バイクブロス・マガジンズ編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年05月15日  comments (3)

オリジナルのスポークホイール化に向けて
流用パーツの選定や補助パーツ制作など
採寸のために預けていた純正ホイールが無事
役目を終えて戻ってきました

『SDR200用スペシャルスポークホイール』が完成したら
このキャストホイールはもう用済み
と言っても捨てるわけではなく
このさき長期保管になる模様

ということで
天気の良い日を選んで洗剤でゴシゴシ丸洗い
すっかりキレイになりました



さてコチラは
我が家の庭に住んでいるカナヘビくん
トカゲなのに“ヘビ”呼ばわりされている
日本全国に生息するメジャーなやつです
ウチでは毎年暖かくなると頻繁に顔を出し
そこらじゅう走り回っています

ちなみに家族で暮らしているようで
大・中・小・極小とサイズのバラエティも豊富

たいしてすばしっこくもないくせに
よく人の歩く先やタイヤの進む先に飛び出してくるので
年に1回は嫌な感触を味わうことになります ブチュッ
(今年は気をつけよう…)


さ、残ったパーツのクリーンナップも進めようっと!

post : 2009年05月07日  comments (0)

こんにちは。BikeBrosマガジンズ編集部のムラヤマです。この間からETC搭載車・休日1000円乗り放題が始まって、GWは本当にクルマだらけでしたね。自分もオフロードコースまでの高速料金が一気に圧縮され、ちょっと嬉しくなりました。福島のコースにも気軽に行けるようなったので、この夏はオフロード三昧!と思っていたさなか、気になるニュースを見つけました。

二輪用ETC、設置「1年待ち」 メーカー1社のみ(引用元:Asahi.com

助成開始が決まったころから、ちらほらと話は聞いていましたが、二輪用ETC不足は深刻です。かくいう編集部でも、バードカ号にETCを装着しよう!という話があったのですが、気付いたときにはどこにも在庫無し。助成無しでも欲しいくらいなのですが、現状手に入る見込みがありません。1社しかない生産元、2輪ならではの面倒な構造などあるのでしょうが、もう少しどうにかならないものなのでしょうか。普段乗っているBreva750には以前から取り付けてあるのですが、ETCの有無はツーリングでの利便性が大きく変わります。これだけ不足しているなら、今こそ大きな商機。どこか参入してくれるメーカーさんがいればとは思いますが、こればかりは我々から無理強い出来るものでもなく、本当に歯がゆいところです。

価格が4輪並みに…とまではいかなくても、せめて買いたい。高速道路二人乗りから駐車場問題、果てはETCまで…日本国内のライダーは、どれくらい不便を背負えばいいんでしょう。折を見て、このことについては追っていければと思います。もっともっと、バイクを取り巻く状況を良い方向に変えていかなければいきませんね…。

post : 2009年05月05日  comments (0)

ノンビリ進行中のSDR200 with ビールケースですが
解体作業はひと段落しているので
これから『超・回復』作業に移ります

と言っても、自分で何かするのはごく一部
この先10年経っても本来のスタイリングをキープできるよう
プロの技術と知恵におもいっきり頼ることにします


ちなみにこれまでの長?い道のりは以下ご参照ください
(ただバラしてるだけなのにウンザリするくらい長いっすよ)
 ↓
作業その1
作業その2
作業その3
作業その4
作業その5
作業その6
作業その7
作業その8


さて、基本的には朽ちたところを100%修復していくわけですが
それだけでは時間が経てば同じことの繰り返し
その修復の過程でより優れた技術と手間をかけてやることで
今後の「憂い」「手間」が激減することになります
いわば120%の修復、それが『超・回復』プロジェクトなのですー

たとえば、穴の開いた燃料タンクはビーターさんに製作していただきましたアルミタンクに換装しています
その模様はコチラ


で、今回は写真(撮影/モトメンテのつちやま)のハブなどを揃えました(正確には揃えていただきました
もうおわかりですね?
そう、SDR200『スポークホイール化』です!

これのどこが『超・回復』なのかって?

SDR200は前後とも3本スポークのキャストホイールが装着されていますが、個人的にとても違和感がある部分

「なんでココだけデザインされていないんだ?と…

そこで、修復ついでに自分好みのカスタマイズも愉しんでしまおうというわけです
まあ当然の流れですね
そーゆーことで、スポークホイール入りまーす!

この作業を200%お任せしてしまっているのは、茨城県にあるとあるショップ
リムやスポークなど、日本で唯一の専門ショップです
詳細はいずれ公開いたしますが、モトメンテナンス読者ならおわかりですね…

完成したら絶対カッコいいぜ?!


つづく!



劇的に!!



post : 2009年05月04日  comments (0)

2年ほど前に購入した【 ROOF 】のヘルメット
とくにレアというわけではありませんが
街中で見かけることはほとんどありません
(輸入元はコチラ


他人と同じモノは好まず
「?」という視線も全然気にしない
勇気のあるおおらか人にはオススメです


海外では各種ラインナップされていますが
日本の公道で使用しても良いのは
この『ルーフ・ボクサーR05』だけ
ちゃんとSGマークを取得しています

確か10年以上前にもまったく同じカタチで見た記憶があるので
かなりのロングセラーですね

そのぶん設計も10年以上前のものなので
ベンチレーションやら重量やら細かいところは無視しましょう
(最新の製品は進化しているのかな?未確認)

これは機能美を追求したひとつのカタチ
フランスのヘルメットメーカーが手がけたデザインヘルメットです

チンガードが後ろに230度回転して
フルフェイスからオープンフェイスに早がわりします

そんなユニークなスタイルがお気に入り


で、何が「キセキ」かって
実は買って間もなくロスト…(恥)

いくら探しても出てこなかったのですが
先日編集部のレイアウト変更の際にひょっこり現れたのです!

最初見たときは

「オレ以外にも買うヤツいるんだな?」

なんて、自分のものだとはまったく思いもせず
2、3日経ってから

「ん?待てよ?」

と、手にとって入念に調べてみると、自分がつけた傷跡がしっかりと残っており
さらにヘルメットバッグ(ただの袋)の中には自分のグローブも入っているではありませんかっ!?

「これ、オレのじゃ?ん!!!」


まさにキセキ…

あまりの嬉しさに狂喜乱舞したことは言うまでもありません(けっこういい値段しますからね)
そんでもって1年ぶりに太陽の光を浴びさせてあげたのでした


おしまい

post : 2009年04月24日  comments (0)


お久しぶりです。BikeBrosマガジンズのムラヤマです。
ご無沙汰のBrevaネタですが、実はえらいことになっていました。…自分のミスで。

先日エンジンまわりの配管を確認するためにタンクを外す作業をしていましたところ、なにやら「ぺきり」という音がコック付近からしまして、確認すると…フューエルポンプの出口部分が見事なまでに折れておりました。インジェクションは圧力が燃料ホースにかかるためロック式になっているのですが、グッツィのそれはたいそう外れにくくなっておりまして、いじっているうちにあっさりと折れてしまいました。

写真の部分(補修失敗中)ですが、ここは本当に弱いらしく注意が必要ですね。海外のモトグッツィメンテナンスサイトでも“Be gentle, though, tank-pipe is plastic, and probably quite easy to break.”と書かれているほど。まんまと折ってしまいましたよ。

とはいえ、やってしまったことは仕方ありません。ASSY注文するとポンプまるごと8万円コースなので、違う対処方法を検討中。はずしやすい燃料ホースを実現しつつ、耐久性もあげたいところ。完成したら(需要の有無はともかく)ご報告いたします!

post : 2009年04月22日  comments (2)

先日、いつものようにSDR200をいじっていたら
何年か前から使い始めてすっかり手に馴染んだ
愛用のラチェットレンチがおかしくなり
工具屋へメンテナンスに出しました


なにがおかしいって
締め付け方向の切り替えが出来なくなってしまったのです
ラチェットなのにそれはないでしょ!
と、ひとりツッコミをひとしきり楽しみ
工具屋へ出す前にコッソリ分解してみたら
ヘッド部分は6つの細かいパーツのみという
いたってシンプルな構成に驚きました

だからこそちょっとした磨耗や傷で機能しなくなるし
だからこそ耐久性にこだわった材質を使い
細かいパーツに高い精度を求めているのだと思います
安物との違いはここにあるんだなぁと
使い物にならなくなったモノを手に感心してしまいました(矛盾)


1週間ほどですっかりもとどおりの状態で戻ってきた姿を見てまたびっくり
「材質が違う!」
何年も前に商品化しておきながらそれで完結させず
ユーザーの声や幾多の現場テストから
時間を掛けてじっくり精度を増して熟成させてゆく
これもメーカーの努力なんですねぇ(ウム)


バイクいじりに工具は欠かせません
素手ではネジ一本緩めることが出来ませんからね
それに特種な専用工具もあるとナシでは作業の進み具合に大きく影響します
またそれ以前に、可能な限り質の高い良い工具を使いたい
経験上、安物買いの銭失いで結構損していますから…
なにより大事なバイクを傷めることにもなります!


いろいろとバカな経験を重ねつつ
またひとつ、ささやかな感動をゲットしたのでした


つづく…


のか?


post : 2009年04月15日  comments (0)

さて?
今回も暗くて狭い車庫の片隅から
SDR200 with ビールケース
ではなく

時間を見つけてはチマチマと作業を行っている
部屋に持ち込んだパーツのお掃除&状態チェック

汚い写真でナニがアレですが
こういう塗装面がグシュグシュに腐食した
ブレーキキャリパーやマスターシリンダーって
見る度にげんなりしますよね

ブレーキ性能に直接悪影響を及ぼすわけではありませんが
機械がむき出しのバイクにとって
ビジュアル面への悪影響はとても大きい
てゆーか、精神衛生上よろしくないっす

そーゆーワケでこのような状態の場合

ときには再塗装
ときには剥離&研磨
ときにはまるごと交換…

としてきたのですが、さてこのSDR200はどうしたものか

小さな車体に、飾り物ではなくキラキラ輝くリアルパーツの装着
それが基本なので、ヘタなD.I.Y.より、やはりプロの腕にゆだねたい
今回は全バラしてアルマイト加工でもやってみようかな?


つづく…


果てしなく…



post : 2009年04月09日  comments (0)

先日、沼津のとある漁港で夜釣りを楽しんで来ました。もちろんアシはバージン・ドゥカティで長期テスト中のムルティストラーダです。

トップケースにショートロッドとルアーケース、左右のサイドパニアにライフジャケットと ニーブーツなどをボンボンと押し込んで出発したのが夜の10時。翌日は早朝からロケの予定が入っていたので、現地での実釣時間は2時間と心に決めての釣行です。

さすがにブラックバス用の6フィートのライトロッドですからシーバスを狙うのは厳しいと考え、今が旬のメバルをメインターゲットに決めてキャスト開始。パールレッドヘッドのスリムなリップレスミノーで表層を狙って、丸まる太った25センチ級2本をゲットすることに成功しました。

そして、また高速でとんぼ返り。こういうときにムルティストラーダは最高です。荷物を満載していても速いバイクなので、あっという間に自宅に帰還。私はタッチアンドゴーで取材に向かいましたが、嫁さんの手によってメバルは鮮度抜群のまま鍋に投入されたのでした。メデタシ、めでたし。

post : 2009年04月07日  comments (0)

こんにちは、バージンバイク編集部のムラヤマです。今日も今日とてBrevaネタ、しかも先週前振りをしておきながら、何の変哲もない消耗品ネタだったりします。

世間的にはわりとマイナーな部類に入るモトグッツィですが、消耗品自体は比較的イージーに入手可能。前後キャリパーは一般的なブレンボ・キャスティングですので、パッドならロードサイドの用品店で手に入ります。今回使用したRKエキセルのパッドもよく見ますよね。ちなみに…イナズマ400とBreva750のブレンボは共通みたいです。オイル類の指定はAgipですが、マニュアルに「もしくは同程度のもの」と書かれているので、現在はMOTOREXとelfを使っています。

ただ、小さな問題といいますか、消耗品を交換する際に取り外すネジが、個性的なサイズなのは外車ならではかもしれません。一般的なヘキサゴンレンチセットに、7mmって入っていないですよね…ホームセンターでもあまり見かけませんし。とはいえ、一度わかってしまえば気に病む必要は無し。順次揃えていけば良いのです。工具サイズについては、車載工具で「?」となることがありましたので、また改めてレポートします。それでは、今日はこのあたりで。

そういえば、また今回も工作しなかったですね…。

post : 2009年04月06日  comments (0)

え?、今回は暗くて狭い車庫の
SDR200 with ビールケース
ではなく

キレイになる日を待ち望んでいる
部屋にごろごろ転がったパーツの中からひとつ


いずれ再塗装を目論んでいるエキゾーストですが
エキゾーストエンドのヒートプロテクタや
それを留めているスクリュ(ただのボルト)
のサビも気になるところ

このボルト【写真右】はスチール製で鍍金処理が施されたもの(手が込んでますね)
真鍮ブラシかネバダルで軽くこすればそこそこキレイになるのですが
ものは試しとメーカー発注しました


すると…


なんと!


ステンレス製がやってきたではないですか【写真左】!?

これならもうサビに悩むこともなくいつまでもキレイなまま
鍍金の輝きにこだわる人にはアレかもしれませんが
「錆びたボルトは可能な限り交換する」
というのが個人的な考えでして、この程度のパーツは消耗品とみなします!

ということで58円×3個のお値段で小さな悩みが解消されました
安いモンでしょ


しかしこういう積み重ねが大きな出費になるんだよなぁ…

つづく…