絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2008年10月16日  comments (0)


 バイクの「美しさ」を象徴する部分のひとつにメーターがありますよね。
各バイクメーカーそれぞれに特徴や個性があり、特に70年代以前は
フロントカウルの装備が許されていなかった関係でメーターが露出。
その分、余計にメーターが自己主張するパーツのひとつとなっていた。
外観的なデザインに限らず、文字盤や指針にも特徴がありましたよね。
モデルによってはガラスの上にデカールが貼付されていた例もあった。
 カワサキトリプルは、そんなデカール貼付モデルの代表例でした。
初代KAシリーズでは、タコメーターレンズの上にエンジンのナラシに関する
回転表示コーションが貼られ、H1-BやH2では文字盤そのものにコーションが印刷された。
そして、H1-DやH2-A以降では、再びガラスレンズの上に貼付されるようになった。
 初代KAタイプのコーションデカールは、国内でも海外でも、
ショップ単位でも個人単位でもリプロダクションされている例が多い。
例えば、僕もよく利用するカナダのリプロダクションデカールにも
そのラインナップはある。
 H2-Aをフルレストアしていて、新品同様のタコメーター
(箱入りの未使用品)を入手したけれど、残念ながら
ガラスレンズに貼付されている回転表示コーションの一部が切れていた。
残念だけど汚らしいので、剥がしてしまおうか、どうしようか迷った。
どこかでリプロ品が作られていないか調べてみたが、
このH2-Aタイプのようなコーションは誰も作っていない様子!?
KH400もほぼ同タイプ(詳細比較していません。指定回転数が違うかも?)
だと思うのですが、僕が調べた限り、リプロデカールを見つけることができなかった。
そんなときに思い出したのが‥‥‥‥


続きを読む ...

post : 2008年10月15日  comments (14)


↑あらためて思いますが、写真映りってコワイですよね。一見ではピカピカですが、
現物はそれなりのヤレヤレ状態ですよ?

 AS3の「カブリ症状」原因のひとつと思われたのがエアエレメント。
絶版旧車オーナーさんの中には、パーツが見つからないから
汚れたままのエレメントを装着していたり、面倒だから取り外してしまったりなどなど、
そんな方が想像以上に多いのでは!? と思いますが、いかがです???
 そんなエアエレメントは「積極的」に修理&再生しませんか!!

ということで‥‥‥‥


続きを読む ...

post : 2008年10月15日  comments (2)



 ツーリングから帰宅した直後の1時間程度は、
例によって「オイルまみれになった車体」のフキフキ大会!? 
綺麗だったウエスが真っ黒になる時間帯です。クランクケース下には
パーツクリーナーをプシュ?ッとやって、ウエスでフキフキしてます。
こんなときにも「メンテナンスリフター」の存在はありがたいですね♪
 実は、第二集合ポイントだった中央道石川Pに到着すると、
クランクケースの左カバーに汁モレ兆候が‥‥。えっ!? ベースパッキンかよ‥‥ 
なんて思いつつ左シリンダー下を覗き込むと、オイル汚れはカバー部分のみ。
ということは、汚れの原因は僕の前方を走っていたKH400号とH1-E号からの
「いただき物」ってことになりますね。確かにご両人の爆煙も凄まじかったですからね?
 とは言いつつも、今回のツーリングでは終始「爆煙」仕様だった白マッハ号。
したがってリア周りの飛び散り汚れはいつも以上に凄かった。
このフキフキ作業を終えたついでに、気になる部分を点検してみることにした。

 すると、以前にもトラブったことがあったオイルポンプの
樹脂製スロットルレバーカバーが、ポンプに干渉ギリギリだったことが判明。

↑左が初期KA用オイルポンプ周辺で左がH1-B以降のオイルポンプ
初期マッハはデスビ&ハイテンコードがあるため、樹脂カバーが付く。
ものすごく初期モデルは樹脂じゃなくてアルミカバーだったようですね。

ポンプカバーを取り付けることによってハイテンションコードがカバー内側と干渉し、
そのハイテンコードによって樹脂製のポンレバープカバーが押され、
状況によってはスロットルレバーの戻り具合が悪くなっていた可能性も
⇒必要以上にポンプが開いていた可能性もありますね。
 排気煙が出なくて心配になってしまうよりも、少しばかり多くても安心して走れるほうが
心臓には良いので良しとしましたが、それにしても今回の大爆煙はハンパじゃなかった。
ちなみに今使っている2ストオイルはこれまで通りエネオスの赤です。

 そのオイルポンプと言えば‥‥‥‥


続きを読む ...

post : 2008年10月14日  comments (2)

みなさんこんにちはー。

先日、エルシノアが白煙モクモクマシンになってしまったことはお知らせしましたが、頼んでおいたオイルシールが今日手元にやってきました!!



クランクの左右両側のオイルシール、それと壊れてしまったフロントブレーキスイッチの配線、リアブレーキスプリングなどもついでに注文してました。いやぁー35年くらい前のバイクなのにこうやって重要なエンジン部品がメーカーさんから出るってホンットに嬉しいですね!ホンダさんありがとうございマース!これからもオイルシールの供給は是非是非お願いしますね。

ところでせっかく届いたオイルシール、クランクに使うシールは初めて見るので、一応形状を確かめるために袋を開けてみました。



右上のオイルシールはフライホイール側のシール。ここはミッションオイルの吸い込みには関係のない場所ですが、せっかくクランクまでバラすなら・・・ということでついでに交換する予定です。そして、左側の一回り大きなオイルシールがエンジン右側、懸案のオイルシールです。


続きを読む ...

post : 2008年10月12日  comments (10)

本日、マッハ仲間とツーリングへ行って来ました。


目的地は、神奈川県の宮ケ瀬ダム(宮ケ瀬湖という人造湖)。
丹沢からつながる山並みで、もっとも東側にあたると言って
良いのかどうかわかりませんが、厚木や相模原方面からなら数十分の距離。
ヨシムラジャパンさんの近所でもありますね?。
奥多摩ほどワインディングを走るわけではありませんが、
あんな感じのスポットが近所にある神奈川のみなさんが羨ましいです?♪
我が家からあのような雰囲気の場所を求めようとすると、
秩父方面ですかね? ん?、数十分じゃ行けないなぁ‥‥


↑↑↑いつもの気の合う仲間と首都高Pエリアに集合。ここから中央道石川Pまで激走でした!!
山手トンネルの中ではマッハ特有の「クォーッ! クォーーッ!!」を連発!!
お陰さまでエコな時代なのに燃費は最悪でした‥‥ でも楽し!!
コンテンCDIシステムは絶好調!! 何も起こらず帰還しました♪

僕にとって本日のメインイベントは「今風CDIシステム」のテスト。
いつもの仲間とツーリング。しかも高速走行アリとなれば、
いやがうえにもワープゾーン連発ですね?(まさに想像通りでした)
おまけに一般道でも‥‥ これがまた凄かった?

全行程で260km程度走ってきましたが‥‥‥‥


続きを読む ...

post : 2008年10月11日  comments (4)



 25年以上眠っていたAS3。乾燥した場所(地上から5mほどの倉庫)に
ほぼ放置!?されていた関係で、ホコリ汚れは凄かったもののサビは少なく、
バイクを輝かせるのはアッと言う間の出来事だった。
 ところが、エンジン腰下に想定外のダメージが‥‥
全バラ&部品交換も考えましたが、その部品が無い。
新品部品はもちろん中古部品すら無いので、エンジンを丸ごと
見つけるしか手段は無いと思っていた‥‥。
ちなみにAS3のエンジン腰下は、RD125初期型と基本設計は同じで、
AS3の後期エンジンは、RD125初期型のクランクケースとほぼ同じ。
ということでAS3よりも見つけやすいような初期RDのエンジンを探していたら、
関西方面のKさんからご連絡を頂き、何とビンゴなAS3エンジンの腰下を譲っていただくことができた。
この手のエンジンは小さいから、ダンボール箱にいれて
宅急便で送ることができるのも嬉しいですよね。
到着したエンジンは、外部からできる限りの洗浄を施し、早速、腰下を交換した。
結果、あまり聞いたことが無かったカタカタ音(←メタルフィラの踊り音)が
皆無になり、カブリ症状も無くなり、ようやくフツーに走ることが
できるようになった。季節も良くなってきたので、今後が楽しみです?♪

そんな感じで自宅近所ではありますが‥‥‥‥



続きを読む ...

post : 2008年10月06日  comments (6)

みなさんこんにちは。ずいぶん久しぶりのブログになってしまいました。

ところで、これまでこのブログでは、主に僕のMT250エルシノアについて、あーだーこーだーいろいろと展開してきました。4月にエンジンの腰上をOHしてから、小さなトラブルこそありましたが、快調に走っていたんです。

しかし、先日遂にというか、僕のエルシノアは突然白煙モクモクマシーンに変身してしまったのです!!



続きを読む ...

post : 2008年10月05日  comments (3)

Contemporary CDI Systemの開発に本腰を入れ、もうすこしで丸1年。
実は、途中数ヶ月間は、僕が開発進行をサボっていまして、
日程が遅れ遅れになっていました‥‥‥‥。
ですが、ここにきて「急ピッチ」で順調に進んでおります?!!


↑↑↑今まさにテスト中♪ 私田口の白バイマッハ号を含めて計3台で検証中?!!↑↑↑

まさに「Contemporary/今風」なこのシステム。
初代マッハ?=KAシリーズのオーナーさんは、多かれ少なかれ、
カワサキ純正CDIシステムに悩まされたことがあるのではないか?
と思いますが、僕の場合は出先でAユニットがご臨終になり、
車屋さんにバイクを預かっていただき、出戻りでトランポにスイッチし、
白バイマッハ号を引き上げに行った経験があります。
僕と同じように、壊れたり、弱ったりした純正CDIシステムに
痛い目に逢わされた経験を持つ方、きっと多いのではないかと思います。

僕がマッハに乗るようになってから‥‥‥‥


続きを読む ...

post : 2008年10月04日  comments (2)

 ただ今帰宅しました??@@;)。
本日は、モトメンテ本誌80号の編集担当ページの校了でして、
先ほどまで全編集ページとにらめっこしていました。
人間がやることだからいろいろ起きてしまい反省の日々ですが、
今後の展開がスムーズに運ぶことをお祈りしつつ‥‥
多少気分が晴れましたので(でも明日からZeppan BIKES 2に取り掛かります。
が、その前にD本のお手伝いがあった‥‥ はぁ?)、

先日、原稿書きの真っ最中に「気分転換」してみました。
その内容はAS3のエンジン載せ換え(正確には腰下交換)。
所用時間は真っ黒だった腰下洗浄から始めて3時間弱でした。

AS3のフル磨き込みに取り掛かって、気がつけばすでに3ヶ月が経過してますが、
現状で、気分的には90%くらいの進行状況でしょうか?
車体的にはほぼ完成なんですが、エンジンがどうも‥‥。
実は、メタルフィラの異常磨耗がいまだに尾を引き、
どうもしっくり来ない日々が続いていました。
磨耗してしまった分は0.5mm厚のパッキン紙を挟んで対策したつもりですが、
応急処置に変わりは無く、それでもやっぱりメタルフィラ周りのメカノイズが気になっていました。
中古のメタルフィラを見つけたらエンジンを全バラにして、
パーツ交換しよう!! ちなみにAS3用メタルフィラは、
RD125の初期型404エンジンのみ共通で、その他のモデルは部品が異なります。
AS2用は外寸が同一で、掃気ポート部分の形状が異なってます。
AS2用をベースにAS3レプリカを作ればどうにかなりそうな感じ(見た目では)。
でもやっぱり、AS3用もしくはRD125の初期型404エンジン用メタルフィラが
欲しいな? なんて思っていました。


そんな矢先にマッハ関係の知り合いからご連絡をいただいた。
その内容は、今のところ利用予定の無いエンジン腰下があるから
「使いませんか?」とのお話だった。ご連絡を下さった関西方面に住む
Kさんは、僕と同じAS3を所有。エンジンは好調だそうで、
おそらく腰下を使う機会は無いからとのありがたいお話。
僕は本当にシアワセ者です。
そして、申し出をありがたく受けさせていただき、
AS3の腰下を送っていただきました。

その腰下に‥‥‥‥


続きを読む ...

post : 2008年09月26日  comments (3)

奇数月の月末を迎えようとしておりますが、この時期、僕ら編集スタッフは
「偶数月16日発売」モトメンテ本誌の原稿書きでてんやわんや。
原稿書きで脳みそが沸騰するというよりも、僕の場合は、各企画ページに使う
写真画像を確認していて「このページにはこんな写真を追加したい?!!」なんて思ったりして、
瀬戸際になってジタバタ…… そんな感じで疲れてしまいます。
撮影中は良かれと思っても、日が経過して後々その写真を使う段階になって、
ちょっとイメージが違うなぁ‥‥ なんてことはしょっちゅうあります。
最近は、特にそんな想いをすることが多いような気がするんですが‥‥  

ちなみに次号80号は比較的順調に進んでいますが、
その次の81号製作には相当苦労しそうな気がします……。
年末発売号だから、例によって「ガレージ特集」もありますので、
ご自慢のガレージをお持ちの方は、編集部まで自薦メールを飛ばしてくださいませ?。



そんな忙しない毎日ですが、時間を見つけては
AS3のトラブルシューティングを楽しませて頂いております。
気候が涼しくなってきたので、作業性がかなり良くなっては来ましたが、
日没時間が早くなったので、その分、試運転にはこれまで以上に注意を払っています。
先日はヘッドライトのチューニングをしましたが、
やっぱり明るいバルブ&システムはイイですね。
原2ながら間違い無く大型車と同じ明るさを獲得しております。
仮に、車検を受けても楽勝でパスできることでしょうね。

ということで‥‥‥‥



続きを読む ...


雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ