絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2010年12月20日  comments (0)

年末の忙しく慌しい中、いかがお過ごしでしょうか?
編集部丸山です。
こんにちは。

つい昨日のお話なんですが、
川口オートレース場内「川口オートミュージアム」前にて
昭和レトロバイク達の展示、エンジン始動イベントが開催されました。

モト・メンテナンス92号、絶版バイクス8号でもお知らせしてきましたが、
このイベントに合わせまして、川口オートミュージアムに
編集長田口所有のマッハとCB750を展示させていただいております。


当然、昨日のイベントにも参加させてもらいました!!

とは言っても、川口オートはオートレース場であります。
オートレースが好きな人は来るのは当然ですが、
絶版バイクスが好きな人は来るのでしょうか???

続きを読む ...

post : 2010年12月03日  comments (0)

十勝の伊藤さん、ありがとうございます。



こんな仕事をしていると、読者さんから差し入れがあったり、
お裾分けを頂いたりすることがたまにありますが、この年末時期になると、
思いも寄らなかったものが編集部に届いたりして、
社内スタッフの間ではいつも話題に!! 大盛り上がりになることもあります。

本日は朝一番でAD進行の種藤姉さんから
「ながいもですよ〜」と編集部にお声掛けがあり、
宅配便受け取りエリアへ行きますと、そこには「十勝の野菜」の文字が……



続きを読む ...

post : 2010年11月01日  comments (0)

「あのとき、君は若かった」展が始まってます!!

本日、川口オートレース場へ取材の打ち合わせに行ってきましたが、
先日告知したイベント「昭和のレトロバイク」展が開催されていました。



川口オートレース場内にある「川口オートミュージアム」は、
記念開催のSG/G?/G?レース開催当日および
地元開催の日曜日・祝日のみに開館しているそうだ。




もの凄くエキサイティングなオートレースを見学しつつ
(川口以外の開催日のときは場内ビジョンで見ることができる)
川口オートレースのB級グルメを食しつつ、
ミュージアムを見学するのも良いと思います。

本日は……


続きを読む ...

post : 2010年10月25日  comments (1)

昭和レトロバイクの展示&「エンジン音」体験
第1弾は「あの時、君は若かった」がテーマです!!



クラシックバイクに対する想い入れや積極的なイベント展開によって、
またひとつ違った角度から「オーバルコース」の面白さや
奥深さを体感&提案してくれているのが川口オートレースだ。
そんな川口オートレース場から、新たなるイベント開催に関する情報が
寄せられたのでご紹介しよう。

川口オートレース場内「川口オートミュージアム」では……

続きを読む ...

post : 2010年10月07日  comments (8)

今週末からの三連休3日目 10月11日(月)に「とうもろこし街道!?」

久々に更新いたします。
ただ今、モトメンテ本誌次号92号の〆切真っ只中で、
この週末いっぱいで「何とかなりそう??」な気配になってきました。

そこで!! 

↑↑イメージ画像です↑↑

週明け11日(月)体育の日に「焼とうもろこし」と「新蕎麦」(まだ早い!?)を食べに、
例によって北関東栃木群馬方面へ「原2☆ツ〜」に出掛けよう!! ということに
たった今、決まりました。
天気予報を見ると、天候はくもりですが、おそらく何とかなるのでは!?
大型バイクと違って原2なので、それはもうおき楽です。

ということで…………


続きを読む ...

post : 2010年09月02日  comments (0)

スズキ「油冷」ファンにとっては気になりますね!!




ヨシムラジャパンの企画広報担当さんから以下のようなメールを受信!!

【ヨシムラジャパンより】
弊社にて企画商品がスタートいたしました。
これは、要望の高いマフラーを復刻しようという試みです。
よろしければ、御社ブログや貴誌での情報紹介を
ご検討いただきたくメールいたしました。

限定復刻 ボンネビルサイクロン■
ヨシムラの熱き情熱が生み出したBonnevilleという名のバイクに
取り付けられたExhaust System。
名機GSX-Rシリーズが誕生して4半世紀が経った今、
その情熱が現代に復刻します。
当時のコンセプトを出来るだけ踏襲させたスタイルの中に、
現代のサイクロン技術を注ぎ込んだそのマフラーは、
”油冷”という初期GSX- R1100が持つ独創的なエンジンの
ポテンシャルを解き放ちます。
限定で復刻する“Bonneville Cyclone”という情熱を貴方の油冷へ。


本企画は規定受注数の30本の申込をいただいた時点でに達した場
合に生産を行います。

☆受注期間 8/30〜9/30☆

詳細は弊社WEBを参照ください。(写真はプロトタイプです。)
ヨシムラジャパンWEB http://www.yoshimura-jp.com/bonneville/index.html  ←クリック

以上です。
初代油冷シリーズのオーナーさん、いかがですか?

post : 2010年08月22日  comments (9)

8月も20日過ぎ、子どもの頃は手つかずの宿題を前に徐々に焦りの色が濃くなってくる頃。
今はお父さんになって、息子さんや娘さんにハッパを掛けている方も多いことでしょう。
一方、毎日暑すぎの中で、「あと1週間我慢すれば2学期。このまま逃げ切るぞ!!」と、
「お父さ〜ん、どこかに連れて行ってよ〜」の声を封殺しているお父さんもいることでしょう!?

そんな夏休み最終盤のご家族が楽しめる催し物があるのをご存じでしょうか?
それは、バイク産業発祥の地である静岡県浜松市で開催されております
「第8回 バイクのふるさと浜松2010」

「浜松オートバイ列伝」

「オートバイデザインの半世紀」

という3つのイベントです。
ご存じの通り、静岡県浜松市はホンダ、スズキ、ヤマハをはじめ、
1950年代には中小合わせて30以上のオートバイメーカーが存在した、まさに日本のバイクの故郷の地です。というわけで、浜松市ではさまざまなかたちでバイク産業に対する活動を行っているのです。

続きを読む ...

post : 2010年08月09日  comments (0)

昨日は宣言通り『5th Annual Motorcycle Swap Meet』に行ってきました。
朝イチから行く予定でしたが、色々ありまして(寝坊……)会場には13時過ぎに入りました。




駐輪場の方はというと、予想通りのチョッパーだらけ!
パンやナックルはもちろん、ツインカム系もいっぱいいましたヨ。

ということで早速ブース周りと行きましょうか。

続きを読む ...

post : 2010年08月09日  comments (0)

連日猛暑が続く中、皆さんと皆さんの絶版バイクは健康を維持できておりますでしょうか?

われら絶版バイクス編集部の面々は、お盆前の締め切りラッシュで瀕死の状態です…。
しかしなんとか、モト・メンテナンス91号も無事本屋さんに並びそうです。

そんなわけで、今年も気が付けば夏らしいことを何もせずに、
夏が終わってしまいそうなのです。
でも、おっさんだって夏はお祭りに行きたい訳です。
と、いうことで昨日はお祭りに出掛けてきました。

行き先はここ。

絶版車のディーラー「ウエマツ」です。



実はウエマツでは、
8月15日までの土日に店舗にて、夏祭りイベントを……



続きを読む ...

post : 2010年08月04日  comments (3)

どもー!
一時期のアホみたいな暑さも少しやわらいでいる様な気もしますが、まだまだ暑いっスね〜〜。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
編集部は、8月16日発売のモト・メンテナンスの校了も無事終了し、束の間の休息を迎えております。

さぁ、今回は久々にイベント告知でございます。

今週末の8月8日(日)は、お台場で『5th Annual Motorcycle Swap Meet』が開催されます。



続きを読む ...


雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ