絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年02月12日  comments (0)

「燃料コック」分配弁ガスケットが販売中止‥‥ 
供給して欲しいですよね、やっぱり


見た目がいくら極上車でも、まともに走らせるまでには色々と気を配らなくてはいけない部分が多いです。
「燃料コック」もそのひとつ。絶版旧車でしばらく不動車だった=放置プレ?車を復活させるときに、
燃料コックのメンテナンスは必要不可欠な内容ですが、
実際、このコックにトラブルを抱えている例は数多いですよね。

AR80?ブラック号に関しても‥‥‥‥


続きを読む ...

post : 2009年02月08日  comments (6)

ってことは「向かい風」には滅法弱い、ってことでした‥‥ 



本日2月8日(日)は風が強いというか一日中突風でした(埼玉県田舎郡では)。
昨日土曜日は、まさに春本番(の一歩手前)のような陽気で、
「バイクいじり」が大変はかどりました?♪
次号モトメンテ82号の校了明けだったこともあり、
ここんところひたすらPCとにらめっこ=原稿書きが続いていたので、
この週末は、久々に「バイクいじり三昧」(=家族は白い目)させていただきました♪

実は、原2モデルをメインに色んなこと=メンテナンス&カスタムを実践しまして、
本日、昼前におおかたの作業を終えることができたので、
バイク仲間のハルさんに「昼メシでもご一緒いかが???」と連絡を入れたら
「OKですよ?」ってことになりまして、ハルさんち近所のラーメン屋さんというよりも、
本格「中華」をいただける庶民的お店へ行ってきました?♪

ここのお店は‥‥‥‥

続きを読む ...

post : 2009年02月07日  comments (2)

レース専用タイヤですが見逃せません。自己責任にて使ってます。



AR80ブラック号には新車当時からのタイヤが装着されていて、
さすがにその状態のままで走る気分にはなれません。
タイヤは山の「あるなし」だけではなく、賞味期限も重要です。
ちなみにあくまで個人的な印象ですが、現代的ラジアルタイヤと比べれば、
絶版旧車系に似合うバイアスタイヤも方がまだ賞味期限が長いような‥‥
だからていって20年前のタイヤで気持ち良く走れるワケありませんので、
今回は、前後ホイールのタッチアップ風オールペイントついでに、
前後タイヤを交換しました。

前後18インチのフルサイズで‥‥

続きを読む ...

post : 2009年02月06日  comments (0)

今の時代だから絶対に必要ですね。



絶版生活を楽しむようになってから、バイクの台数分は必要になってしまうのがヘルメットロック。
70年代初頭までは自動二輪車もノーヘルOKな時代で、僕は従兄弟と
CB350やハスラーでタンデムノーヘルのちょいのりをよく楽しみましたが、
当然ながら当時のバイクにはヘルメットホルダーがありません。
我がガレージの絶版モデルでヘルメットホルダーがあるのはH2-Aのみで、
ちなみに初代H2にはメットホルダーが無いので、
ヘルメットの着用義務が施行されたのは73?74年前後ということになりますね。
そんなヘルメットロックで大活躍してくれているのがスズキ用。
写真のいかにも60?70年代の蒲鉾キー付きのメットロックは、
数年前にまとめ買い(3個。大人買いじゃないです)したもので、
絶版車ファンには大人気な商品。

ちなみにホンダの場合は‥‥‥‥


続きを読む ...

post : 2009年01月30日  comments (3)

チューブ径が違っても構造はほぼ一緒みたいですね。




ヤマハ、もしくはカワサキの60年代後半から70年代初頭のモデルに詳しい方、
教えていただけませんか?

AS3のインナーチューブがどうやら限界なので、交換もしくは再メッキ処理したく考えています。
取り敢えず、要加工でOKですので、物理的に取り付けられそうな部品、可能性のありそうな部品を
ご存知な方、いらっしゃいませんか??

年末に原2☆ツ?に出掛けたとき、カメラマンさんがAS3に乗っていったのですが、
フォークオイルが通常走行でジャブジャブしているのを目の当たりにしちゃいました‥‥。
購入時、インナーチューブはサビが少ないからラッキー♪


なんて思っていたのですが、ダストブーツをはぐってガッカリ‥‥ 強烈な虫喰い状態でした。


で、インナーチューブ交換しようと思って‥‥‥‥

続きを読む ...

post : 2009年01月28日  comments (0)

キャストもスポークも足元ギラリで印象ガラリ!?



ここ数年は、スポーク+鉄リムを組み合わせたスポークホイール車ばかりに縁があり、
キャストホイール車とは疎遠でしたが、昨年末にゲットしたAR号は標準でキャストホイールを装備。
AR50/80が登場した81年当時、そのデザインがまんま「カンパ」そっくりさんだったので、
そんなところが気になっていたARですが、まさかこの時期にゲットできるとは思ってもいませんでした。
 機種に関係無く「極上中古車」ということで捜索していたら、
偶然にもこのAR80?/C6/1989年モデルと出逢い、
ポチッとやったら落札。そもそも興味があったから気になっていたワケでして、
実際に乗ってみたら、確かにワクワクさせてくれる魅力を強?く感じます!! はい。 
ロングセラーモデルだったことを、改めて思い知りましたね。

 将来的なカスタムプランは後々リポートすることにして、まずは現実から対処しなくてはいけません。
全体的に程度極上ではありましたが、ホイールペイントに関してはすでに疲れが出ていて、
リプレッシュが必要だと判断。やっぱりバイクはキレイじゃなきゃイケマセン。

 そこで、新車当時から装着されているのであろう‥‥‥‥


続きを読む ...

post : 2009年01月21日  comments (2)

70年代、北米市場で爆発的に売れたZ1用Φ69.5mmピストン


↑↑写真のキットはCB750Kシリーズ用キットです。純正オーバーサイズが販売中止の今、貴重なキットです↑↑

絶版車ユーザーに向けたハイクォリティーかつリーズナブルなメイド・イン・ジャパン「ピストン」を
プロデュースすることで知られているシフトアップのドリームタイマーブランド。
カワサキW1用に始まり、H1用、H2用をリリースし大好評。そして、昨秋には
CB750Kシリーズ用もラインナップに加わった。

そんなドリームタイマーから、近々‥‥‥‥

続きを読む ...

post : 2009年01月20日  comments (2)

取り敢えず走れそうな雰囲気に回復?♪



昨年末に大阪から引き取ってきて、正月休みを利用してメンテナンス&磨き込みを進めてきたAR80?ですが、
先日、ついに黄色のナンバープレートを取得してきました!! 自賠責は5年で1万4千ナンボ!! 原2ブラボ?!!
とはいっても、極寒ツ?に出掛けるには、まだいくつか手を付けなくてはいけない部分があります。
現段階ではかなりイイ線まで作業を進めていますが(帰宅後、夜な夜な真夜中いじりが‥‥)、
第一に確認しておきたいのが「6Vの電装系」ですね。

まずは6Vのバッテリーですが、購入しようとして気がついたのが‥‥‥‥

続きを読む ...

post : 2009年01月14日  comments (0)

久々にマッハ仲間たちと走ってきましたよ?



絶版車ファンにとって、いつ何時でも「心強い存在」といえるのが“仲間”と呼べる人たち ですよね。
全国各地にZeppanバイクが主体のワンメイククラブが数多くありますが、僕がお世話になっているのは
クラブ活動しているワケではなく、都合が良ければ出掛けて、一緒に走るといった集い。
とあるWeb掲示板で知り合った「仲間」が集うオフ会のようなものですが、
そんなお気楽な仲間たちと走る時間が僕は好きです。
2009年最初の顔合わせ=賀詞交換ミーティングと称される集いが成人の日に開催され、
僕も参加してきましたが、

その日は‥‥‥‥

続きを読む ...

post : 2009年01月04日  comments (6)


1989年モデルのAR80?/C6を昨年末に購入し、この年末⇒三が日は、
家族の目を知らん振りしつつ磨き込みを実践。かなりイイ感じになりました?♪
外装パーツを取り外し、裸にして驚いたのが、その程度の良さ!!
フレームに赤サビはほとんど無く、積もっていたオイル汚れをウエスでフキフキしたら、
ここ数年、レストアを楽しんできた3台のマッハ号やAS3とは大きく異なり、
そりゃもうバツグンのコンディション!! 久々に楽チンな磨き込みを楽しめそうな感じ!!

とはいえ、やるべきことはやっぱりありまして‥‥‥‥

続きを読む ...


雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ