クラブマン編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

 post : 2010年10月23日  comments (4)

http://next.blog.ocn.ne.jp/piston/2010/10/ttp-1.html

のっけから人様のリンクで書かれるブログですが、まあTwitterでいうところのリツイートと思ってくださいな。
詳しくは上のリンクをご覧いただきたいのですが、普段は首周りに収納されていて、加速度センサーやジャイロセンサーなどが転倒を感知すると頭部をくるむようにエアバッグが膨らむ、というシステムのようです。
リンク元の方もおっしゃってますが、これは自転車用ヘルメットのアイデアなので、バイク用にそのまま転用するのはむずかしそうです。
とはいうものの、原付レベルの速度域での使用なら転用できそうな気も…。

原付乗車時のヘルメット着用が義務づけられたのは1986年のこと。
これを機に原付の販売台数は落ち始めました。
運転者の安全を考えればヘルメットは必須ですが、気軽に乗れなくなってしまったのも事実です。
こうしたアイデアが気軽さを復活させてくれるとしたら、それはすばらしいことですね〜。

 post : 2010年06月29日  comments (2)


レッドブルといえば「翼を授けてくれるエナジードリンク」で、そのレッドブルは実にさまざまなモータースポーツのスポンサーとなって世界各地でイベントを開催しています。
で、これは6月26日に行われた「Red Bull X-FIGHTERS World Tour 2010 第3戦」で、ロシア・モスクワの赤の広場に作られたフリースタイルモトクロス会場!!
なんつーところになんつーもん作ってんだよ!!
こんなすげえことしてれば、4万人が集まってもまったく不思議じゃない。
日本でもやってくれませんかね、こんなの。

ちなみに、日本からは佐藤英吾選手が出場し、4位に入賞!
年間ランキングでは6位につけてシーズンを戦っております。
これもすんごいことだなあ。

 post : 2010年06月11日  comments (0)

マン島TTに出走中の伊丹孝裕選手が、7日のスーパースポーツクラスレース1に続いて、先ほど(現地時間10日18時スタート)行われたスーパースポーツレース2でも、見事に完走を果たしました!
いやー、すごい快挙です。
伊丹選手、おめでとう!!

おそらく現地からの生の声はご本人のツイッター
http://twitter.com/ClubTROFE_itami

またはブログ
http://www.manx.jp/itami/

などで発表されることでしょう。
詳細はそちらでどうぞ。
まずは速報でした!

●公式リザルト
http://cdn.iomtt.com/~/media/Files/2010/races/100610/Result%20The%20Monster%20Energy%20Supersport%20Race%2021.ashx

 post : 2009年10月10日  comments (2)

前回「ウワサの美少女」とタイトルをつけたら、えらく多くの方にご覧いただけたので、今回のタイトルもあからさまに「エサ」です。
釣り針ついてますので、ご注意くださいね。

私がエロ本編集をしていた頃、熟女ブームが起こりました。
そのとき悩んでいていまだ解決できないことがあります。
少女と熟女、この間の女性を指す単語で、的確かつエロい言葉はないものか、という悩みです。
とかくエロ業界ではその対象である女性を表すのにそうした言葉を多用するのですが、女性の年齢を示すものは意外と少ないのです。
女子○生や女子大生、若妻や人妻といった「年齢を想像できる職業」などに関する枕詞はありますが、いわゆる青年にあたる「20?29歳くらいの女性」でありながら、性的興味を換気する言葉が見当たらないのです。
それを作れたらヒットするのになあ、エロ本編集者冥利につきるなあ、と常々思っておりました。
何かいい言葉、ないですかね?

続きを読む ...

 post : 2009年10月02日  comments (6)


たいていの諺には反語があって、どちらがいいのかは人それぞれだし、その時の周囲の状況によっても違ってくるのでしょう。
まあ、でも七回も転んだらすぐには起きる気にならないよねえ。
そんなときはしばらく転がってるのもいいのかもしれません。

とりあえずガソリンコックだけはオフにしておきましょーね。

 post : 2009年06月30日  comments (2)

ひっそりこっそりと更新されるクラブマンブログ。
休刊なれど元スタッフがいる限り更新されちゃうのです。

それはさておき、山村レイコさんからメールが届いたのでご紹介です。
レイコさんといえば、日本人女性初のパリダカ完走者としても有名なエッセイストでありライダーで、クラブマン280号ではロングインタビューを掲載しています。
インタビューではパリダカなどのラリーの話をはじめ、多感な子供時代の話もたくさん伺い、レイコさんの魅力の根源に迫るものとなりました。
そのレイコさんの子供時代をより克明に再現したTV番組が放送されるそうです。
 NHK-BS hi『わたしが子どもだったころ』
 7月1日 22:00?22:44(再放送は7/3(金) 12:00?12:44)
 http://www.nhk.or.jp:80/kodomodattakoro/yokoku_bs/index.html
ディレクターはやはり旅ライダーでもある戸井十月さんが務めたそうです。
レイコさんのウェブサイト『Fairy Tale』には、撮影ウラ話も載ってますので、ぜひご覧くださいねー。

 post : 2009年06月11日  comments (0)

クラブマン最終号をお買い上げくださった皆様、ありがとうございました。
最後の読者アンケートは、お送りくださった皆様全員にオリジナルステッカーをプレゼントしております。
締め切りは7月24日とまだ時間がありますが、第一便としてこれまでに読者アンケートをお送りくださった方全員に、本日ステッカーを発送いたしました!
謝礼としてはつまらないものかと思いますが、これが最後のステッカーですので、どうぞ記念にお受け取りください。

先にも書いたとおり、締め切りまではまだ時間があります。
まだ応募されてない方はお早めに。
すでに応募された方でも、クラブマン最終号をもう一冊買っていただければご応募できますよ!にかっ
なーんてこと言ってますが、官製ハガキに「ご意見・ご感想」を書いて送ってくださってもOKです。
ステッカーをお送りしまーす。

皆様からのご応募、まだまだ受付中です!

 post : 2009年04月08日  comments (3)

歌って踊れる…もとい、走ってしゃべれる二輪ジャーナリストとしてお馴染み、08年もて耐での優勝も記憶に新しい松下ヨシナリさんが、なんと今年のマン島TTに出場するんだそうです!!

マン島TTといえば、世界でもっとも歴史のあるロードレースで、イギリスはアイルランド海に浮かぶマン島で行われるレースで、1周約60キロのコースをわずか20分足らずで駆け抜けるという、トンでもないレースなのです。
しかもコースは公道!
そのレースがどれだけスゴイかは、コチラ(YouTubeに投稿されてるマン島TTのオンボード映像集にリンクしてます)でじっくりとご覧ください。

松下さんの挑戦については、公式サイト『manx.jp』に飛べば詳細がわかりますよ。

続きを読む ...

 post : 2009年03月20日  comments (0)

さてさて、お待たせしております。
クラブマン最新号、3月24日より全国書店に並びます。
巻頭特集は『予知力を高める』をテーマに、バイク遊びのリスクを減らすための知恵や工夫、技術に迫りました。
最新鋭技術であるホンダCBR1000/600RRに搭載されたABS、長年の蓄積がモノをいうBMW K1300S/R/GTはその走りにも迫っています。

表紙にもご登場いただいた俳優・大鶴義丹さんには自らメガホンをとった映画『私のなかの8ミリ』を軸にインタビュー、大鶴さんのバイクライフもいろいろと伺いました。

その他、レギュラー企画『ライドinパラダイス』は箱根がテーマ。
好評連載『人車百景』はモリワキエンジニアリング・森脇護さんの後編をお届けします。

おっと、忘れちゃいけない、『All About MV AGUSTA』は綴じ込み別冊付録として、『GO! KTM』は巻末特集として、大々的記事となっておりますよ。

ようやくバイクシーズン開幕。
週末の休みまで待てない、そんなときは「クラブマン」をじっくりと読んで過ごしてくださいね。

 post : 2009年03月18日  comments (0)

長らくブログの更新が滞ってました。ひさしぶりの更新です。
さて、3月24日発売『クラブマン5月号』には付録が盛りだくさんです。
いつも付録している『モトギア』のほかに、MVアグスタの最新モデルインプレッションをはじめとする記事がたっぷりと詰め込まれた『All About MV AGUSTA』を綴じ込み付録にしています。
「アグスタって何?」という人はもちろん、「いつかはアグスタ」とか「一度くらいは乗ってみたい」、または「すでにアグスタオーナーだ」という人まで、アグスタに興味があるなしに関わらず、愉しめる内容となってます。
今月号のクラブマンにも付録としてついてますが、3月27日よりはじまる『東京モーターサイクルショー』のMV AGUSTAブースでも配布予定ですので、みなさんぜひお手にとってじっくりと、そしてたっぷりとアグスタワールドに浸ってくださいね。

あ、その他の内容については、近々編集長自らがブログで発表してくれることでしょう!