バイクブロス・マガジンズ編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年03月11日  comments (0)

バージンドゥカティで長期テスト中のムルティストラーダですが、サスペンションをちょっといじるとダートも結構走れます。
履いているタイヤがタイヤなんで、もちろん無理は禁物ですが、結構な不整地もこの通り。写真を撮影したのは結構大きなキャンプ場ですが、面白かったので敢えて凸凹を選んで走ってたぐらいです。


で・・・

この写真を撮影した直後、その不整地を抜けた何でもない場所で立ちゴケしました(やっとゲロしやがったゼ…)。ムルティストラーダのダート性能を語るまえに、お前が腕磨けって話しですね。しくしく

post : 2009年03月10日  comments (2)

こんにちは。バージンバイク編集部のムラヤマです。

本日、国立新美術館において、新型VMAXの発表がありました!
2008年の発表以来、まだかまだかとウワサされていたあのバイクが遂に国内仕様として登場。発表会場も二輪関係者だけでなく、一般メディアもふくめて人、人、人。記者会見会場も満席の上に立ち見が出るほどで、VMAXへの注目のほどが伺えます。

発売日は2009年4月20日、全国のVMAX取り扱い店にて。そうそう、このVMAX取り扱い店にはVMAX専属のアドバイザーがいるという力のいれようで、購入特典にはなんと3年間メンテパッケージや距離無制限ロードサービスがつくという至れりつくせりぶり。国内モデル最大となる111kW(151PS)/7,500rpmというモンスターが街を走り出す日が待ち遠しいかぎりですね!

続きを読む ...

post : 2009年03月09日  comments (0)

ようやくここまできました…
狭くて暗い車庫の片隅で
チョコチョコ解体作業を進めている
SDR200 with ビールケース

経過はコチラ

作業その1
作業その2
作業その3
作業その4

22mmのソケットを購入していざ作業開始!
メインフレームとスイングアームをばらします

“管系”は全て取っ払ってあったので
作業は至極スムーズに進みます

リアサスペンションのリンク周辺の
フレームに付着したギトギト油を拭い取ってみると
“キラ?ン”と輝く鍍金がまぶしいこと

溶接部分や飛び石が当たる箇所はサビが進んでいますが
ギトギト油でコーティング(?)してあったところは
当時の輝きを保っていました

「嬉しいねぇ?」と、おもわずニヤニヤ…

この先10年、20年経っても輝き続けるよう
再処理を施してみるつもりです

その模様は今後のクラブマン誌をご参照ください
(不定期連載中です…)


つづく…

post : 2009年03月05日  comments (0)

長期テスト中のムルティストラーダに乗るようになって実感したのですが、ドゥカティのトレリスフレームの剛性の高さは凄いです。

細い部材を組み合わせたフレームが、何故こんなにも丈夫なのか。そのカラクリは私には何年かかってもわかりそうもありませんが、先日、写真データを整理していたところ、こんな写真が出て来ました。

クラブマン編集部で長期テストしていたハイパーモタードを借り出して撮影していた時のひとコマ。あっちのトレリスフレームも相当丈夫そうですね。

post : 2009年03月04日  comments (2)

こんにちは。バージンバイク編集部のムラヤマです。

RSSリーダーからちょっと気になるニュースをひろったのでご紹介します。

オートバイ運転で脳の機能向上、ストレス軽減も――川島教授とヤマハ発の研究
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0903/04/news070.html
(出典元:ITMEDIA

あの脳トレで有名な東北大の川島教授とヤマハ発動機が協力して、バイクに乗ることが脳にどのような影響を与えるか調べたという記事です。なにやら、バイクに乗ることで「記憶力や空間処理力が向上」し、「イライラ感や身体の不調、憂うつな気分などさまざまなストレスが減る」とか。これ、実際に乗っている自分たちからすれば、納得の実験結果ではないでしょうか。自分も電車通勤からバイク通勤に切り換えたクチですが、電車より時間がかかるのに体調良好、ストレス低減を実感しています。こういうことからすこしづづ、バイクの地位が向上していけばうれしいですよね。バイクがスゴイ乗り物だということが、もっと一般的に認知されるようにならないかな、と思う今日この頃です。※写真はイメージです(?)

post : 2009年03月03日  comments (0)

こんにちは。バージンバイク編集部のムラヤマです。

写真は今週掲載予定のインプレ車輌、カワサキ・250TR。こうやって見ても分かるとおり、本当にシンプルなバイクです。でも、だからこそ乗っていて面白い1台でした。程よいパワーと軽い車重、そしてオフロードバイクのようなポジションで非常に快適な走行が楽しめます(さすがに連続高速走行はちょっとニガテでしたが…)。250ccクラスには、まだまだ面白いバイクがあるなぁ…と実感しました。

ビッグバイクがメインのバージンバイク・インプレですが、今後は小排気量もいろいろ乗っていきたいところです。

post : 2009年03月02日  comments (0)

このところ天気がグズついて
週末の晴れ間はほんとうに貴重です

バイクに乗るにも遠出は帰りの天気が不安
でも近場じゃ走った気がしない…

しかーし!我が地元は海アリ山アリ
バイクや自転車でチョット走るには絶好の土地なのです!

この日も他エリアナンバーのバイクをたくさん見かけました
ウチは他県からも高速道路でアクセスが容易なところです


写真右奥に見える小さな島は
かつて海上で遭難した坊主を白い猿が導いた島
という伝説もあり
戦時中は大日本帝国軍の防衛ラインとして
大砲やら防空壕やら
いまでもその跡が残っています
たまに映画やドラマの撮影にも使われている無人島です


こんな景色を愉しみながら
貴重な週末のお天気を満喫しています
いや?いい土地だなぁ(通勤は辛いのですが…)


明日からはまた不安定な空模様が続くそうで
そうしながら
徐々に春の足音が近づいてくるのでしょう

しかし近づいてきて欲しくないものもあります
毎年恒例の花粉
それに今年も黄砂がやってくるとかこないとか…


みなさん、対策は万全に!
以上、ちょっと地元自慢でしたー!

post : 2009年02月26日  comments (0)

こんにちは。バージンバイク編集部のムラヤマです。

ホンダの新型VTRですが、いよいよ発売が近づいてきました。通勤で通る秋葉原の駅にもこれこの通り、大きなポスターが貼られています。バージンハーレー編集部のジャージー氏によると、その他の駅でも展開しているとのこと。バイクはクルマと違ってあまり大きなプロモーションが無いので、こういうのを見ると嬉しくなりますね。公式サイトもいつになく凝ったものになっているので、こっちも必見ですよ。

バージンバイクでも、3月の発売後にVTRの試乗インプレションを掲載する予定です。新しく生まれ変わったホンダVツインがどんな仕上がりになっているのか、今から気になって仕方ありません。新しいモデルがどんどん増えて、バイクシーンがもっと活気づけばいいですね!

post : 2009年02月25日  comments (0)

こんにちは。バージンバイク編集部のムラヤマです。

タイトルは、皆さんご存知ホンダの企業メッセージです。実はワタクシのバイク/クルマ人生において、はじめてこの問合せに対し「Yes」と回答できない状況になっています。18の時に免許を取って以来、二輪/四輪ともほとんどがホンダ。いろいろ乗り換えてはきましたが、「常にホンダも持っている」状態でした。それが、先日Breva750を購入した際に、XR250を手離してしまったため人生初のホンダ無し生活です。他にバイクはあるものの、GASGAS EC200とチョイカゴという謎の組み合わせ。自宅に帰ってもNS400RのパーツリストとXR250のキャリパーピストンシールしか、ウイングマークのついたものがありません。

写真はクラブマンで1万kmテスト中のCBR1000RRのエンブレム。じーっと見ていると、またホンダが欲しくなってきます。最近は新車ラッシュも続いているのでどこまでガマンできるのか、我がことながら心配です。お買い得プライスのホンダ車、どっかにないですかね…。

post : 2009年02月24日  comments (0)

すでに間違い探しレベルという進みの遅さが
人によってはいい加減ウンザリな
SDR200 with ビールケース

経過はコチラ

作業その1
作業その2
作業その3

今回も大幅な進行はありません(汗)


世にも美しい鍍金のスイングアームを外そうと思ったら
工具箱に22mmのソケットが無い(あぅぅ)…


仕方ないのでほかのところを触って
電装系やらYPVSやら“管系”を剥ぎ取ります


アタマが混乱してきたところで
「そろそろ帰ぇるっぺ」



そそくさと片付けながら、組み立てるときに間違えないよういろんなところにマーキングして保管します

ここまでくると、ず?っとイジり続けていたい気もしないでもないのですが、そうもいきませんので、早くやりま?っす。