BMWバイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2008年12月09日  comments (0)

皆さんこん○○は。ナガヤマ@BMWBIKESです。

いやあ締め切り明けのゆうべは久しぶりにゆっくり寝れました。
今日はバイク乗りにはおなじみの、松浪健太議員の集まりに参加させていただいて、
さきほどからクラブマンに頼まれている原稿を書き始めているところです。



ところで今朝起きると、ミュンヘンから残念なメールが届いていました。
BMW AG(モトラッドの親会社)のボードメンバーでもある
ドクター・ミュヒャエル・ガナールが重病で先週金曜の朝に亡くなられたと。
彼は、前の前の前のBMWモトラッドの社長を務め、
R259系、つまりニューボクサーの登場に尽力した方でした。
つまり彼なくしては
現在のBMWモトラッドの隆盛はなかったといっても過言ではありません。
とても聡明で、ライディングもお上手で、素晴しい方でした。
現在ファイナンス担当の重役でしたので、いろいろ心労も重なったのではないかと思います。
どうか、天国でやすらかにお眠りください。  合掌


ところで、上の写真はヨーロッパを走ったときの写真ですが、
クリックしていただくと、大きくなります。
とても綺麗な風景ですが、
道の先にある看板をよく見てください。

なんて書いてあります?

そう、命にツケは利かないんですよね。

皆さんも、ご自愛のほど。



じゃまた!
RideSafe!
ナガヤマ@BMWBIKES

post : 2008年12月08日  comments (10)

皆さんこん○○は! ナガヤマ@BMWBIKESです。

今日はジョン・レノンの命日ですね(NY時間だと正確には明日だったかな)。

さっき、次号の編集作業をやっとのことですべて終わったところです。
今頃、印刷所では一生懸命ガリ版印刷してます(ウソ)。
BMWBIKES第45号は、1週間後月曜日、15日に書店に並びます。
どうぞお買い求めださいね。

そんなこんなで
ちょっと更新サボってしまってすみませんでした。

で、昨年の今頃スペインでテストした、あのHP2SPORTが、
いよいよ日本でも、今日から正式受注をスタートさせました。



写真はアスカリ・サーキットでテストしたときの小生です。
アカスリはとても好きなサーキットで(アカスリも好きですが…失笑)、
HP2SPORTもホントーにいいバイクでした。ココロも顔もトロけました。


そして気になる価格も決定!





すばり


390万円!!


高いか安いか。
円高基調とか為替変動はあんまり関係なかったもしれませんけど、
個人的にはリーズナブルな価格だと思います。
専用ツインカムボクサーで、オプション搭載でこの値段で収まるなら。
しかも、排ガス騒音規制はなんなくパス。
本国と同様のフルパワー仕様での上陸が決まったようです。

このあたりは本当にBMWはきっちりやってくれていると思いますよ。





で、



僕も








買っちゃいました!!










いえいえ、
コイツの購入代金を得るための宝くじをです(笑)。




以下、公式発表の内容をお付けしておきましょう。

では今日はさすがに眠いので、このへんで。
んじゃまた!


RideSafe!
ナガヤマ@BMWBIKES

++++++++++++++++++++++++++++++++++
ビー・エム・ダブリュー株式会社は、BMW Motorradの高性能スポーツ・バイクBMW HP2 Sport(エイチ・ピー・ツー・スポーツ)を、本日12月8日(月)より、全国のBMW Motorrad正規ディーラーで予約注文の受付を開始。尚、お客様への納車は2009年5月以降を予定。
スポーツ・ライダーのため設計されたBMW HP2 Sportは、BMW Motorradのボクサー・シリーズの中で最もスポーティな最強かつ最軽量のモデル。モデル名の「HP」は「ハイ・パフォーマンス」、数字の「2」はBMW伝統の2気筒ボクサー・エンジンを意味する。
ハイ・パフォーマンスなBMW MotorradのHPシリーズにおいて、HP2 SportはHP2 EnduroとHP2 Megamotoに続く3番目のモデル。本格的なレース・マシンとしても通用するHP2 Sportは、従来であればレース・モデルにのみ使用される空力特性を最適化した自立式のカーボン・ファイバー強化プラスチック(CFP)製フェアリング、ギヤシフト・アシスト、MotoGPで採用されているものによく似たメーター・パネル、鍛造アルミ・ホイール、ラジアル・マウント式ブレーキ・キャリパー付きのレーシング・ブレーキなど、高度な機能を多数装備した限定生産車両だ。
予約されたお客様には、車台番号入りの特別記念品のプレゼントも用意される。
(#編集部注=それは○○さんの○○○らしいですが、まだヒミツです)

モデル:BMW HP2 Sport
エンジン:空冷/油冷4ストローク 2気筒DOHCエンジン 1,169cc
ミッション:6速
希望小売価格: 3,900,000円
? 上記のメーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格。

HP2 Sportの主な特徴
? 高回転が可能なボクサー・エンジン
? 量産車において世界初 : ギヤシフト・アシスト
? 妥協なき軽量化
? MotoGPでの技術が採用されたメーター・パネル
? 揺ぎ無い安全性



? 高回転が可能なボクサー・エンジン
HP2 Sportに搭載されるボクサー・エンジンは、シリンダー・ヘッドの構造が一新されたことで、さらに高い回転域に達することが出来るようになった。また、最適化された吸排気系、新開発の鍛造ピストン、さらに改良されたコネクティング・ロッドなど、さまざまな変更を受けたことにより、標準仕様のエンジンよりも高回転が可能になり、そしてレースには必須のパワーを絞り出す。
最高出力98kW(133ps)/8750rpm、最大トルクは115Nm/6000rpmを発生、エンジンの最高許容回転数は9500rpmに達する。

? 量産車において世界初 : ギヤシフト・アシスト
ハイレベルなレース特有の装備として、クロス・レシオの6段ギヤ・ボックス用のギヤシフト・アシストがある。このシステムは、アクセルを戻すことも、クラッチを操作することもなく、極めてすばやいギヤシフトを可能にするもの。これは量産車としては世界で初めて搭載されるテクノロジーである。

? 妥協なき軽量化
徹底的に軽量構造を追求。これらの中には、自立式フロント・フェアリングや自立式カーボン製リア・フレーム、重量を最適化した鍛造ホイールなどがあすが、それだけでなく、レースの世界から引き継がれた軽量オルタネーターなどの隠れた装備品もある。その結果、HP2 SportのDIN規格に準拠した重量は、208kgまで軽量化された。乾燥重量はわずか178kg。

? MotoGPでの技術が採用されたメーター・パネル
量産仕様車のメーター・パネルは、MotoGP生まれの技術を採用。ラップ・タイムやその他のレース関連データなど、重要な情報をライダーに提供するだけでなく、通常の表示も行う。

? 揺ぎ無い安全性
HP2 Sportの目指すスタイルは、レースでの魅力的な走りだけではない。HP2 Sport専用にチューニングされた高性能ABS(アンチロック・ブレーキング・システム)を装備し、安全においても一切の妥協をしていない。、このABSシステムは必要に応じ、サーキット走行時などオフにすることも可能だ。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

post : 2008年11月29日  comments (2)

皆さんこん○○は。ナガヤマ@BMWBIKESです。

次号の発売まで2週間を切り、編集作業も佳境に入ってしまい、
なかなか本ブログを更新できていません。すみません。

今日は、その次号のための企画の一環で、写真のR100に乗っていました。



よく見るとFCRキャブが付いているのが見えるこの車両の
完璧といってもいい、素晴しい仕上がりに、とても感銘を受けた日でした。

車両を仕上げたのは、知る人ぞ知るAMSフジイ。
実は2005年に、
先代の藤井吉守さんがくも膜下破裂でお亡くなりになられてしまいました。
でも、以前から一家を挙げて活動してきた同社は、
奥さんやお嬢さん、息子さんたちが故人のワザを見事に受け継いで
たゆまぬ働きで、今も素晴しいチューニングを見せてくれています。

バイクの仕上がりの見事さ。
それを受け継いだすばらしき家族。
そして、くも膜下破裂という奇しくも同じ病気に逢いながら
今も生かされている自らの境遇。
いろいろなことが去来して
今日はちょっとしみじみしながら
このバイクを走らせていました。

時代に翻弄されないBMWバイクの
ひとつの究極の形がそこにあります。
詳しいことは、
次号BMWBIKES45号でお伝えします。

ではまた。
RideSafe!
ナガヤマ@BMWBIKES



post : 2008年11月21日  comments (0)

皆さんこん○○は。ナガヤマ@BMWBIKESです。

このところ一段と冷え込みが厳しくなって、昨日は各地で雪に見舞われました。
関東地方は晴天が続いていて、凛とした空気がバイクで走っていても気持ちいいです。
明日からは連休ですが、皆さんはどこかに行かれるのですか?




私は終日、那須モータースポーツランドをグルグル回っています。
姉妹誌クラブマンの初の読者サーキットイベントが行なわれるためです。
久しぶりに先導走行をしたり、トークをしたりします。
走行受付は締め切っていますが、すぐに定員をオーバーしてしまい、
100名弱の皆さんが集まるとのこと。

ほかに、走行ナシのクラブマン読者ミーティング「ブーマン朝ミー」も11時から開催されます。
こちらは受付不要、見学無料、しかもステッカーがもらえるので、
ぜひツーリングがてら遊びに来てください。

ではまた!
RideSafe!
ナガヤマ@BMWBIKES

post : 2008年11月15日  comments (0)

皆さんこん○○は。ナガヤマ@BMWBIKESです。
水道橋の編集部界隈はあいにくの曇天で、近隣ではパラパラ降ってるところも。
でも、今夜のヒミツ集会は雨天決行です。
これからスタッフ一同、ハラさんに向かいます。
ウワサでは、電車で参加の方にはステキな飲み物もあるみたいですよ。

では後ほど。

RideSafe!
ナガヤマ@BMWBIKES
(ちなみに明日の東雲でのヒミツ集会も、降水確率がたとえ60%を超えてもスタッフはうろうろしてますよ。買い物もしたいし…笑)

post : 2008年11月14日  comments (0)

本誌恒例のイベント「ヒミツ集会」をご存知ですか?
ビーエム好きが集まるこのイベント、内容はと言うと…ヒミツです。
そんなヒミツ集会を今週末は2回開催します。

まずは、埼玉のディーラーM.S.C.HARAさんで
『夜のヒミツ集会』を開催
●開催日:11/15(土)
●開催場所:M.S.C.HARA
埼玉県越谷市越ヶ谷本町11-27
http://www.msc-hara.com/
●時間:19時スタート、21時まで(大体です)
※駐車場に限りがございます。バイクもしくは公共交通機関をなるべくご利用ください。

そして2本目は
『ヒミツ集会 東京湾岸編』
■開催日:11/16(日)
■開催場所:ライコランド東雲店
東京都江東区東雲2-7-12
http://www.ricoland.co.jp/
●時間:13時スタート、15時くらいに流れ解散
※当日朝6時のお台場ピンポイント天気予報(http://weathernews.jp/)で、降水確率60%以上の場合は中止とさせてください。
このサイトでもアナウンスをします。

それでは皆様、ふるってご参加ください。

参加者全員にオリジナルステッカープレゼント!

BMWBIKES編集部


post : 2008年11月14日  comments (0)

皆さんこん○○は。ナガヤマ@BMWBIKESです。

日本に戻ってきたら、出国前よりもかなり気温が下がってきているのにびっくり。
イタリアでテスト中に雨に降られ、それ以来風邪気味だったのですが
帰国していきなり悪化してしまいました。

今回のミラノ、そして先回のケルンと、ふたつの大きなショーで感じたのは、
ニューモデルの登場はもちろんですが、ツーリングギアやカスタムなど
今持っているバイクを楽しむための要素が、相変わらずかなり幅広く用意されている、ということでした。

ヨーロッパでの不景気風は相当深刻です。
それに負けずに、バイクに乗って気分転換しながら、いっぽうで仕事に精を出す、という人々がとても多いのが心強く思えました。

そして、ヨーロッパのバイクメーカーやタイヤメーカー、パーツメーカー、ショップなど、
たくさんの人々と直接コミュニケーションをとることで
バイクの永遠の魅力を再び痛感しています。
いろんな人と話せて、収穫はずいぶんありました。

日本でも不景気に負けずに、いやだからこそ
バイクを通じて元気を取り戻してくれる人が多くいてほしいです。
そのために、バイクにまつわるもろもろのことを、
誌面を通じてちゃんとお伝えしていかないと、とあらためて思います。

ネットを通じて情報が瞬時に手に入る今だからこそ
雑誌を通じて表現すべきことを、多くの人にお伝えしたい。
また雑誌の魅力を感じてもらえるように、しっかり自分の意見で本を造っていかないと、存在理由がなくなってしまう。
そんなことを、今回の出張で出合ったたくさんの人からのエネルギーをもらいながら、帰りの飛行機の中で考えていました。

明日の晩(19時から)、埼玉県越谷のBMWディーラー、MSC-HARAで恒例の「夜のヒミツ集会」を
また16日(日)13時からは東雲(東京湾岸お台場方面)のライコランドで「ヒミツ集会」を行ないます。

詳しくはこれからアップされるはずの(笑)イベント紹介ページをご覧ください。
ま、いつもの「内容はないよう(失笑)」のヒミツ集会なんでイベントの詳細なんかありませんけれど、
場所と時間は間違いありません。参加自由、もちろん無料、じゃんけん大会やBMWBIKESステッカーのお土産つきですんで
お時間があればぜひお越しください。
今回は、INTERMOTとEICMAのご報告ほかを行なう予定です。



先回のブログにコメントをいただきました。
++++++++++++++++++
rebeccaさん
11月11日(Tue)
08時50分
F800Rの実物を日本でも
見てみたいですね。
来年のモーターサイクルショーに
出して欲しいです。
++++++++++++++++++
rebeccaさんコメントありがとうございます。
そうですね、実車をごらんになるのが一番ですよね。
たぶん、ギリギリで東京MCショーに間に合うんじゃないかなと思いますよ。



えへへ。しょうもないことやってるナガヤマであります。
これは一部(でも世界的)に超有名な「フゥ?ン」(→これで検索してみて)ではなく、ブゥ?ンです。
WEB連動企画を準備中なんで、これもお楽しみに。


ではまた!
RideSafe!
ナガヤマ@BMWBIKES




post : 2008年11月10日  comments (1)

皆さんこん○○は。ナガヤマ@BMWBIKESです。

今日は、EICMA2008ミラノショーの最終日でした。
プレスデーの1日目と2日目をここで取材した後、
あちこち移動して今朝再びミラノに戻ってきました。
この間、かなりドタバタしてしまい、本ブログをなかなかアップできませんでした。ごめんなさい。

さてそのミラノショーのほうですが、
やはり想像通り、今年はINTERMOT2008の1ヵ月後の開催だったということが影響してか、
総観客数や出展者数は昨年より減少していました。

それでも、大勢の熱いイタリアーノがやってきて、もう熱気ムンムン。
プレスデーに取材しきれなかったものを追加取材した今日は
かなり疲れてしまいました。

今回、BMWはミラノショーにあわせF800Rを正式に発表しました。
これは以前からウワサされていたクリス・ファイファーの操るアップハンドル仕様のF800をモチーフにしたもので
とても扱いやすいバイクになっているようでした。

加えてBMWは、デザインスタディとして着せ替えや自分流のカスタムを前提に考えたプロポーザルを展示していました。

宿題だった純正ヘルメット、システム6の詳細ですが、これが日本にも入ってくるかどうかは、まだわかりませんでした。
引き続き取材を続けていこうと思っています。

一番気になったBMW用の用品はこれでした。電熱ヒーターつきの「前垂れ」です。これなら冬も快適そうです。



個人的に気になるのは愛車の1台でもあるK1200LT。今後もしばらくは継続するそうですが、熟成しきったこのモデルは買い換えたいところなんです。でも先立つナニが…



以前のクルーザーのコンセプトにも一脈通じるデザインスタディを展示。見る人で印象はいろいろのようでした。


F800Rはころあいのいいサイズと扱いやすいライポジで、長くいろいろに使えそうです。



今日はこれからミュンヘンに移動です。
深夜にはミュンヘンで爆睡できるでしょう(笑)。


うらりん2さん、前回のコメントありがとうございました。
+++++++++++++++
うらりん2さん
11月05日(Wed)
21時10分
永山さん、そんなコテコテな人いないって!
R42は、昔何度か走りました。
春の暖かい日に、またぐるっと紀伊半島一周してみたいです。
+++++++++++++++
そうですね、関西弁を書くのって難しいです。
42号は私もじっくり走ってみたい道です。





ではまた。
RideSafe!
ナガヤマ@BMWBIKES

post : 2008年11月02日  comments (1)

みなさんこん○○は! ナガヤマ@BMWBIKESです。

ご無沙汰してしまってごめんなさい。
昨日から和歌山の南部(みなべ)で行われたBMWモトラッド西日本ジャンボリーにお邪魔してました。



写真は、今朝の写真です。
関西のビーマーを中心に、遠くは鹿児島や静岡などから240台ものBMWバイクが集まって、
ビーエム談義に花を咲かせつつ、紀州の道を堪能したようです。
久しぶりにお会いする読者の方や
「おお、あんたがバイクスのナガヤマはんかい!」とお初にお目にかかる皆さんと
愉しく過ごすことができました。
参加の皆さん、どうか帰路も愉しく、またご無事でありますように。

僕と編集部ダンは、今みなべを後にして関空にいます。
これからそのままミラノに向かいます。
EICMA2008、ミラノショーに向かい、そのあといくつか寄り道をしてきます。
そのご報告は、BMWBIKES次号(12月15日発売ですよ)でレポートの予定。
どうぞお楽しみに。
ミラノショーの速報は、可能な範囲でこのブログでもお伝えしていきます。

ではまた!
RideSafe!
ナガヤマ@BMWBIKES

post : 2008年10月22日  comments (0)

みなさんこん○○は。ナガヤマ@BMWBIKESです。

今日はユカちゃんやツクエちゃんと一緒に寝ることなく、
久しぶりにフトンちゃんで寝れたおかげで爆睡しました(笑)。

17時に来客の予定があったので編集部へ。 秋田のMさんからこんな荷物が届いていました。



新米です。
これがとってもおいしいの。
Mさん、いつもありがとうございます。
JA全農あきたの「あきたこまち」、みんなで食べましょう(笑)。

日本食の中心にある米は、目立たない存在ですけど、必要不可欠な存在です。
あえて言わせてもらうなら、バイクライフの中心にあるBMWバイクも、そんな存在かもしれません。


話は変わりますが、
当ブログは不正書き込み防止のためにフィルターがかかっていまして
せっかくコメントをいただいても、リアルタイムに反映されないシステムをとっています。

なので、今日みたいに爆睡したり、 出張中など、すぐにフィルター認証取れない場合、
コメントをいただいた方もがっかりしてしまうことになりかねません。

そこでといってはなんですが、
コメントへのこちらからのお返しは、
そのスレッド内ではなく別の日に新規の投稿として引用しながら
ご返事をさせていただいたほうがいいかな、と思っています。


それでいいですよね?

皆さんのコメントに漏れなくご返事できるかどうかはお約束できないのですけれど
どうかそんな方向で、お付き合いください。



ではさっそく。


+++++++++++++++
ヒデブさん
10月22日(Wed) 13時09分
お疲れ様です。 k1300rカッコいいですね!
ところで、Rスポーツは1300は無いのですか?
+++++++++++++++
ヒデブさん、コメントありがとうございます。
たぶんRスポーツはディスコン(中止)になるような気がしています。
僕は個人的に好きだったんですが、
ある意味Rをベースに市販カウルなどを装着していっても
同様の方向に持っていける実情から、
BMWとしてはラインナップから整理しようとしているのではないかと。



+++++++++++++++
NoriBayさん
10月22日(Wed)
09時37分
私はPNDとして、zumo550 を利用しています。その利用目的は、優先項目順に並べると次のとおりです。
1)バイクでの走行軌跡を、パソコン上に記録(特に時刻とセットで記録される点が便利)。
2)走行中に携帯電話への着信があった際に、その発信相手名称をPND画面に表示。
3)走行中に現在地の確認。
オマケ)車載用マウントを使ってクルマに搭載すると、携帯電話のハンズフリー・ユニットとしても利用できる。

と言うことで、Personal Navigation Device ではありますが、ナビ(目的地への道案内)の機能には期待しておりません。
+++++++++++++++
NoriBayさん重ねてのコメントどうもです。
携帯着信の表示なんてできるんですか。
携帯もPCもNuviもブルートゥースが入っているんですが、
なんだか面倒でマニュアル読んでないしぜんぜん活用できてないです。
でもそういうのを使えたりすると、なんだ早くセッティングすればよかったなあ、なんて思うんですよナガヤマは(失笑)

+++++++++++++++
つまさきSさん
10月22日(Wed)
18時14分
先日Aバックスでトライウインのナビが2万円だったので衝動買いしました。まだ使いこなせてませんが夕方、夜は大変便利です。昼間は反射で視にくかったりで地図がメインです。音声の出力や防水、盗難とか考えるとアナログ人間なので地図が安心です。永山さんのガーミン社のナビなら海外もつかえるから便利そうですね。海外また走りたいです。今年こそつれって行って下さい。
+++++++++++++++
つまさきSさんどうも。
海外でも使えるんですが、アメリカ版は安いのにヨーロッパ版のデータはやたら高い(確か47000円ぐらい?)ので、活用してません。
レンタカーのときは、クルマについていたり、追加でハーツの場合などはネバーロストというガーミンベースのナビを使えるんですが…。
ちなみにBMW本社のテスト車両も、グレードによってはナビが着いていますが、あれはなかなかいい出来でした。
どこかに安いヨーロッパのデータ売ってませんかねえ。





雑誌紹介

BMWバイクスBMW BIKES

テーマは「BMWバイクを慈しみつつも使い倒すビーマーのためのアシストマガジン」。世界で初めて創刊されたBMWバイク専門誌(季刊)です。ドイツ本国をはじめ、アメリカやヨーロッパ各国との強力な連携を持ち、BMWバイクに関する話題を、深く、広く、わかりやすく誌面展開しています。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ