バイクブロス・マガジンズ編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2010年06月03日  comments (8)


さて、一ヶ月に渡って続けてきたZRX1200ダエグもいよいよ最終回となりました。初となる長期インプレッションを通して見えてきたのは、ダエグが想像以上に日本の道路事情にマッチしていると言うこと。この1200ccの大型バイクの乗り易さに改めて感動すると共に、他のライダーならダエグをどう感じるのだろう、ということも気になります。と、言うわけで長期インプレ最終回では他の編集部員のレポートを中心にお届けします!

●詳しいスペックなどの確認はコチラ
●短期試乗をもとにした編集部インプレはコチラ
●オフィシャルページはコチラ

続きを読む ...

post : 2010年06月02日  comments (0)


前回は3回目と書きましたが、番外編を入れると今回でダエグ長期インプレッションもついに5回目となります。同一の車種をこれだけじっくりと乗るインプレは初めてなのですが、やはり長期間乗ることによって見えてくるものがありますね。さて、今回はツーリング後編。房総半島の風景と共に、ダエグの実力を検証していきます。

●詳しいスペックなどの確認はコチラ
●短期試乗をもとにした編集部インプレはコチラ
●オフィシャルページはコチラ

続きを読む ...

post : 2010年06月02日  comments (3)



さてさて、今週末に第3回目の公開を予定している長期インプレ「もしもVT1300CXに乗れたなら!?」。ホンダのVT1300CXをこれだけコッテリとやっている記事もあまりないので、今後はさらにネチッこく行こう!と考えていたところ…。

そのネチッこさを倍増してくれるようなネタが編集部にやってまいりました。それがコレ、VT1300CRです。ご存知かも知れませんが、VT1300CX(以下、CX)にはVT1300CR(以下、CR)とVT1300CSの兄弟モデルがあり、そのうちの1台CRを試乗インプレ用にホンダさんから借りてきちゃったというワケ。本格的な編集部インプレは近日中に公開しますが、今現在CXの長期インプレを担当している私がこのチャンスを見逃すはずもなく…フォルツァZ ABSの時と同様、担当者からカギを略奪。


急遽やってきた長期インプレ車VT1300CXの兄弟。ロー&ロングを強調したVT1300CRの乗り味とは…。

ただしこのモデル、登場したばかりで他媒体からの引き合いも多い売れっ子らしく、なんと返却期限は今日。ということで2時間という短時間ですが、ガッツリと試乗。「もしもVT1300CXに乗れたなら!?」の番外編として比較を交えながら印象をレポートしてみましょう。

●本編の記事はコチラ
●詳しいスペックなどの確認はコチラ
●オフィシャルページはコチラ

続きを読む ...

post : 2010年05月28日  comments (10)


良くも悪くも注目モデルの実態を赤裸々にレポートしてしまおうという長期インプレ「もしも●●に乗れたなら!?」シリーズ。先週から始まった2台目のテスト車輌はホンダが放った衝撃ビジュアルのクルーザーモデルVT1300CX。確かに美しい外観ですが、デザインコンシャスなバイクは往々にしてハンドリングや使い勝手にクセがあるもの。果たしてVT1300CXの場合は…。

今回は第2回ということで、日々の通勤やちょっとした街乗り、ショートツーリングで感じたVT1300CXの本性を包み隠さずレポートしてみようと思います。


●前回の記事はコチラ
●詳しいスペックなどの確認はコチラ
●短期試乗をもとにした編集部インプレはコチラ
●オフィシャルページはコチラ


続きを読む ...

post : 2010年05月27日  comments (0)

いよいよ3回目となりました、ZRX1200ダエグ長期インプレッション。これまで車体のディティールや街中での使い勝手、ショートツーリングなどでその実力を確認してきましたが、今回のテストは荷物満載でのロングツーリングです。ダエグに荷物はどれくらい搭載できるのか、積んだ場合の操縦安定性はどうなのか、そして“快適に旅ができるのか”という疑問に対して挑みます。これまで好成績を収めているダエグですが、今回はどうなるのでしょうか。

●詳しいスペックなどの確認はコチラ
●短期試乗をもとにした編集部インプレはコチラ
●オフィシャルページはコチラ

続きを読む ...

post : 2010年05月27日  comments (0)

さてさて、気持ちの良いハイオクを飲ませるべきか、それともエコノミーなレギュラーを飲ませるべきか、というどっちでも良い悩みを抱えつつ終了した前回の【いまさらマジェスティC】ですが、ガソリンで思い出しました。

ちょいと古い話しではありますが、小生が現在使い倒しているマジェスティCは我が家にやってくる前、前オーナーのもとでそれはそれは深い眠りについていたのでございます。そこにいきなり新しいオーナーと名乗る怪しい男がやってきて叩き起こされようとしたのですから、不機嫌になるのも当然。空っぽのバッテリーに救援バイクから引いたブースターケーブルを接続し、セルをガンガン回したらガソリンがドボドボとオーバーフロー。前オーナーと救援隊員(編集部員)を含めた一同、途方に暮れたのでありました。

ワケも分からずいじっているの図

続きを読む ...

post : 2010年05月26日  comments (0)


明日第3回を掲載する予定のZRX1200ダエグ長期インプレッションですが、今回は番外編と言うことで、インプレ本編の中で拾えなかったポイントをピックアップしようと思います。バイクの基本は「走ること」だと思いますが、毎日使っているとそれ以外のことも結構気になるものです。「ここは何に使うんだろう」「どうやってメンテするんだろう」などなど。と、言うわけでダエグの細かいところ(?)をつついてみたいと思います。

続きを読む ...

post : 2010年05月21日  comments (8)


良くも悪くも注目モデルの実態を赤裸々にレポートしてしまおうという長期インプレ「もしも●●に乗れたなら!?」シリーズ。2台目を担当することになりましたナベです。どーぞヨロシク。

さてさて、もう1人の担当者ムラヤマがカワサキのZRX1200ダエグという超安全牌から始めてしまったので、私は飛び道具系モデルで攻めてみましょう…。ということでチョイスしたモデルがホンダのVT1300CXです。VTっていってもあの優等生のVT系じゃないですよ。「世界のホンダがこんなチョッパーデザインのバイク市販しちゃってイイのっ!」ってぐらいのぶっ飛びビジュアルが特徴のクルーザーです。ナンだかんだ言ってても気になってる人いるんじゃないですか〜?このモデル。1ヶ月も乗ってればいろいろ見えてくると思いますが、果たしてどうなりますことやら…。


●詳しいスペックなどの確認はコチラ
●短期試乗をもとにした編集部インプレはコチラ
●オフィシャルページはコチラ



 

続きを読む ...

post : 2010年05月20日  comments (0)

先週より始まりましたZRX1200ダエグの長期インプレッションですが、今週は第2回としていよいよ実走行編をお届けします。最近の国産バイクはどれも非常にハイパフォーマンスとは言え、日本の道路事情では常に最大性能を引き出して走れるわけではありません。バイクの“美味しい部分”の抽出だけではない、毎日乗ってみるからこそ分かる部分にも注目していきます。日々の街乗りとショートツーリングから見えてくる、ZRX1200ダエグの実力や如何に…?

続きを読む ...

post : 2010年05月19日  comments (4)


ETC設置はシート下がおすすめ


さてさて、丁度いいサイズのヘッドライトを求めてさまよう【BREVA工作室】の時間がやって参りました。おおよそのアタリはつけたもののいまだ現品の入手には至ってないのですが…。そう言えば、“グッツィのブレヴァなんてホント誰得だよ”と思いつつも続けてきましたが、いつのまにかコメントも頂けるようになり恐悦至極です。今後も箸休め(?)になるようなブレヴァネタを提供できるよう頑張ります!

さて。

続きを読む ...