バイクブロス・マガジンズ編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2010年06月24日  comments (6)


さてさて、昨日に続いて今日もPCXのレポートをお届けします。今回のテーマは“比較”…と言うわけで今年発売されたホンダの原付2種「リードEX]を借りてまいりました。このバイクの詳しいインプレについては近日中に「試乗インプレッション」にてお届けしますが、その前にPCXと比べてみよう、という企画です。同じ原付2種スクーターでも、コンセプトが違うとここまで違うんだ、ということも含めてチェック!


ホンダ原2ブラザーズ

●前回の記事はコチラ
●詳しいスペックなどの確認はコチラ
●短期試乗をもとにした編集部インプレはコチラ
●オフィシャルページはコチラ

続きを読む ...

post : 2010年06月23日  comments (5)


どんどん距離が伸びていくPCXですが、今回は番外編。アイドリングストップ時としない場合の燃費比較、前回の長期インプレで気になったシートのヒンジ(?)の宿題をチェックします。いずれも派手な内容ではありませんが、実際に購入を検討する場合は知っておきたいポイントです。かく言う自分も燃費問題には興味津々。さて、検証の内容や如何に!

●前回の記事はコチラ
●詳しいスペックなどの確認はコチラ
●短期試乗をもとにした編集部インプレはコチラ
●オフィシャルページはコチラ

続きを読む ...

post : 2010年06月23日  comments (1)


さてさて、良くも悪くも注目モデルの実態を赤裸々にレポートしてしまおうという長期インプレ「もしも●●に乗れたなら!?」シリーズ。私が担当するはじめての車輌として選んだのはホンダVT1300CXでしたね。その初回で「飛び道具系モデル」な〜んてご紹介してしまいましたが、始めてみると意外や意外、多くの方からご愛読いただいたようで、担当者としても嬉しい限り。で、当然のごとく2台目もやるワケですが、選んだモデルはと言うと…


テスト車輌はライムグリーンのカラーリング。遠くからでもやはり目立ちますね。
 
 

続きを読む ...

post : 2010年06月17日  comments (4)


さて、先週から始まりましたPCXの長期インプレですが、定番どおり今週は街乗り編をお届けします。原付2種であるPCXにとって、通勤・通学・買い物など日常用途が中心となる街乗りは、まさにメインステージと言えるもの。何となく「悪いわけないじゃない!」なんて思ってしまいますが、実際のところはどうなんでしょうか。片道50kmという「それってプチツーリング?」という通勤で酷使されるPCXから見えてきたものとは一体…?

●前回の記事はコチラ
●詳しいスペックなどの確認はコチラ
●短期試乗をもとにした編集部インプレはコチラ
●オフィシャルページはコチラ


日々元気に走っております!

続きを読む ...

post : 2010年06月16日  comments (2)

今日はヤマハさんのメディア向け一気乗り試乗会が伊豆の修善寺、サイクルスポーツセンターで行われ、私もそれに参加してきました。

まぁ、数々のヤマハラインナップに試乗できる大注目の試乗会なワケですが、その中でも最も注目のモデルといえばコレです。

XT1200Zスーパーテネレ
1200ccの排気量を感じさせないハンドリングのXT1200Zスーパーテネレ

続きを読む ...

post : 2010年06月11日  comments (9)


良くも悪くも注目モデルの実態を赤裸々にレポートしてしまおうという長期インプレ「もしも●●に乗れたなら!?」シリーズ。ホンダの異色クルーザーモデルVT1300CXの連載も今日でついに最終回です。ということで今回は、この手のモデルの王道「ハーレー」と乗り比べた印象なども交えながらVT1300CXを総括してみたいと思います。

●前回記事はコチラ
●詳しいスペックなどの確認はコチラ
●短期試乗をもとにした編集部インプレはコチラ
●オフィシャルページはコチラ


あまり語られませんが、スリムな車体もVT1300CXの特徴。

続きを読む ...

post : 2010年06月10日  comments (2)


良くも悪くも注目モデルの実態を赤裸々にレポートしてしまおうという長期インプレ「もしも●●に乗れたなら!?」シリーズ。ホンダが放った衝撃ビジュアルのクルーザーモデルVT1300CXの連載もいよいよ明日が最終回。実は撮影なども全て終了していて、本日10日、ホンダ本社にVT1300CXをお返しに行ってきたところ。

いや〜、1ヶ月も乗っていると自分のモノでもないのに愛着みたいな感情が沸いてきて、なんだかとても名残惜しい…。ということで、昨晩はVT1300CXで帰宅。夜のラストランをタップリと楽しんできました。今回は番外編として、明日の最終回でもこぼれそうな小ネタをを徒然なるままにご報告しましょう。


●前回記事はコチラ
●詳しいスペックなどの確認はコチラ
●短期試乗をもとにした編集部インプレはコチラ
●オフィシャルページはコチラ


VT1300CXは夜が良いのですよ、夜が!

続きを読む ...

post : 2010年06月10日  comments (8)


注目モデルの真実を徹底的に検証する【長期インプレ】もいよいよ第3弾。第1弾はZRX1200ダエグ、現在進行中のVT1300CXと大型車が続きましたが、今回は一気に排気量が縮小しました。新しい長期インプレ車両、それは…ここ最近何かと話題の原付2種スクーター「PCX」です!発売より3週間で7400台を販売し、最近では一部カラーが入荷待ちという大人気車種。今もっともホットなこのモデルを、一ヶ月に渡って試乗します。原付2種に求められる通勤性能やお買い物性能はもちろん、ツーリングでのパフォーマンスまで…新世代スクーターが持つ本当の実力は如何に?まずは、車両の紹介からスタートです。

●詳しいスペックなどの確認はコチラ
●短期試乗をもとにした編集部インプレはコチラ
●オフィシャルページはコチラ


ついに登場PCX!


続きを読む ...

post : 2010年06月09日  comments (4)


これでいったい何度目だ

こんにちは。久しぶりの誰得モトグッツィタイムがやって参りました。今回のテーマは、シフトリンケージの固定強化(?)。もしかするとそういう個体なのかもしれませんが、うちのブレヴァ750はシフトリンケージが異常に外れやすく、大層難儀しています。どれくらいの頻度かと言いますと、36000kmで6回くらい。そのうち3回は復旧時の取り付けミスだったのですが、それ以外の3回は自責点ではありません。いい加減どうしたもんだろう、ということでちょっと工夫してみることにしました。

続きを読む ...

post : 2010年06月04日  comments (2)


良くも悪くも注目モデルの実態を赤裸々にレポートしてしまおうという長期インプレ「もしも●●に乗れたなら!?」シリーズ。ホンダが放った衝撃ビジュアルのクルーザーモデルVT1300CXの連載も今回が3回目です。いよいよこのモデルの核心である「走り」についてフォーカスしてみましょう。

優雅なハイネックスタイルを採用しつつも、街中や高速道路では奇跡のバランスとも思えるハンドリングを披露してくれたVT1300CXですが、果たしてワインディングやツーリングでの走りは…。番外編の「もしもVT1300CRに“ちょっと”乗れたなら!?」もあわせてご覧いただくと面白いかも知れませんョ。


●前回記事はコチラ
●詳しいスペックなどの確認はコチラ
●短期試乗をもとにした編集部インプレはコチラ
●オフィシャルページはコチラ


ツーリングを想定したテストに出発する前の1シーン。ワインディングでの走りに注目。
 

続きを読む ...