナは生粋のファンビークルですね?
お暇つぶしにドウゾ

>> 【SM250R】on the Street ! part.05
>> 【SM250R】on the Street ! part.04
>> 【SM250R】on the Street ! part.03
>> 【SM250R】on the Street ! part.02
>> 【SM250R】on the Street ! part.01

post : 2009年09月07日  comments (0)

ふたたびサーキットへ赴いた我がハスク


■8月9日(日)に開催された、アルタイヤモーターサイクルズが主催するサーキット走行会【Try Track Ride ! 14th】へ参加してきました

場所は宇都宮ICから車でおよそ20分のところにある“ヒーローしのいサーキット”

当日は暑くもなく雨もなく絶好のサーキット走行日和で、走る前から気分は上々、 なにより仕事もナンもカンケー無く、今回は純粋なイチ参加者というところがサイコー!

この日は参加者が100名以上という大盛況ぶりで、ローカルなバイクショップ主催のイベントでこんなに人が集まるなんて、正直驚きでしたね


■さて、サーキット走行に向けて、一度は公道仕様に変更した車体を、またサーキット仕様に衣替えしなければなりません

バックミラーを外しーの、メーター&ヘッドライト(ウィンカーセット)はゼッケンプレートに、リアフェンダー(ウィンカーセット)はサーキット用スペアに交換して、イグニッション・キーはハンドルにタイラップでグルグル巻きにして固定…以上、とってもイージー(この仕様変更作業もだいぶ慣れてきたかな)

公道とサーキットの両方で、my ハスクは大忙しですな


しかしあの日からもう1ヵ月が経とうとしているのか…
“アレ”は結構ショックだったからなぁ…

つづく




ハスクバーナは生粋のファンビークルですね?
お暇つぶしにドウゾ

>> 【SM250R】on the Street ! part.04
>> 【SM250R】on the Street ! part.03
>> 【SM250R】on the Street ! part.02
>> 【SM250R】on the Street ! part.01

post : 2009年07月28日  comments (0)



「え?、ハスクで公道走っちゃうの??」
「やめといた方がいいんじゃない?」
「保安部品つけたらカッコ悪いじゃーん」

とまあ、ほかにもいろいろ言われながらも
「んなコト関係ねぇっぺョ!モタードはストリート走ってナンボっしょ!きっと愉しいに違ぇねぇ!」

なんていう思い込みと勢いで
ストリートへ駆け出した我がハスク

つくりがレーサーだということさえ意識しておけば
周囲の偏見を覆し、意外とフツーに使えるモンですよ


まず走り始めでは、じっくり暖機しないとダメですね
250ccとは思えないほど立派なサイレンサーを装着していても
やる気にさせるサウンドはサーキットでこそ大人しいものの
閑静な住宅街では音量が問題

エンジン始動・(仕方なく)即発進…
“ボボ・ぼぼぼん、ボルルルル…ボフボフ…”

今にも落ちそうなエンジンを半クラでごまかしながら
そそくさと大通りへ(汗)

ゆ?っくりとブリッピングしながら
脛にエンジンの熱を感じるようになったところで全開!

ロー⇒セカンド⇒サードは意識的に引っ張りつつ
4⇒5⇒6速では5,500回転近辺で軽く流すような感じで…

やがて熱いオイルが循環してエンジン全体に行き渡り
高回転域までよどみなく吹け上がるようになります
一度熱が入ってしまえば、あとはフツーですね

市販トレールバイクにオンロードタイヤを履かせたモデルと違って
トロトロのんびり流す、と言うより、やはり“メリハリのある運転”が愉しい

擬音で感覚的に言うと…

“ドカンッ!”と発進して
“びゃ?っ、びゃびゃ?っ”と加速して
“カカカンッッ!”とシフトダウン
“ぎゅィ?ン”と減速
“グワゎゎゎ?ッ!”と加速

…みたいなカンジ(笑)

走行中は荷重移動やポジショニングをワリと大げさにやったほうがスムーズに走れます
とは言ってもココは公道、ストリートなので、しっかり周囲の状況を見ながら常識の範疇ですよ、勿論。

リッタークラスの大型バイクと違って絶対速度を望むものではなく
キビキビと走るマシンの機動性・ライダーの入力に素直な反応を見せる精度の高いつくりから
人車一体となって駆け抜けることを愉しめるマシンです

サーキット走行でガンガン遊ぶのもかなり愉しいものですが
それだけで終わらせてしまうのはホントもったいないなぁと実感したのでした

結果!
ストリート仕様にして(戻して)良かったでーす!


しかし夜になると、どことなく昭和の豆電球みたいな儚さを感じさせる
ヘッドライトの明るさをどうにかしたいなぁ…というのが今後の課題です


つづく



>> 【SM250R】on the Street ! part.03
>> 【SM250R】on the Street ! part.02
>> 【SM250R】on the Street ! part.01

post : 2009年07月21日  comments (0)

取り払われていた保安部品を装着して
いよいよストリートへ駆け出した我がハスク

軽く慣らし走行を終えて道端で一服
まじまじとスリムなボディを眺めつつ
とりあえず「公道走行可」にしたので
今度は見た目の“微調整”が必要だなぁ
と、思う今日この頃


アレコレと小手先カスタムのイメージはありますが
まずはテール周りをスッキリしたい


ということで…



アシンメトリーなウィンカーポジションのプチカスタム決行!



リアフェンダーの適当なスペースに
左右均等の穴を空けてウィンカーを移設しまーす
ちなみにドリルは【BLACK & DECKER】を愛用してまーす
もちろん持ち運びに便利なコードレス
最近のバッテリーは性能良いですよ



コレが



こうなり



別の角度から見ると…



コレを



こうしました


排気口は避けているから
ウィンカーが熱にいじめられることも無いでしょう

びみょ?なD.I.Y.カスタムですが
ひとまず気持ちはスッキリしました
ソコが大事!(だと思う)


しかし写真を見てお気づきの方もいらっしゃると思いますが
リアフェンダーが全体的に右へよじれていて
正確に(ほぼ目測)穴を空けて取り付けたナンバーやウィンカーも
なんとな?く右へ傾いています(泣)

まあ、これくらい気にしないケド…


つづく


>> 【SM250R】on the Street ! part.02
>> 【SM250R】on the Street ! part.01


post : 2009年07月14日  comments (0)

コンペマシン、ストリート仕様へチェンジ完了!

もともとナンバー付で販売していた車輌なので
保安部品の装着はしごく簡単

とは言え初めて触るハスクだったので
配線に若干アタマを悩ませてしまいました

サービスマニュアルは
日本語以外の5ヶ国語で記述されていて
ページを開いて3秒で撃沈…む?…

悩んでいても時間は過ぎてゆくばかり
せっかくの休日に走り出せないなんて切なすぎる

人間諦めが肝心ということであっさりプロへ相談です
ケータイ片手にアルタイヤモーターサイクルズへ電話します

ゼ「すいません?ん! この黒くて細い端子はどこに繋ぐんですかぁ? 5本もあるんですけどぉ」

ア「あ?、それはアレですね、ヘッドライトのところにアレがあるでしょ?」

ゼ「はいはい」

ア「5本うち3本がアレ用で2本がソッチ用で、それぞれ並んで刺さるんですよ」

ゼ「あっ、コレがそーなんですか? やっぱ国産とは違うんですねぇ! 解決しました、ありがとうございます」

ア「ちなみにアレをこーしてあーすれば、サーキット走行のときにパーツ交換がラクですよ。ワタシのバイクはそうしてます」

ゼ「あぁ?、なるほど! それは便利ですねぇ! 早速マネしちゃいま?す」

ア「ちなみにちなみに、アノの配線は色がわかりづらいので注意してくださいねー」

さすがプロは違いますねぇ(失礼!)
実際にハスクバーナに乗ってお客さんと一緒に走行会も愉しんでいるから
こちらのつたない説明でもちゃんと理解してくれて、分からないところをチャチャッと解決してくれました
おまけにお徳なアドバイスまで!

おかげで地元のストリートへ駆け出すことも出来て
すごーくエキサイティングな週末になりました(めでたしめでたし)

アルタイヤさん、ありがとー!



つづく


>> 【SM250R】on the Street ! part.01