絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2008年10月28日  comments (2)

 今ままで無かった「メンテナンス・スタンド」登場近し!? 

大型モデル、小型モデルを問わず、数多くの絶版車に
標準装備されているのが「メインスタンド」ですね。


 いじり好き、磨き好きにとって、メインスタンドはありがたいです!! 
さらにメンテリフターがあれば最高です!!
 


一方、現代のバイクの場合は、ネイキッドモデルやビジネスモデルにしか
装着例が無いような気がします。これはちょっとサビシイことのような気が‥‥
メインスタンドがあると、何かと便利なような気がします。
例えば、スタンドアップすれば、後輪はクルクルクル?っとフリーに回るし、
後輪側に荷重を掛けたり、エンジン下をジャッキアップすれば、
前輪がフリーになり、様々なメンテナンスが容易になります。
前後輪がクルクルクル?っとフリーに回るということは、
ホイールやリムやスポークの磨き込みも容易!!
バイクいじり好き、磨き好きにとってメインスタンドは、
無くてはならない存在のような気がします。
絶版系カスタムファンの中には、
「集合管やチャンバーに交換するとメインスタンドが無くなって、
バイク磨きが大変になるし、タイヤ交換のときにはマフラー外しから始って‥‥」
なんてお話しをよく聞きますが、そんな問題を解決してくれそうな商品が、
近々登場しそうな気配になってきました。
それは‥‥‥‥


続きを読む ...

post : 2008年10月27日  comments (2)

秋と言えば「クラブミーティング」ですね!!
【絶版バイクス】はミーティング取材にも積極的?!!



秋の訪れとともに各地で開催されるミーティング。
本誌編集部へ寄せられた情報をもとに
いくつかのミーティング取材に出掛けてきました。
昨日は「CB750」が大好きなおやじたちのミーティングにも潜入?
平均年齢的には、W1ミーティングよりも若干若かったような気がしましたが、
詳細は定かでありません……。天気予報がハズレて、あいにくの天候、
朝の出発前には暴風雨の様相!? でしたが、
どうにか持ち直して、プチツーリングを楽しむことができました。

ところで……
CBナナハンと言えばホンダ、ホンダと言えば今年(確か6月頃?)から、
オーバーサイズの純正ピストン&純正ピストンリングの販売を中止。
その影響で、オーバーホールもままならない状況となってしまった……。
数多くのファンがガッカリしてます…… マジで……
そんな折、熱烈なファンの声がコンストラクターを動かし、
CB750K0/K1/K2/K4/K6+輸出仕様K3/K5およびCB750F-?/F-?/F-?
そしてCB750K7に対応したピストンキットが近々発売!? との情報をキャッチ!!
つまりSOHC750エンジンに対応したピストンキットのようです。



STDのφ61mmに対して、このキットは1mmOSのφ62mm。
ということは、ヘッドガスケットには純正部品が使えますね♪

バルブリセスの様子を見ても、雰囲気がプンプン伝わってきますね……
ただ今、詳細情報を収集中!! このビッグニュースに関しても、

Zeppan BIKES 2にてリポートできると思いますので、お楽しみに!!

post : 2008年10月25日  comments (2)

新時代「絶版原2」ムーブメントは本物!!
【絶版原2ミーティング】開催したいですね!!


実は、Zeppan BIKES創刊号の企画で、堂々の巻頭特集を飾り、
大反響だった「カワサキザッパー系至上主義」特集に
勝るとも劣らない反響を得た企画が絶版「原2☆小旅行」企画でした。

僕自身、もう30年ほど大型車を楽しんでいますが、
そんな中で原2=原付2種の存在は一種独特というか、
もはや無くてはならない存在となってます。
何が楽しいって
「全力で走れる爽快感!!」は格別!!
それでいて時速70km/h程度の世界!!
最高速だって100km/h強!! 出先でいじりを楽しめるケースも!?
とにかく所有していて充実感満点!!
自賠責保険は5年入っても2万円程度!!
任意保険に至っては、自家用車にファミリーバイク特約を付ければ
年間費用僅か!! しかも原付&原2なら何台でも所有できる!!
こんなエコなバイクカテゴリーが他にあるでしょうか!?

ということで、今回は「超オモロ?♪」な情報をもとに行って来ました!!

有料道路が多いツーリングでしたが、この有料道路も超オモロ?♪

ヘッポコやってもヘリコプターが助けてくれる!? ん‥‥?

ということで、今後もZB誌では
絶版「原2☆小旅行」にチョ?積極的です!!
素晴らしい小旅行コースをご存知な方、我々を誘って下さい!!
是非とも小旅行にお供させていただきたいと思ってます!!
お誘いはいつでもOK!!
mm@nekobros.co.jp までヨロシクね!!

ちなみに12月の年末目前には「定番のラ?☆原ツー」を企画しますので
参加希望の方は当ブログのチェックをお忘れなく?♪


post : 2008年10月25日  comments (0)

【クラブミーティング】
この台数には唖然!? おやじパワー炸裂の一日


食欲の秋、運動の秋とともに忘れてはいけないのが「ミーティングの秋」ですよね。
次号の絶版バイクス2では、北から南まで、全国津々浦々!?
絶版バイクファンが集うミーティング=絶ミーツも積極取材。
先日はW1愛好会が主催する第20回記念ミーティングを取材してきました。
初代W1を始め、そのルーツにあるメグロK2からディスクブレーキ仕様の
W3/650RSまで、確認できた限りでオーバー250台!!
未確認エントリー!? およびお友達の参加者を含めれば
300台以上の絶版車が一堂に集結!! おやじパワー炸裂の一日でした!!



開催場所が日本の代名詞「富士山」の麓だったので、
五合目まで行って来ました。10月末の暖かい日の朝8時で気温が摂氏4℃!!
寒い日はもっと低温なんでしょうね?
空気は旨いし、眺めも抜群!! 雲海がきれいだった!!

ということで、絶版ミーティングもお楽しみに!!


post : 2008年10月23日  comments (5)

暑くもなく寒くもないこの時期はバイク系イベントがアチコチで開催されます。先日もこの先行われるイベントを紹介しましたが、ひとつ大事なものを忘れておりました!

それは11月2日(日)に東京は南青山、ホンダビルで行われる『カフェカブミーティング』です。これは名前の通り、スーパーカブからスポーツカブまで『カブ』と名の付くホンダ車が数多く集う、年に一度のカブ祭りなのであります。

 
左:言わずと知れたOHVのC100。今見てもオシャレなデザインです。
右:8月に受注生産にて発売を開始した『スーパーカブ50・50周年スペシャル』。お値段は20万4750円なりー。
50年もの歴史があるカブってスゴイですね。絶版好きな僕でも、スーパーカブだけは絶版になって欲しくない。

ご存知の通り、スーパーカブは1958年のデビュー以来、エンジン形式がOHV→OHCへ変更されたり、外装や車体周りに細かな変更を加えながら多くの人々に愛され、21世紀の今日でも新車で買えるという立派な現行車。でもカブシリーズの派生モデルの中には、とうに姿を消してしまった絶版カブも存在します。

きっと今度のカフェカブミーティングでは、そんなスポーツカブやハンターカブなどカブ系絶版車も数多く集ることでしょう。

続きを読む ...

post : 2008年10月21日  comments (0)

昨日は<Zeppan BIKES vol.2>の告知も兼ねて川越のVMXイベントの模様をチラッとご紹介しました。ここではこれまで国産車を中心に車両紹介などしてきましたが、たまには外国車の姿もお届けします。


毎回ブルタコで参加しているのは、頼れる内燃機屋さんである井上ボーリングさん。
井上社長は今回もブルタコシェルパTで参戦、ヘロヘロになるまで走って思いっきりダート走行を楽しんだご様子。


今回の会場には、見慣れないブースが・・・
 
このブースを出していたのは、広島のROOSTERさん。なんと広島から12時間かけて会場入り!
広島のVMXイベント<ENDLESS SUMMER>の告知も行いつつ、70年代を中心としたビンテージアイテムも販売。ブースには一日中人だかりが出来てました。ちなみに店長の久保さんが持ち込んでいた車両は、ユニットエンジンのBSA A50(500ccツイン)。60年代のアメリカンダートレーサー風でとても良い雰囲気でした。



続きを読む ...

post : 2008年10月20日  comments (0)

先日のブログでもお伝えしましたが、11月28日(金)発売の<Zeppan BIKES vol.2>の取材で昨日は川越で開催されたビンテージモトクロスミーティングに行ってました。

 

おっとその前にこのブログカテゴリの説明を。いつもは編集長の書く<たぐちかつみ>カテゴリと、わたくしツチヤマがビンテージトレールを楽しむ(壊す?)<つちやまりょう>カテゴリでお届けしておりますが、この<Zeppan BIKES 2>というカテゴリは、発売が間近に迫った本誌に関する事前情報や、取材で見かけたZeppanネタをチョイ見せしていこうと思います。

発売までの約一ヶ月、このカテゴリを見ながら「フムフム、次号のZeppanもまた買わなきゃな!」と思っていただけると幸いでございマース。




続きを読む ...

post : 2008年10月18日  comments (2)


↑↑久々に引っ張り出して、トルキートリプルを楽しんできました?♪
やっぱりH2は速い!! けど、僕には500のフィーリングが合っているのかも‥‥

 先週末、今週末とお天気も良くてイベント日和ですね?♪
先週はマッハな仲間たちと大煙幕大会を楽しんできましたが、
今秋はイベント目白押し!! 川越ではVMXがあり、
河口湖では第20回の記念大会となるW1ミーティングがあります。
僕は取材でW1ミーティングに参加させて頂こうと思ってます?。


↑↑72年春のカワサキ広告。この頃の広告コピーはどこのメーカーも弾けてましたよね。
このトリプルシリーズ広告も、やや意味不明??な感じがしてなりません‥‥

で、先週は白バイマッハ号が絶好調だったので、
今日は久々にロケット☆マッハ号にでも乗りたい気分になったので、
夕方にチョイ乗りしてきました。
先日交換したシフトアップ/ドリームタイマー製クラッチキットのお陰で、
クラッチの切れが圧倒的に良くなり、スベリも当然ながら皆無!!

H2と言えば‥‥‥‥


続きを読む ...

post : 2008年10月17日  comments (0)

さて今週末の19日(日)は<DIRT A.C.T.S UNION>主催のビンテージMXミーティングの最終戦であります。

 



前回7月に行われたミーティングでは、僕もエルシノアで参加し醜態を晒したワケですが(笑、今回は出走しません。

マシンが壊れているというのもありますが、なにより今回は11月28日(金)に発売が決定した<Zeppan BIKES vol.2>の取材で出かけるのです!!当日の会場ではマシンの撮影やオーナーさんの取材などを行っていますので、参加されるみなさん、よろしくお願いしますね?。

これまでも幾度となくビンテージモトクロスとビンテージトレールの魅力をここでご紹介してきましたが、まだ一度も実車を見ていない!という方は是非会場に足を運んでみてはいかがでしょうか?2ストロークオイルの香りと砂埃にまみれてレース観戦するのもたまにはイイですよー!

 
前回はエルシノアで参加したけど、全然うまく走れなかったワタクシ。完全にテク不足・・・。
右の写真は3年前にエストレア改で出走した時の写真。分かってたけどエストレアは重かった・・・。


続きを読む ...

post : 2008年10月16日  comments (4)

驚きのバカ旨!! 本物の「鯨」が定食で600円也!!


 本日も「Zeppan BIKES 2」の撮影&取材でクルマを走らせてきました。
取材先ショップの代表さんが突然「田口さんも栗田さんも鯨世代だよね!?」と‥‥?
なにを突然‥‥と思ったら、どうやらショップの近所に、おいしい鯨(くじら)を
食べさせてくれる定食屋さんがあるとのこと。フムフム♪
時計を見ると午後1時30分を回っていたので、ランチに行こう!!
ということになったのであります‥‥。


 確かに、僕は東京オリンピック以前の生まれで、まさしく「鯨世代」そのものズバリ!!
おそらく昭和45年生まれの人よりも以前に生まれた人ならば、
「鯨の竜田揚げ」は、学校給食でよく食べましたよね♪
美味いときはバカ旨だけど、ハズレるとゴムをしゃぶっているみたいで
噛み切れないこともしばしば。そんなこと、ありませんでしたか?
いずれにしても、僕は鯨が大好きだったので、かぁ?ちゃんとおかずの
買い物に夕方の商店街へ行ったときに(北区と豊島区をまたぐ霜降銀座商店街です?)、
魚屋さんの前でおっちゃんが揚げていた鯨の竜田揚げを見て、指をくわえて
「あれが食べたい!!」とよく言ったものでした。
今でこそ高級食材であり、おそらく昭和40年代後半生まれ以降の人にとっては
「未知なる世界の食べ物」かも知れませんが、
高たんぱくで低カロリー。しかも低脂肪で「お安い食材」だった鯨は、
我々が愛してやまない「昭和時代を代表する食材の王様」だったと思います。
 まぁ、能書きはこの程度にしておいて‥‥ 僕は、久々の鯨に大興奮!!
 お店に到着すると‥‥‥‥


続きを読む ...


雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ