バイクブロス・マガジンズ編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年02月09日  comments (0)

こんにちは。バージンバイク編集部のムラヤマです。

各編集部を見渡してもわりとレアな部類である、ワタクシの愛車Breva750。これだけバイク乗りがいるのに、グッツィを所有しているのは一人だけ。そのうちクラブマン編集部のヤマシタ氏がカリフォルニアかグリーゾを買うと信じていますが、現時点では最も少数派…かも。

さて、工作室その1といっても、大したネタではありません。Breva750には純正でグリップヒーターの設定がありませんので、後付で装着できましたよ、というご報告です。使用したのはデイトナのホットグリップ(ヘビーデューティ・セレクト機能スイッチ) 。取付け方は非常に簡単で、メインキーONで電気が流れる配線に接続してボディアースを行い、グリップを交換するだけ。…としめてしまうと意味がありませんので、Breva750ならではのポイントをすこしばかりご案内。

まず、配線ですがヘッドライト内部から取るのがおすすめです。ヘッドライトは横のボルトで固定されているだけで簡単に外せますし、ユニット自体も右下のネジ1本だけでOK(左上のネジは光軸用)。内部スペースは相当余裕があります。テスターで調べればすぐわかるのですが、電源は黒からとってください。マイナス側ですが、タンク形状のせいでアースが取りにくいので、今回は配線を延長してバッテリーに直結しました。タンク前カバーのワイヤー類を通す穴を使えば、キレイに配線できます。

で、取り付けるべきヘッドライト本体ですが、ケース加工が必須です。というのは、Breva750のヘッドライト後部にはまったくスキマがありません。外部との接続はカプラーをはめこんで行っているので、配線をまったく通せないのです。なので、カプラーを止めてるツメを半分カッターなどで削り落として、そこから通せば収まりました。注意は削り過ぎないこと。ちょっと通しにくかな?程度にしておけば、開口部のスキマも少なくなるので雨天時の心配も減りますよ、多分。

グリップ側の加工はとても簡単です。スロットルのプラスチックはヒジョーに柔らかいので、カッターでさくさく削れます。表面のリブも気持ちいいくらい削れますが、グリップを引っ掛けていた部分はそのままにしておいた方が面倒ではないかもしれません。そこは…お好み次第で。私は面倒なので残してあります。

スイッチの配置は自由ですが、配線の取り回しや操作性を考えるとメーターパネル下が取り付けしやすいのではないでしょうか。一度ハンドルクランプを外す必要がありますので、ボルトカバーをつぶしちゃわないようにうまく取り外してください。ちなみに…マイナスドライバーでこじるとき、カバーを壊滅させました。

ざっと適当に解説しましたが、取り付けは2時間もかからないのではないでしょうか。まだまだ寒いこの時期、非常におすすめのアイテムです。またBreva750に何か取り付けた時は、Blogでお知らせしますって、需要あるんですかね、Breva750の情報…。

post : 2009年02月04日  comments (0)

こんにちは。バージンバイク編集部のムラヤマです。

ここ数年(というかバイク歴のほとんど)がオフ車だったため、洗車=高圧洗浄機で泥を吹き飛ばす、だったのですが、オンロードマシンであるブレヴァ750はそうも行かないようです。取扱説明書にも「高圧で洗車したらシバく」といった旨の内容が記載されているので、先日数年ぶりの手洗い洗車を行いました。

そして、洗車のメイン(?)といえばワックスがけ!オフ車時代のワックスがけはフェンダー裏オンリーだったので、自分にとっては一大イベントなんです。使っているのはシュアラスターの青缶入りワックス。子供の頃、父親が洗車の度にコレでクルマを磨いていたのが印象的で、バイクに乗りはじめて以来ずっと同じも商品を使っています。カルナバ蝋の匂いは今も昔も変わらず、青い缶をあける度懐かしい気分に。あと、普通のワックスより3割り増しくらいで美しく仕上がるような気がするのは、思い出の力なんでしょうかね。

post : 2009年02月02日  comments (0)

近所のニィちゃんの御下がりです

型落ちですが、つくりも素材も高級品と呼べるシロモノ

軽くてソフトで、なにより暖かい…ってゆーか暑い!
この保温性の高さには正直ビックリ
少し動いただけで汗が出てきます

ボディは中綿入りで、化繊ベースにソフトレザーをあしらい
全身ブラックなのに地味な感じがなく
撥水性もあって、多少の雨なら気になりません

Belstaffのアイテムは一部プロトでも取り扱っていて
ライダーがまとうウェアとして再認識されていますね

本国のサイトを見るとファッション性が高く
ひじょうに洗練されているのがわかります

最新モデルではありませんが
それを差し引いてもかなり嬉しい御下がりでした

お気に入り

post : 2009年01月30日  comments (0)

この寒さに耐え切れず、ついに最終兵器「ハンドウォーマー」を導入したムルティストラーダ

ちょうどオイル交換のタイミングだったので、いつもお世話になっているドゥカティ横浜さんに行ったのですが…。女性店長の柿沢さんに、あっという間にそのハンドウォーマーを発見されてしまいました。その瞬間の写真がこれ(撮影:ドカ横セールス塚田さん)。

柿沢店長の微妙な表情にご注目。
「いいねぇ!」なのか? 「やっちまったねぇ…」なのか? 
果たして、ムルティストラーダにハンドウォーマーはセーフなのかアウトなのか?

post : 2009年01月29日  comments (0)

こんばんは。バージンバイク編集部のムラヤマです。

最近、ヒジョーに気になるアイテムがあります。それは「ケース」。パニアだったりトップだったりするアレです。以前は「ケースなど使うのは軟弱」というワケの分からないことを標榜していましたが、先日BMW R1200RTに乗る機会があり、あまりの便利さにコシが抜けそうになりました。雨が降っても濡れないし、取り外しはワンタッチ。しかもバイクとのマッチングも良いというのは、よく考えればスゴイことです。

一念発起して現在通勤に使っているBreva750に取り付けよう! と価格を見たんですが、これが結構なお値段。HEPCO&BECKERって高級品だったんですね。GIVIのトップケースキットならお値ごろなんですが、パニアの方がカッコいいような気がする今日この頃。カタログを見ながら本日も悩んでおります。結局どっちがいいんでしょうねぇ…。

post : 2009年01月28日  comments (0)

家の片隅の車庫の片隅でバイクいじり
クルマを出して車庫の中を掃除して
重たい工具箱を持ってきて…
この動きは高校時代から変わりません

バイクはクラブマンで不定期連載中のSDR200です

何年も前から夢見ているのですが
保管とメンテには専用のスペースが欲しい!
そうすれば一気にバラして作業もはかどるのですが…

毎度チマチマとバイクをイジっては
「陽が暮れてきたから今日はここまでだっぺぇ」
なんて、まるで畑仕事みたい(それも嫌いじゃありませんが)

先週末はホイールが旅に出しました
それがどうなるかは今後の誌面をご覧ください


しかしバイクいじりの必須アイテム(?)「ビールケース」
最近見かけなくなくなりましたねぇ

post : 2009年01月27日  comments (0)

手元に来てから、はや3ヶ月。既に3,000km弱を走ったムルティストラーダですが、ちょっと笑える現象に悩まされてます(?)。

納車直後から気づいてはいたのですが、燃料計がとんでもなく不正確なのです。ご存知の方も多いとは思いますが、ムルティストラーダの燃料タンクは20リットルという大容量を稼ぐために特殊な形状をしています。横から見ると、給油口の辺りから下に向けて湾曲して、その後シートの下まで延々と続いているのです。つまり、タンクの主要部分は前後に長くそして平べったい。

そのため、タンク内で燃料が移動すると燃料計が平気でウソをつきます。これまでの傾向から分かったことは、概ね10リットル弱を残して液晶表示はゼロとバー1?3本を行ったり来たりするようになり、燃料警告灯も点灯。この状態で「うわぁ、ヤバイ!」と焦って給油しても10リットル前後しか入らないので、毎回「な?んだ、焦ってソンした…」ということになります。

まあ、オーナーズマニュアルにも、キッパリと燃料計の表示が不安定だと記載されていますし、この形状だからこそスリムな車体で20リットルもの大容量を確保できているワケで…。タンク容量のうち6.5リットルもリザーブ扱いされているのも、この楽しい燃料計と関係しているのかも。でも、これだけの大ウソだと怒る気にもなりません(笑)。

なんてことを書いていたら、なんと! 皆様よりもチョットだけ早く手元に「DUCATI BIKES Vol.2」が届きました。どれどれ、中を見てみると…フムフム…え?っ!もうこのモデルが…なるほど?。 ということで、ドゥカティスタ必携の「DUCATI BIKES Vol.2」は1月29日(木)発売です!

post : 2009年01月26日  comments (0)

バージンバイク編集部のムラヤマです。

先日、バージンバイクのインプレ記事のためにDトラッカーXを借りました。近年価格上昇を続ける国産ラインナップの中で、手の届きやすい価格設定を続けるカワサキ250cc三兄弟(ニンジャ、KLX、Dトラ)ですが、その実力は如何に…という詳細については今週木曜日にお届けする予定です。

それにしても…やっぱりニーハンは面白いですね。大排気量車に比べれば確かにアンダーパワーですが、回して楽しめますし軽量な車体は街中でも気負い無く走れます。DトラッカーXも元気な走りが魅力的で、乗れば乗るほど欲しくなる1台でした。ホンダからも新しいモデルが発表されましたし、エントリークラスとしても重要なニーハンがもっと盛り上がればいいのにな、と思う今日この頃です。

post : 2009年01月23日  comments (2)

毎年何かしら持ち物を買い換える癖があって
今年はバッグを購入

【BRIEFING】という米国製ラゲッジレーベルをチョイス

コンセプトは『MILITARISM_』とかで
ミリタリーのハイスペックをデザインソースに
野暮ったくならないようタウンユースモデルへ搭載してある

そんな『耐久性のある機能美』が心にヒットしたのでした



感覚的にバイクに乗ることが前提のモノ選びが染み付いていて、何かを選ぶときもだいたい“アウトドア系”か“ミリタリー系”に落ち着きます

お気に入り

post : 2009年01月21日  comments (0)

いよいよMotoGP日本GPのチケット販売が開始されましたね。

昨年の日本GPはシーズン終盤の第15戦で、決勝は9月28日でした。MotoGPクラスのチャンピオンシップの行方は大方決まっていたとは言え、シーズンを通して抜群の安定感を誇ったフィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシが王座を奪還する瞬間をツインリンクもてぎで目撃した幸福な方も多かったのではないでしょうか。

そして、今年の日本GPは4月24日から行われる第2戦(決勝は4月26日)! 

ということは、日本のMotoGPファンは昨シーズンの決定的なシーンを目撃して、さらに今シーズンの行方を占う重要な序盤戦を見るチャンスにも恵まれたということに他なりません。こりゃ、行かなきゃソンソンってカンジですね?。

個人的にもっとも気になっているのが、今季からドゥカティに移籍したニッキー・ヘイデン(元レプソル・ホンダ)。2006年シーズンの最終戦バレンシアGPで3位に入り、8ポイントをリードして首位に立っていたロッシを逆転。2006年シーズンのチャンピオンシップを獲得しましたが、MotoGPマシンの排気量が800ccになった2007年以降、どうもホンダのRC212Vを相手に乗れていないというか、チグハグなライディングが続いていたように思います。私としては、前々からヘイデンのダイナミックなライディングスタイルは、ホンダよりもドゥカティにマッチしているように感じていたし、自分もドゥカティに乗り始めたところなので本当に楽しみです。