バイクブロス・マガジンズ編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年12月28日  comments (0)

皆々様方、お仕事お疲れ様で御座います。

本日28日で仕事納め、昼からは納会といった方も多いのではないでしょうか。かく言うバイクブロス×マガジンズの更新も年内は今日が最後。誠に勝手ながら12月29日から来年の1月3日まで更新をお休みとさせていただきまして、再開は1月4日(月)からとなります。

バージンバイクとしてはじまったWEBコンテンツもリニューアルを経てさまざま記事を展開してきましたが、来年はこれまで以上にバイクを楽しむためのコンテンツをお届けできればと考えております。国産、輸入車を問わず幅広いバイク情報を展開していく所存です。


↑近頃注目の原2もクローズアップしていきますよ!

ではまた来年! 良いお年を!
バイクブロス×マガジンズ編集部一同

post : 2009年12月25日  comments (5)

随分ご無沙汰しておりましたBREVAネタですが、ちょっと実験したことがありましたのでご報告を。

実は先日15000kmに渡って酷使したタイヤ、IRC RX-01がお亡くなり気味になっていたので交換したのです。いやはや、持ちますこのタイヤ。実はまだ使用できた雰囲気なのですが、本当のピンチになるまで使うのがためらわれたので思い切って前後新品を装着しました。しかも、ラジアルタイヤです。本当はミシュランのパイロットアクティブを試す予定だったのですが、あいにく在庫切れ。第二候補のメッツラーのレーザーテックも入荷待ちという事態に陥いってしまいました。なら素直にスポーツデーモンとかBT-45があるだろうという話なのですが、何となく面白くないのでスピードスターさんに相談を持ちかけたわけです。

いろいろとカタログを見ているうちにふと思いついたのが、フロントはラジアルタイヤの設定がある、ということ。しかし、130/80のリアに対応するサイズは無し。そこでなんとなくスピードスター水口さんに「140/70を入れたらダメなんでしょうかね」と聞いたところ、「これなら入りますよ。パフォーマンスアップの可能性もありますし、試してみます?」という回答があったのです。とはいえ、元がバイアス設定のタイヤにラジアルを入れて大丈夫なんだろうかと不安は一杯。他の編集部員にも聞いてみたところ意見は真っ二つに分かれておりました。それならばここはひとまずプロの助言に従おう!ということで、今回装着してみた次第です。ちなみに選んだのはダンロップの新しいツーリングラジアル「SPORTMAX GPR-200」。新コンパウンド採用でイチオシらしいですよ。価格もラジアルとしてはリーズナブルな部類ですね。

さて、実走行でのインプレですが、3000kmほど走ったところ性能的にネガティブな部分は感じません。これまでとの大きな違いは明らかに寝かしこみが軽くなったことと、燃費が若干(1?2km)向上したこと、雨天時のグリップ力向上でしょうか。箱根も走ってきましたが、以前なら「すべりそう…」と感じていた場面でも安定しているのは素敵。そして、乗り心地がしなやかになったのも交換したメリットと言えるかもしれません。ただ、ライフに関してはやはりバイアスに比べて短い雰囲気です。通勤で使っているせいもあって、センターの減りが早い感じがします(当たり前か…)。

個人的にはバイアスでも十分だよなぁと思う反面、この安心感と気持ちの良いグリップ感は一度体験すると戻りたくないものがありますね。あとは、サイズ的に140/70-17がOkとなればタイヤの選択肢も増えるのではと思う次第。こういう選択肢もあるんだなー、程度のご参考になれば幸いです。それでは、また。

post : 2009年11月19日  comments (0)

こんにちは。マガジンズ編集部のムラヤマです。
バイク駐車場問題が取り沙汰されてされてから随分経ちますが、皆さんの周りでは少しくらい改善されたでしょうか。私の行動範囲では幾分「マシ」にはなっている印象があります。しかし、十分かと言うとやはりまだ不足していると感じますね。そんな中、こんなニュースがありました。

車道にバイク駐車場…東京・表参道
http://www.yomiuri.co.jp/atcars/news/20091118-OYT8T00822.htm

何気にこれは大きな進展だと思います。しかも表参道ですし、これをきっかけに他の自治体も駐車場問題に対してさらに取り組んでくれればと思います。欧州の街のように、路上のデッドスペースにバイク駐車場がずらり、となればバイクを取り巻く雰囲気を大きく変わるのでは。バイクで出かけてもとめる場所が無い、そういう状況が早くなくなればいいですね…。

post : 2009年10月14日  comments (1)

イギリスの旅 2日目。

その1 はこちら

時差ボケと前日ターミーと歩き回って疲れたので遅めのスタート。
前田さんから教えてもらったレンタルバイク屋さんを見に行くことに。
日本からでもWEBで予約をし、電話を掛ければいいのですが、
英検3級なもんで、電話が怖くてね。。。



左)ロンドンの観光地へのアクセスがとてもよい Victoria駅。うーん、趣があります。東京駅みたい。ちがう?
右)バス→地下鉄→電車。電車に乗るためにClapham Junction駅に来ました。ちなみに今日10月14日は「鉄道の日」だそうです。


Wandsworth Town駅で降りて、てくてくと20分ほど歩きます。
知らない街を歩くのは、楽しいですなぁ。



着いたら休みだった…。
こちらの国は、日曜日でもお休み。商売っ気がないのね。
シャッターが開いていたので覗いていたら、
「明日の9時30分に来な!」
と言われました。

お店の前にはバスが走っているのですが、Victoria駅から1本で来れたみたい。
ちなみにVictoria駅からは「170」番のバスに乗ります。
降りるバス停の名前は、iPhoneで撮影したのですがね……。
えぇ、ちゃんと撮影したのですがね……。


するとターミーからACE CAFEにいるとメールが。
大英博物館ビッグベン < ACE CAFE」
観光しようかと思っていたのですが、再び地下鉄に乗りACE CAFEへ。

ACE CAFEは、Stonebridge Park駅から歩いてすぐです。


左)駅からACE CAFEまでの道には、ライダーを模った柵みたいなものが。
右)着きましたー! 2時間前はもっとライダーがいたそうです。



左)ACE CAFEのボス、マーク。かっこいいねぇ。英語が苦手な私にも分かりやすいようにゆっくりしゃべってくれました。
右)「撮ってくれよ?!」といわれたのでパチリ。右側にいた笑い上戸のおじさんのCBRに乗っている猿がワイフなんだって。他はナニ言ってるかよく分からなかったけど、笑っておきました。楽しいねぇ!



左)女子ライダー! 男前なカッコよさ! でもかわいいんですよ。すんごいスピードで走ってました。色々と勝てないと思う…。
右)前の道路ではエクストリームなことをやっています。日本じゃ考えられない!



イギリスの旅で出会ったライダーの中で、ワタクシ的に一番カッコよかった人。59Clubの方なのね。どちらかというと枯れ専。



左)店内の様子。(カフェラテって通じたよ、ジャージー)
右)この日はクルマのminiのオーナーミーティングがあって、ライブも行われてました。(いいだろ、ジャージー)



左)ターミーが「美味しいから食べなよ」というので、注文してみましたが、さすがに一人では食べきれない。緑色はグリーンピースのマッシュです。私、グリーンピース食べられない。
右)多分、マークのBSA。美しいねぇ。普段はライブステージに置いてあります。



20時ごろでも、バイクは集まってきます。
とてもいい場所だなー。
私も自分のバイクで来たいと思いました。




ACE CAFE Tシャツ。
こちらのTシャツは私からの読者プレゼントです!
Sサイズを1名様に!
詳しくは11月1日、読プレページに掲載します!


イギリスの旅はまだまだつづく…。

post : 2009年10月13日  comments (2)

ひとりで海外でツーリングをしてみたいという方の参考になればいいのですが。
私の行き当たりばったりなイギリスツーリング日記です。


最近、向かいに座っている人がオーストラリアに行ったりして、なんだか楽しそうだったんで、
私もふらっと一人で海外に行きたくなりました。

そこで思いついたのが、10代の時の憧れ、イギリス!
当時はチケットが高くて行けなかったんですよねー。
トラベルコちゃんで調べたら東京-イギリス往復5万円って!
ならば行くしかないと、慌ててチケットを取りました。(結果、7万8千円でしたが。それでも安い!)
ケイト・モスに会えないかなぁー。


イギリスに行くなら
・ACE CAFE
・セブンシスターズ
・ストーンヘンジ
・ナショナルモーターサイクルミュージアム
・ヨークシャー
は、外せないなぁ。と。
でも、どれも距離が離れてるのでバイクで移動しよう! と思い立ちました。

そこで、いつもブログを見ているけど、全く面識のないMODE BY ROCKERSの方にメールを送りました。
「レンタルバイクはどこで借りられますか?」と。
まったくもって不躾な私ですが、
とても親切な彼は、色々と教えてくれました。
そして、彼はLewis Leathersで働いているというではありませんか!
なので、Lewis Leathersに遊びに行くことも決定!

こうして色々なことが決まりだしたのが出発の3日前ぐらい。
宿も決まっていないし、国際免許も持っていません…。

しかし、これまた友達の友達でロンドンに住んでいる方に安宿サイトを教えてもらい、ピムリコハウスに宿泊する事が前日に決定!
まぁ、バックパッカーなら現地で決めればいいのですが、前もって決めるあたり、私も大人になりました…。
国際免許も前日に取得!
世田谷警察署ならその日のうちに発行してもらえます。
場所によっては2週間もかかる場所があるらしいので、こちらでご確認ください。

ちなみに、私は英検3級レベル。。。
ほとんどしゃべれませんが、ノリと勢いと笑顔でなんとか!



左)国際免許取得にはチケットかパスポートが必要です。知りませんでした。。。一度家にパスポートを取りに帰りました。
右)ロシアの「アエロフロート」という航空会社を利用しました。私はもちろんエコノミークラスですよ。



左)世界遺産ウエストミンスター寺院の正面(?)。 超豪華! 素晴らしい! でも街の小さな協会も厳かでいいです。
右)観光客はこちら側から入ります。クレジットカードが使えます。聖歌隊の歌を聞きたかったなぁ。



左)公園には野生のリスがいます。めちゃめちゃ動きが速い。お菓子くれる人、いい人ね。
右)公園の池から見えたステキ景色。あー、ヨーロッパに来たんだなー。



左)バッキンガム宮殿。土曜日ということもあり、すごい人!
右)いたー! 近衛兵! なんか、キットカットを思い出す。


観光名所をある程度みたら、地下鉄でLewis LeathersがあるPaddington駅へ。



駅前にはバイク専用の駐輪場があります。
いいねぇ。こういう駐輪場があるから、バイクに乗っている人も多いのです。
ちゃんとみて、お偉い人!



左)着きました?! Lewis Leathers! チャイムを鳴らしてね♪
右)いやいや、欲しいものがいっぱい! そりゃージャケットが欲しいですけど、お財布と相談の上、青いスニーカーとTシャツを買いました。コムデギャルソンとのスニーカーも良かったのですが、気に入ったお色がなかったのです。



左)私が不躾なメールを送った方、とてもジェントルな前田さんとオーナーのデレック。ルイスレザーは一度無くなったと思っている人が多いようですが、ディストリビューターが変わっただけとのこと。私も知りませんでした…。デレックは日本語も話せます。なんともかわいらしい人。
右)元Virgin-Harleyの人、ターミー。SRで世界を旅する彼と、イギリスで会ったのです。とっても元気!


ターミーと再び観光をすることに。

左)名前を忘れましたが、きれいですね。
右)タワーブリッジ。このころには時差ボケと歩きつかれてヘトヘトでしたが、短パン+サンダルのターミーは元気です。



こちらのTシャツはターミーからの読者プレゼントです!
Sサイズを2名様に!
読プレっていうと男モノが多いから、たまには女子ライダーに! ね!
詳しくは11月1日、読プレページに掲載します!


イギリスの旅はまだまだつづく…。

post : 2009年09月30日  comments (0)

こちら広報部でお世話になってる、ハーレーダビッドソンジャパンの木下さんから
ステキなものを頂きました。



経理の大室ちゃんも仕事の合間にあぶら取ってます。




経理の吉田ちゃんはタオルで顔を隠して寝てます。

ちなみに大室ちゃんも吉田ちゃんもバイク乗りです。




「ハーレーレディースノベルティ」です。
ハーレーあぶらとり紙、ハーレーハンドタオル、ハーレーミラー、ハーレーポーチ!
これは、販売店への女性来店者に限らず、男性来店者同伴の女性ももらえるそうです!

女性はポーチ好き。
私も、女性誌で気になる(使える)ポーチが付録についていると買っちゃいますからねぇ。

このポーチのデザインも木下さんのアイデアだとか。
よいねぇ、このピンク!

ハーレーを買いたいなあと思っている女性はもちろん、
男性の方は彼女、奥さんを連れて行ってあげてください。


ちなみに、明日10月1日掲載の「バージンハーレー」と「バイクブロス」では読者プレゼントも行います!

どしどしご応募を!

post : 2009年09月30日  comments (0)

先日、しどきに遊びに行ってきました。

私のブログはモトクロスネタが多いですなぁ。

今回の参加者は多分、20人ぐらい!
しどきには、すでに '10 YZ250Fがレンタルであるんですよ!

今回は、ガルルで連載を持ち、パリダカでドライバーとして活躍する三橋淳さんも来てくれました。
カッコエエダッヂラムでご登場!
ギラギラしてる!
でもあおりが開かなくて、無茶な降ろし方を一人でやろうとしていたので、
みんなが救助に向かいました。



やっぱり一人じゃ降ろせないよね…。




弊社経理の吉田ちゃんは、CRF150を乗ってました。
なかなかの走りっぷり。




私は、土を被ってもギラギラした三橋淳さんのライテク講座を受けました!
いやー、超感動! 分かりやすい!
自分が座っている位置や、ハンドルの握り方などを直していただきました。
これ、女子ライダーの企画でやりたい!



まったりタイム。
この方々はずーっとガンダムの話をしていたように思います。


はー、楽しかった。
やっぱり、遊ばなきゃね。

post : 2009年09月28日  comments (0)

東京都日野市にある遊園地「多摩テック」が48年間の歴史に終止符を打つということで、最後にどうしてもその様子を見ておきたくなり行ってきました。

多摩テックと言えば、ホンダ・モンキーのご先祖様「Z100」の生まれ故郷、そして数々のモータースポーツと縁の深い場所としてつとに有名ですが、私にとっては子供の頃によく遊んだ遊園地でもあります。今風のテーマパークの主流となっているオトナも楽しめるような派手な演出もなければ、巨大なジェットコースターもりありません。でも、難しいことはヌキで、単純に子供が楽しめるように良く考えられた数々の乗り物があり、これらはもしかしたらとても貴重な存在であったのかもしれません。

そして、何よりも残念だと感じたのは、併設されている「トライアル・パーク」も9月30日で営業を終了してしまうということ。このパークは多くのトライアル・ライダーを輩出しているだけに、とても悲しいことです。我々が訪れた26日は、「多摩テック トライアルフェスティバルFINAL」が開催されており、トライアルライダーの小川友幸選手、本多元治選手、小林直樹氏が園内各所ですばらしいデモンストレーションを披露。最後にこのイベントを観覧できたことはほんとうに幸運でした。

鈴鹿サーキットのオープン前年1961年に開園。オートバイが自由に走れる「オートゲレンデ」として親しまれ、その後遊園地へと姿を変えながらもバイクとは縁の深い場所だった多摩テック。その営業終了をノスタルジーだけで語ることは意味を持ちませんが、子供が動力で動く二輪車などに触れられる施設であっただけに、我々バイク乗りにとってこれは決して小さくない出来事であるような気がします。

多摩テックの営業は今月30日まで。残念ながら平日ですがまだ間に合います。皆さんもその様子を瞼に焼き付けるために訪れてみてはいかがでしょうか? 最後に、関係者の皆さん、48年間ほんとうに有り難うございました。

●多摩テック オフィシャルウェブサイト



post : 2009年09月18日  comments (0)

「がんばれ!モーターサイクル大国ニッポン」

と、思わず言ってしまいたくなる

そんな光景が当たり前のようにあった

[MOTOR BIKES ONLY]

なんてステキな響きでしょう…ここは

ヒトもクルマもバスもタクシーもバイシクルも

ごちゃごちゃ混み合った都会の真ん中ですよ



『ちょっとした路地裏には必ずバイクの居場所があって』


『公園を囲む大通りにも、フツーの歩道の上にも居る』


『クルマ1台分にバイク3台、建物のくぼみにだって…』



MOTOR BIKESにとって居心地の良い環境
そんな国でぶらぶらしていました。

post : 2009年09月16日  comments (0)

「アイスコーヒー」をオーダーすると

ミルクを入れ

バニラアイスを浮かべ

ホイップクリームを表面が隠れるくらいもりもり被せる…

はっきり言ってマズイけれど

ここではあまり気にならない

そんな国でぼ?んやりしてました