絶版バイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年12月26日  comments (3)

ツインリンクもてぎMS部のみなさん、ありがとうございました?♪


↑本誌スタッフのマルも遂に原2☆ツ?デブュー!!

昨日午前中までの降水確率では、午前中70%と暗雲が立ち込めていましたが、
夜明けから薄日交じりの曇り空で、12月の気候としては暖かいツーリングデー!!
正午前には完全にピーカンで、日差しが眩しかったほどの原2☆ツ?日和でもありました!!
少人数でしたが、参加者のみなさん、お疲れ様でした?♪
そして、ツインリンクもてぎ・モータースポーツ部のみなさん、
本日はお疲れ様でした?
(サーキット本コースではDE耐!エントラントお試し走行会「年末の陣」開催中でした)

午後には宇都宮餃子の名店、正嗣鶴田店に移動して、アッツ熱な↓↓↓を!!


本当に栃木県はBグルの宝庫ですね?
弊社所在地の水道橋と言えば、餃子の王将「水道橋店」が有名ですが、
正嗣が会社の近所にあったなら、間違いなく毎日行きたいほど
抜群の美味しさと、何よりお財布に優しいお値段がチョ?魅力です!!

ということで…………


続きを読む ...

post : 2009年12月24日  comments (5)

いつもの栃木方面!! 昼飯は宇都宮餃子で決定かな!?



*天気予報によれば明日の宇都宮方面は天候がイマイチでしたが、
午後の天気予報で回復傾向に!! ということで……*


更新情報はページめくってくださいね?



姉妹誌「モトメンテ87号」大好評発売中?!! 
付録の「メンテノートを使ってくださいね?」

みなさん、いつものようにご購読よろしくお願い致しま?す♪

さて、年末と言えば恒例!?の原2☆ツ?ですが、
現在、詳細内容をツメているところです。
すでに数名の方からお問合せを頂いておりますが、



今回も「魅力たっぷり栃木路」を激走しようと思ってます?
マンネリ気味と言われようがナンだろうが、
実際、栃木の魅力にはまってしまうと、抜け出すまでには
相当な時間を費やしてしまいます?。
それだけB級グルメが多いってことでもあるんですけどね?♪

ということで…………

続きを読む ...

post : 2009年12月21日  comments (6)

土曜日のお昼、僕は興奮気味に新橋のとあるお店を訪れました。

●新橋にこんなお店があるなんて。

タミヤプラモデルファクトリー新橋。かなり立派なお店です。

そう、この日はこれまで何度もお伝えしてきた、タミヤのニューモデル、『1/12 Honda RC166 GPレーサー』の発売日!!
これまでプラモを予約して買ったことなんて一度もありませんが、10月の全日本模型ホビーショーで現物を見て以来、『ぜってー買う!』という気持ちは日に日に大きくなるばかり。買い逃すのだけは勘弁、ってことで予約。

●遂にゲット!!!!!!!

【左】この日ゲットしたもの。RC166&フルオプション、必要な塗料各色、予約特典(!)のディスプレイケースと情景シート。
【右】こっちがRC166のフルキット。箱も心なしかゴージャスな気がします。

必要な塗料やら接着剤も合わせて購入し、早速編集部で中身を確認。
嬉しかったのは、予約特典。なんとディスプレイケースと情景シート、モデリングワックスなどが特典として用意されていました。
いずれも完成後に買おうと思っていたものだったので、これには大喜び。予約して良かった?。
では早速中身にいってみましょう?。

●これまでとはちょっと違う感じ。

おっ、カラーの冊子が付いてる! しかも実車の写真入り。

今までモデルの解説は、モノクロ説明書のメインカットの下に書かれていましたが、今回のRC166は違います。
わざわざカラーの冊子が用意されており、そこに実車のディティール写真と解説が掲載されていました。
これなら実車の写真資料がない人でも、ひとまず安心できます。これは親切だナ?。

●気になるオプションその1、メタルチェーンキット

【左】チェーンのコマです。チッチャイ!! 比較のため、ホッチキスの針を置いてみました。
【右】チェーンのコマに打ち込むシャフト。これまたチッコイ。紛失に注意。

●チェーンを組む時の冶具。

↑のコマを効率よく連結するための冶具も付属してます。コレがないと組めません。

●気になるオプションその2、スポークホイールキット

【左】キット同梱物。さすが、H型リムの質感はサイコーです!
【右】ハブなどがくっついているランナーに回転する皿が付いてます。実はコレ、スポークを組むときの冶具!
ここにハブとリムを置き、ろくろのように回しながらスポークを組むわけです。よく考えてあるなぁ。

●これまた超微細なパーツが!

【左】ハイ、またまたホッチキスの針との比較。これはスポークです。先端を見てください。ちゃんと潰してある!
【右】うわーー超チッコイ! コレ、ニップルです……。

●実車のスポークだって組んだことないのにっ!

オプションキットの説明書。実車と同じ組み方です。正直、うまくやれる気がしません……。

●その他オプションキット。

【左】また例のモノが写ってますが、コレはカウル用のビスです。鼻息だけで紛失してしまいそうです!!!
【右】こっちはクラッチ板と削り出しフォーク、ファンネルのキット。なんとフックレンチまで用意してあります。笑

いやー期待通りの内容とはいえ、いざ実物を手にすると、改めてオプションキットの精巧さに感動。
同時に、

「やっぱ僕には無理かもしれない……」

と、弱気になってきたのも事実。所詮、エセモデラーですから、ハイ。
とはいえ、久々に塗料も買い込んだことだし、年末年始はバイク整備と並行してプラモ三昧といきたいです。


★オマケ
●なんだかイイ香りのする接着剤。

接着剤というと、あの独特なプ???ンと鼻をつく香りを思い浮かべますよね?
でも、最近出たばかりのタミヤリモネンセメントは柑橘系の甘ーい香りがします。
接着剤でなぜに柑橘系なの?と思ったので、モトメンテナンスのマキシ工作室で御馴染み、
プロモデラーの板橋さんに聞いてみると、

「ウンウン、オレンジなどの柑橘系油にはね、プラスチックを侵す作用があるんだよねぇ?!
特にスチロールは溶けるんだよ。塗料やゴムを侵す場合もあるよ!」

と。この話でヒトネタ書けるほど柑橘系油にはイロイロとあるらしい。
オレンジオイルなどに含まれるリモネンという成分は面白いもののようです。

post : 2009年12月16日  comments (0)

先日の予告どおり、ホットロッドカスタムショーに行ってきました。(今さらですが)

いや??久々のショーでしたが、国産が熱かったデスねぇ??。
  
『オリジナル至上主義』の方が会場に行くと、泡を吹いて気絶するかもしれませんが……


多分、普段Zeppan BIKESを読んで頂いている読者のみなさんには、ホットロッドショーはあまり馴染みのないものだと思います。
まぁ、ネーミングから想像できるように、会場にはアメリカを中心としたホットロッドムーブメントを象徴する車両が数多く展示されていますからね。
しかーし! 中には僕らにも馴染みのある国産車をベースにしたカスタム車もあるんです。

せっかくなので、今回はそのあたりを少しご紹介しておきましょう。


●SRチョッパーが年々増えています。

【左】フレームはリジッドでFフォークはナロード、かなりハードなフレーム加工ですが、タンクを見ると、SRへのリスペクトが感じれられます。
【右】尖りまくりのコフィンタンクがスゲー。最近のSRチョッパーの世界では、「何が何でもリジッド!」ではなく、あえてリアサスを残すスタイルがトレンドのようです。

●SRチョッパーその2

【左】なんとディガースタイルのSRです。会場ではH-D含め、数台のディガーがいました。
【右】MT125みたいなリーディングアクスルのフォーク、ハンマーヘッド(レッドウイング)のRサスと、作った人はビンテオフ好き?

●SR以外での人気ベース車

【左】国産チョッパーの王道といえばXS650シリーズ。エンジンの美しさと存在感がその人気の理由です。
予想ですが、ベース車は価格の手頃さからXS650SPLが多いかと。XS1系はイイお値段ですから。
【右】最近は250TRも人気。これまたエンジンの造形が面白いですからね。
同型エンジンを積むエストレアは、リアサスマウントがゴツいフレーム形状のせいか人気薄。

●変わりダネ1

【左】スズキのK125です(笑)。まさかこの会場で見れるなんて……。製作途中っぽいので来年が楽しみです。
【右】ウォンウォン系の隼。『ニュースクール』とも呼ばれるスタイルですね。他ZX-10RやR1も目撃。

アメリカでは昔からハイスピードツアラーをベースにした、ギラギラ系のカスタムがありますよね。
もしかしたら、油冷GSX-RやZX-10にロンスイ&ミッチェルorPMのホイール、みたいな昔のスタイルも『オールドスクールカスタム』としてチヤホヤされる時代が来るカモ?しれません。
ソッチ系が好きな方は、今のうちに90年代のバンスやスターレーシング等のドラッグ系パーツを集めておきましょう!


●変わりダネ2

【左】製作途中のチョッパーの目の前にばら撒かれていたチャンバー図面。よく見ると『H1-R』とか『H1-RA』の文字。何だ!?
【右】って思ったら、こういうことでした。H1のチョッパー!!来年はフィニッシュ? しかしこんな図面があるとは……

二輪でも四輪でも、こういうショーでは製作途中の車両が展示される事も多いんです。
だから、毎回会場に足を運んでプロジェクトの進行具合を確かめるのも、楽しみ方の一つなんですねぇ?。
また、一旦フィニッシュした車両が、更にモデファイして展示されることもあるので、その辺も見逃せないポイントっス。

●横型はエライことになっとりマス……

【左】スポークの数を見よ! なんかローライダーみたいッスね。こういうホイール仕事はやっぱりアノ方でしょうか?
【右】スペイシーカブ?ダックス? いやーもう、何がなんだかよく分かんないけど、とにかく宇宙な感じ。

ここ数年盛り上がっているのが、4ミニカスタムです。前回のブログでも『縦型の二機がけ』をお見せしましたが、ホットロッドショーでも、4ミニの超絶カスタムが流行ってマス。他の車種に比べても『突き抜け感』『もう後には戻れない感』はピカイチ!

と、駆け足でしたが、Zeppan BIKES読者の皆さんに向けて、国産車オンリーでホットロッドショーを紹介してみました。
たまにはこういうイッちゃってる世界を見るのも楽しい、と僕は思います。
カスタムに行き詰っている方にもオススメ。違う世界を覗けば、新たなアイデアが沸いてくるかも知れないですしね。
次のショーは来年の12月ですが、興味のある方は足を運んでみてはいかが??。


まだまだお見せしていない写真も沢山ありますが、近々『国産&英国車』を中心に、フォトトピックスコーナーでご紹介しましょう?。


post : 2009年12月12日  comments (2)

先日の予告どおり、ホンダウェルカムプラザで開催された、『Honda WGP参戦50周年記念 タミヤ オートバイモデル展』に出かけてきました。




いやー皆さんお好きですねぇ?。写真はトークショー直前の様子ですが、開始前から多くの模型ファンがつめかけており、トークショー開催時には椅子が全て埋まってしまいました。

●ゲストはこのお二方。

【左】RC166に乗車経験のある名ライダー宮城光さん。かなりの模型好き!
【右】タミヤRC166のプロジェクトリーダー海野さん。この方もかなりのバイク好き!!!

ウェルカムプラザ青山のステージでこのお二方のトークショーが行われました。
小学生の頃、模型店のショーウィンドーに飾ってあった、タミヤのCB750・CB750ポリス・CB750Racingに釘付けだったという宮城さんと、80年代初頭から鈴鹿によくレースを見に行っていたという海野さん。

今回タミヤがRC166をモデル化するに至った経緯から、プラモデルができるまでの話、海野さんがこれまで携わったモデルについてなど、貴重なお話を聞くことが出来ました。


【左】海野さんがこれまで開発したモデルたち。バイクだけでなく、マクラーレンMPとか戦艦大和など超人気モデルも担当されたそう。ちなみに、左上のNXR750 パリダカは、先日の部品交換会でゲット。いつかブログでご紹介しましょう。
【右】CADデータを使ってRC166の開発秘話も聞けました。今回のRC166は、ホンダの協力で実車を取材できたそうですが、これまでの製品では、実車の取材が出来なかったものが多数あるとか。なのにあれだけ精巧なモデルができるなんて!

●期待は高まるばかり・・・

【左】今回のキットは、超リアルなオプションも魅力。しかし、オプションに頼らずともディティールには拘ってます。
これまで、プラスチックモデルのスポークホイールは、一体成型ゆえにスポークがどうしても太くなってしまい、
リアルさの面では『萎えポイント』でした。でも今回のモデルはスポーク径φ0.4! 素組みでもかなりイケル!
【右】これはオプションの金属チェーン。「マジすか!?」というほどの精緻さ。
もちろん予約済みですが、果たしてちゃんと組めるんだろうか……。

●オプションリムキット

【左】やっぱり魅了的なリムキット。アルミ削り出しのH型リムにセットされるスポークはステンレス。
先端は90度に曲げられ、先端は本物同様にちゃんと潰してあるらしい。マジでスゲーっす!!
【右】実際のオプションキット。中心にハブ、外側にリムを置いたらスポークを一本一本かけて組立てマス。つーか実車のスポークホイールの組立てと同じ工程です(笑)。

僕はフルオプションでキットを予約したので、もちろんこの組立てにもチャレンジします。
組立てに一体どれだけ時間がかかるんだろう・・・。
現場にいたタミヤの解説員の方によると、

「プロジェクトリーダーの海野さんでも一本当たり2時間くらいはかかる」

とのこと。ムムム。勝手を知った人でもそのくらいの時間がかかるのであれば、僕みたいな『下手の横好き&不器用』なエセモデラーの場合、間違いなくその倍はかかりそう。かなりの気合を入れて、一日がかりでチャレンジしなくちゃダメっぽいですな。

自分にとっては、かなり久々のプラモですが、ブランクを埋めるリハビリ?もなしにRC166に挑むのは少し不安です。
しかし、元々僕はプラモコレクターではないし、プラモは作ってナンボだと思ってますんで、やるしかありません。
この、明らかに『上級者向け』なRC166に挑み、完成させればエセモデラーから脱却できるかもしれないし。

●ディティールチェックも行いました。

【左】実車のエンジンです。色身の再現がポイントですねぇ。シリンダーとケースは、タミヤカラーでいうところのX-11(クロームシルバー)でよさげですが、マグの色はX-12(ゴールドリーフ)とXF-6(コッパー)とXF-56(メタリックグレイ)を混ぜるって感じでしょうか。
【右】SMITHSのレブカウンター。リングの色剥げを再現したい人は参考にして下さい。


【左】クラシックレーサーの萌えポイントであるデッカいレーシングドラム。ワイヤリングは銅線みたいな色をしてました。
【右】クリップオンハンドルの取り付け位置もチェック。所々、銅みたいな色のナットが使われています。

●RC166は21日まで飾ってありますよ。


『Honda WGP参戦50周年記念 タミヤ オートバイモデル展』は今月21日まで。実車も飾ってありますから、ディティールを調べるなら今がチャンス!これを逃すと、コレクションホールまで足を運ばなくてはいけませんからね。

来週の今頃は手元にキットが来て、ムフムフしていると思いますが、今月に入ってから日を追うごとにソワソワしてます。
晴れてブツを手にしたら、ここでちょろっとご紹介しますのでお楽しみに??。


post : 2009年12月08日  comments (0)

どもーZeppan BIKES『プラモ部』のツチヤマです。
先ほど速報をお届けした『タミヤRC166』の発売まで残り2週間を切りましたね。
(発売は12月19日予定ですぞ?)

全国の模型ファンは、首を長??くして待っているかと思いますが、僕もその一人。
実は先月の時点でちゃっかり予約しちゃったし、年末年始はプラモ三昧の予定っス。

さて、バイクに限らずリアルな模型を作る上で必要な物といえば、写真資料ですよね。
特に工場レーサーなどは、なかなか実車を拝む機会もないので、モデル製作前に資料集めに奔走する、
そんなモデラーさんも多いでしょう。

と、ここでタミヤRC166の発売を待つ模型ファンへ朗報が届きました。

12月12日(土)に、ホンダウェルカムプラザ青山で
『Honda WGP参戦50周年記念 タミヤ オートバイモデル展』
というイベントが開催されます。



これがどんな内容なのかと言うと、「1/12オートバイシリーズ Honda RC166 GPレーサー」の発売に合わせ、
ホンダコレクションホール所蔵のRC166が展示されるのであります!

●アノ化け物6気筒が目の前に……

コレはホンモノのRC166。もちろんタミヤのキットも並べて展示されるそうです。

まさにこれからタミヤRC166をゲットして、製作開始を目論むモデラーのためのイベント!!
キットを予約した皆さん、ここで写真を撮りまくって、モデル製作の貴重な資料にしようではありませんか!
もちろんワタクシもここぞとばかりに、RC166を観察し撮影しまくる予定であります!

だってね??いくら写真が載っている雑誌を買ったりしても、「写ってないアソコはどうなってるんだろう……」
って思う事も多いですし(フェアリングやシートカウルの裏側とか、ワイヤー類の取り回しとか)、
本物を見ると見ないのとでは、出来上がりにも差が出るってもんです。
(とか言いつつ、これまでそんな気合入れて作ったことはない……)
参加できる方は、悔いなきよう全方位から車体を撮り、足周りや外装品など細かなディティールも押さえましょう。


しかも、12日(土)は『動態保存テスト』でRC166にライドした経験を持つ、宮城光さんのトークショーも開催。
貴重な乗車インプレッションを通じて、RC166がどんなレーサーだったのかを把握しておくのも、
模型製作においては良き資料となるはず。

更に付け加えると、同日には、タミヤRC166の組立てをタミヤのスタッフさんが実演も開催!
なんといっても、今回のキットは、オプションパーツが凄すぎですからねぇ?。

●マジで驚愕のディティールっス。



スポークを一本一本張り込んでいくH型リムや、チェーンをひとコマずつ繋いでいくチェーンキット(マジかよ)、
一枚一枚重ねてゆくエッチングのクラッチ板など、リアルさを追求するとはいえ、僕のようなエセモデラーには
説明書だけで本当に組めるか不安なので、タミヤスタッフによる実演は願ってもいない催しです。

と、トークショーや実演などスペシャルな催しは12月12日(土)のみとなりますが、
この企画展示は12月21日(月)まで行われています。
RC166だけでなく、NSR250、NSR500、RC211VなどのGPマシンも展示予定とのことですから、
80年代以降のGPファンにも楽しめる内容です。
お時間のある人は、イヤイヤ、どんなに忙しくても時間を作ってウェルカムプラザへ行きましょう!



■開催概要■
◎Honda WGP参戦50周年記念 タミヤ オートバイモデル展
◎期間/2009年12月8日(火)?21日(月)    
◎会場/Honda ウエルカムプラザ青山   
東京都港区南青山2-1-1(Honda青山ビル1階)
◎開館時間/午前10時?午後6時
◎スペシャルトークショー/12月12日(土) 14:00?15:15
◎詳細はタミヤホームページにて 





post : 2009年12月06日  comments (0)

さて、今日は横浜みなとみらいのパシフィコ横浜でホットロッドカスタムショーが開催されますね。

僕は、確か2005年から行き始めたんですが、昨年は見事にテイスト・オブ・ツクバとカブってしまい行けませんでした……。
でも週明けに締め切り予定のモトメンテの原稿もなんとか終えたし、徹夜明けの変なハイテンションのまま会場へ行ってこようと思います!

「Zeppanブログでホットロッドショーなんて関係ないだろ!」という人もいるかもしれません。
まぁ確かにメインの車両は↓のような車両が多いです。

こういうイカしたチョッパーが沢山います。僕はこういうのも大好きです。単純にカッコイイですもん。

たしかにホットロッドカスタムショーは、主宰がMOONEYESだけあって、アメリカ的モーターライフを楽しむ車両が多いです。
それは間違いありません。

●でもね、実は意外と国産絶版系車両もいたりするんですよ、コレが!

左:最近とっても多くなったSRチョッパー。多分今年も沢山いるんでしょうなー。
右:エンジンと足回り見てください! CBX400Fですよ!! しかも今では高価な2型(笑)。

●エンジン二機がけマシンとか・・・

ホンダ縦型を二機がけ。こういうノリはホットロッドショーならでは。

●運がよければZも見れます

左:おーーコレはテイストで超有名なアノZ・・・
中:CBR1000RRのリア周りが入ったMKのZ・・・
右:もはや残っているのはエンジンと足回りのみの角Z

●更に運がいいとR750とかもいるかも

今回UPしてるのはずべて2007年の画像ですが、このときはR750もいてビックリ!

●一味変わったトランポ好きにもオススメ

左:筑波サーキットのトンネルで引っかかりそうな幅のデューリーとか・・・
右:懐かしいけどカッコイイキャラバンとか。


これらを見れば、最初は興味なかった人も行ってみたくなったのではないでしょうか??
まぁ今年のショーにどれだけの国産車がいるか分かりませんが、面白いのがいたらまたブログでUPしマース!

ではでは!

post : 2009年12月01日  comments (1)

すでに発売中の絶版バイクス5号の中に間違った記述がありました。

「Z1を買おう!」13ページにてドレミコレクション様の
エボリューションオーダーモデルをご紹介させていただいておりますが
本文内保証についての記述が誤っておりました。

(誤)
すべて3ヶ月3,000kmの保証期間が設定され

(正)
Dコースを中心としたフルレストア車に2ヶ月300kmの保証期間が設定され

となります。

関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをここにお詫びし、
訂正させていただきます。
申し訳ございませんでした。

post : 2009年11月20日  comments (2)

こんにちはー!! 
Zeppan BIKES ツチヤマです!

先ほど大日本印刷さんより、刷り上ったばかりのZeppan BIKES Vol.5が届きましたっ!

●ドーン!!!!!!!!


先日の予告通り、今回の特集は『ホンダCB』です。

表紙の絵柄は、スペンサーのFとCB750K0が並ぶ、とってもストレートな絵柄となっております。
中身もCB750Kシリーズに関するあんな話こんな話、CB-Fシリーズについて深?く&分かりやすく展開してます。
この一冊があれば、CB-K/Fの『歴史』と『今』がわかる内容なので、ぜひご購入下さい。

ほか、カワサキZ1バイヤーズガイド、大人気原2旅行、各種イベントレポート、Zメンテコーナーと
今回もコンテンツてんこ盛りでございます!

発売日は11/24(火)ですので、来週は本屋さんへ忘れずに足を運んでくださいね??。

●今回の付録はコレ!


前回の鮮やかなブルーのキーホルダーのVer.2.0として、今回は赤!
一般的なトップブリッジ上にキーシリンダーのあるバイクなら、ベルト部分をクルッとハンドルに巻いて
キーの脱落&紛失防止に役立ちます。


僕の手持ちの車両は、ガソリンタンクの下にキーシリンダーの付く車両ばかりですが、フレーム側に工夫をすれば
この便利なベルトが使用可能になりますので、是非お使い下さい!

post : 2009年11月19日  comments (5)

今号は対策型「赤」バージョンが付録です?




昨年の暮れ頃から異常!? なほど忙しくなりまして、
今年は「自分の時間」がほぼ皆無でした……
やっぱり、新雑誌を軌道に乗せるというのは、今のご時世、
想像していた以上に大変なお仕事でした。
そんな状況ながら、春/夏/秋の年3冊発行になった
「Zeppan BIKES」誌は、お蔭様で順調な滑り出しができました。
魅力的な新車が見つからない今のバイクシーンですから、絶版バイクたちが
注目されて当然と言えば当然。最近は僕個人的にも80年代のモデルが
大変大変気になって仕方ありません!!
そんなバイクファンが、本当に多くなっているみたいですね。

ということで、ホンダCB750Kシリーズ
& CB750F/900F/1100F&Rシリーズも
今年で生誕30周年&40周年なんですよね。
週明け発売のZB05では、そんなCBシリーズに注目した
巻頭特集を組んでいます。

それと今号では…………

続きを読む ...


雑誌紹介

絶版バイクス絶版バイクス

「モト・メンテナンス」誌スタッフが送る、新コンセプトの旧車専門誌。70〜90年代まで多くの愛好家を魅了した「あの時代のバイクたち」と末永く付き合うために不可欠な情報を掲載。大型空冷4発はもちろん単気筒、レーサーレプリカ、原付2種、トレールなど魅力の絶版車ワールドがここに。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ