BMWバイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2011年04月22日  comments (9)


BMW BIKES 54号の告知では、ヒミツ集会の開催日が4月22日、つまり本日開催となっておりました。
これが誤りであったことは先だってこちらでお伝えしましたが、本日、現地に3名の読者の方々がお集まりくださったそうです。
1名の方は編集部にお問い合わせの電話をくださり、誤りであった旨を伝えたうえで謝罪いたしましたが、残る2名の方には連絡がとれず…まったくもって申し訳ありませんでした。

ということで、あらためまして4月24日(日)13時より名阪国道・針テラスにてヒミツ集会をやります!

ジャンケン大会もやりますので、パニアケースには余裕をもっていらしてください。
編集部一同、現地にてお待ちしております。
よろしくお願いします。

そうそう、あとひとつ。
ヒミツ集会は、当日の朝6時の天気予報で、降水確率が60%以上の場合は中止といたします。
が、念のためスタッフは現地に向かっております。
雨天走行には十分お気をつけてください。

では!

post : 2011年04月13日  comments (5)

先日、国交省でバイク駐車場整備を担当している方と会いました。
その際に「バイク利用者が実際に、ここに欲しいと思っている場所を知りたい」という話を伺いました。
国交省もバイク駐車場が不足している現状は把握しているのですが、それをどういったかたちでどこに整備するのが良策なのかを探っているとのことです。

そこで「バイク駐車場、ここに欲しい!マップ」を作成しました。
Googleアカウントを持っていれば、誰でも地図を編集することができます。
アドレスは、http://bit.ly/hrYZ0b です。

普段、みなさんがバイクで出かけた際、「ここに駐車場があれば便利なのに」と感じた場所、2006年以前によく停めていた場所など、バイク駐車場を作って欲しい場所をポイントしてください。

いまのところ締切は設けていませんが、ある程度まとまったところで国交省に提出します。
みなさんのご協力をお願いします。

なお、この要望がすべて受け入れられるわけではないこともご了承ください。

post : 2011年04月06日  comments (0)

ちょっとブログ更新が滞っておりました。
で、久しぶりの更新なのですが、バイクブロスのニュース記事として、バイク駐車問題に関する記事をアップしました、というリンクの紹介でお茶を濁そうとしているワタクシであります。

バイク駐車場はなぜ増えないのか

BMW BIKES 54号をお買い求めくださったステキな人々には、「なーんだ、ただの転載かよ」といわれますが、ハイそのとおりです。
広く伝えたいことなので、ウェブサイトでも読めるようにしました。
というわけで、本誌を買っていないけど、駐車問題は気になってるんだという方、ぜひご一読ください。

post : 2011年03月22日  comments (5)

フォトジャーナリストであり、バイオディーゼル車の開発にも取り組んでいる山田周生さんからご連絡がありました。
山田さんは現在、岩手県内にて災害復旧支援活動に当たっております。
それによれば、「被災者の多くは着の身着のままで避難しているため、いまは靴が必要だ」とのこと。
そこで緊急に、ここで被災地へ送る物資としてスニーカーを募集します。
一度、当編集部宛てにお送りいただき、そこでまとめてから一括して現地へ発送します。

・被災地へ送るものは「スニーカー」(活動しやすいもの。革靴や長靴などは不可)
・サイズは男性用23〜27センチのもの
・子供用や女性用も募集
・新品、中古は問いません(他人様にあげるものであることを考慮してください
・必要数は4000以上とのことですが、今回は集められるだけ募集
・発送先は岩手県大船渡市
・今回の受付締切は3月24日(木)
・送り先
 〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-20-7 水道橋西口会館4階
  株式会社バイクブロス BMWバイクス編集部 宛
  TEL:03-6893-5632(編集部直通)
・編集部へ直接持ち込んでいただくのもOKです

緊急の事案につき、今回は明後日(3月24日木曜日)までの到着分を、当日もしくは翌日に現地へ発送します。
その後、必要がありましたら随時募集を行おうと考えています。
お手持ちの不要なスニーカーがありましたら、ぜひお送りください。
みなさんのご厚意に期待してます!
よろしくお願いします。

●山田周生さんブログ
http://space.rgr.jp/bio/

●山田周生さんのバイオディーゼルWEBサイト
http://biodieselchallenge.com/

post : 2011年03月20日  comments (1)


磯部孝夫さんは1983年からマン島TTを撮りはじめ、いまやかの地でも有名なカメラマン。
休刊中の「クラブマン」ではほぼ毎号特集記事をはじめとした写真の数々を撮り続け、いまはハーレーダビッドソン専門誌「HOT BIKE JAPAN」をメインに活躍しています。
本誌「BMW BIKES」でもその作品に触れることができます。

さて、その磯部カメラマンの長いキャリアにして初となる個展が、今日からはじまりました。
場所は東京・東上野にある「アートギャラリー/ナカムラアーツ」です。
期間は本日より5月8日まで、入場無料。
「マン島TT」と「デイトナバイクウィーク」という世界2大バイクイベントをテーマに、およそ10日間ほどで作品を入れ替えて展示されます。


続きを読む ...

post : 2011年01月29日  comments (x)

2月1日、来週火曜日から表参道バイク用パーキング・チケットが1時間100円へと料金が改正されます。
解決に向けた、ちょっとした一歩ですね。
まだまだバイク駐車問題のゴールはまだまだ見えませんが、バイク用駐車場が増えてきて利便性が上がっていることも事実です。
そこでバイク用駐車場を管理・運営している方々に「お礼」の意味を込めて、表参道バイク用パーキング・チケットを満車にするイベントを思いつきました。

それが『バイクパーキングありがとう&これからもよろしくミーティング』です。
これはBMW BIKESとは関係なく、ヤマシタがひとりのバイク乗りとして行うものなので、詳細は別サイトに記します。
表参道で多くのライダーに会えたらうれしいです。

hhttp://atnd.org/events/12687

post : 2011年01月20日  comments (3)

いやはや、勉強不足で恐縮です!
自工会が発行した『自治体の二輪車駐車場・事例集2011』なる資料を見ていたら、沖縄と千葉にもバイク用パーキング・チケットが導入・設置されていたことを、今さらながらに知りました。

他のサイトへのリンクですが、下記でご確認を。

◎沖縄・那覇のパーキング・チケット(沖縄県警へのリンク)
http://www.police.pref.okinawa.jp/kotsu/nirin/index.html

◎千葉市内のパーキング・チケット(asahi.comへのリンク)
http://mytown.asahi.com/areanews/chiba/TKY201012200472.html

この2ヶ所以外にもあるかもしれません。
また、「使ったことあるよ」という人はぜひご感想をコメントしてくださーい。
「あってよかった!」という意見はもちろん「使いにくい」とか「場所がわるい」などなど、改善してもらいたい点などについての言及もOKです。
どしどしコメントください。

あ、それから他誌へのリンクでちょっと気が引けますが、Mr.Bike編集長でもあった近藤健二さんが、バイクにまつわる社会問題や改善すべき道交法などをわかりやすく整理して記事にしてます。
◎WEB Mr.Bike「裏庭の徒然草」へのリンク
http://www.mr-bike.jp/feature/tsurezure/

興味のある方はぜひご一読くださいませ。



post : 2011年01月19日  comments (4)


このブログでも何度か採り上げてきた、表参道バイク用パーキングチケットは、平成23年2月1日より料金改定が行われ、1時間100円で利用できるようになります。
表参道にバイクで出かけよう!と思ったときにはぜひ思い出して、そして利用してみてください。
※ソースは警視庁
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/pking/nirin_p.htm


続きを読む ...

post : 2011年01月06日  comments (7)

先月24日に国土交通省が発表したところによれば、普通車は休日1000円、平日2000円を上限とする案が実現する見通しで、それは先だっての当ブログで紹介したとおりです。
で、気になるのは二輪車の通行料金ですが、この発表では明らかにされていません。
しかし昨年4月の発表(※国交省発表資料へのリンクがあります)では、軽自動車は平日も1000円とされていましたので、おそらくはそのようになるのではないかと思われます。

これは与党である民主党によれば、あくまで「無料化」を目指した暫定的な措置であるとのことで、地方部に限定して現在は通行料を無料とする社会実験が実施されています。
しかし、読売新聞が報じたところによれば、無料化のための予算確保がむずかしく、限定的なものとして終わりそうなことが馬淵国交相の発言として明らかにされてます。
※こちらの記事はいずれなくなると思われるので、キャプチャーしたJPEG画像をリンクしておきます→コチラ


続きを読む ...

post : 2010年12月28日  comments (2)

BMWジャパンより国土交通省にリコールの届出が2件ありました。
該当するオーナーは、最寄りのBMW正規ディーラーまでご連絡のうえ、対応してください。

●届出番号 外-1726
●届出日 2010/12/21
●不具合の部位(部品名) 懸架装置 (リレーレバー)
●基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
リアサスペンション下部のリレーレバー取り付け部の腐食対策が不適切なため、当該取り付け部のブッシュに腐食が生じ、リレーレバーの動きが悪くなることがある。そのため、当該レバーに負荷がかかり、最悪の場合、リレーレバーが折損し、走行安定性を損なうおそれがあります。
●改善措置の内容
全車両、リレーレバーを対策へ交換するとともに、保護クリップを追加いたします。
●該当車種
K1200S、K1200R、K1200R-S、K1200GT
K1300S、K1300R、K1300GT
これら該当車両の車台番号や製作期間については、下記のPDFファイルをご参照ください。
またBMWジャパンのWEBサイトからは車台番号を検索できますので、そちらもご利用ください。
BMWジャパン・リコールインフォメーション
http://www.bmw-motorrad.jp/service/Recall/index.html

外‐1726 リコール届出一覧表
外‐1726 改善箇所説明図


●届出番号 外-1725
●届出日 2010/12/21
●不具合の部位(部品名) 制動装置 (フロントブレーキディスク)
●基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
フロントブレーキディスクとホィール間のワッシャーにおいて、制動時の負荷により当該ワッシャーが変形することがある。そのため、そのまま使用を続けると、フロントブレーキディスクの固定ボルトが緩み、最悪の場合、制動力が低下するおそれがあります。
●改善措置の内容
全車両、当該ワッシャーを取り除くとともに、すべての固定ボルトを新品に交換する。また、スペーサーブッシュを厚いものに変更いたします。
●該当車種
F650GS
これら該当車両の車台番号や製作期間については、下記のPDFファイルをご参照ください。
またBMWジャパンのWEBサイトからは車台番号を検索できますので、そちらもご利用ください。
BMWジャパン・リコールインフォメーション
http://www.bmw-motorrad.jp/service/Recall/index.html

外‐1725 リコール届出一覧表
外‐1725 改善箇所説明図

※国土交通省に通知されるリコール、改善対策、サービスキャンペーンの該当車両は、ビー・エム・ダブリュー株式会社が輸入、販売した車輌に限られます
※リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります
※「リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲」には、対象とならない車輌や、既に対策修理が施されている車両も含まれているため、ユーザーの車両についての確認は、BMW JAPANウェブサイトの車台番号検索(http://www.bmw-motorrad.jp/service/Recall/index.html)をご利用ください
※対象車両の製造、輸入期間はご購入の時期とは一致しておりません


雑誌紹介

BMWバイクスBMW BIKES

テーマは「BMWバイクを慈しみつつも使い倒すビーマーのためのアシストマガジン」。世界で初めて創刊されたBMWバイク専門誌(季刊)です。ドイツ本国をはじめ、アメリカやヨーロッパ各国との強力な連携を持ち、BMWバイクに関する話題を、深く、広く、わかりやすく誌面展開しています。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ