BMWバイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年02月02日  comments (2)

オートバイの話からはちょっとハズれるのですが、
BMWバイクス読者の皆さんなら、きっとヒットするハズのネタ。
テオ・ヤンセンという人を知っていますか?

彼はオランダのアーティストで、もともとは画家だったようですが、
「ストランドビースト」という不思議な作品で有名になりました。



手に持っているプラスチックチューブを組み合わせて…



こんなモノを作り上げます。
なんと、これ動きます。生物が歩いているようです。
そして、動力は「風」なんです。
下にリンクしています動画を見ていただければ一目瞭然なのですが、
まるで生物のように動く、機械のような…不思議な作品です。

他にもいくつかのタイプがあるのですが、どれも不思議な世界。
そんな彼の作品が、なんと日本で展示されているのです!
もちろん日本初となる展示で、実物があるだけでなく、作品に触れます!
そして、さらに驚愕の事実が!!

続きを読む ...

post : 2009年02月02日  comments (12)

BMWジャパンよりK1300に関する情報が届きました!
今入手したばかりのピチピチネタです。
なんと、早くも発売日価格が発表されましたよ。

続きを読む ...

post : 2009年02月02日  comments (4)

先日父親と酒を呑んでいる際、
今度のBMW BIKESのロケをどこでやろうか考えていると相談した。

父親は写真家で、
まあ、先人の知恵をちょっと借りようと思っただけなのだが、
これが長い話となってしまった。

父が持ち出してきたこの本。
これはCG(カーグラフィック)の表三広告を長年掲載していた
ポルシェ(ミツワ自動車)が、その広告を一冊に纏めたもの。

続きを読む ...

post : 2009年01月30日  comments (6)

みなさんこん○○は! ナガヤマ@BMWBIKESです。

姉妹誌でもあるドゥカティバイクスの第2号が昨日発売になり(皆さん買ってくださいね…笑)、
今は編集作業の佳境を抜けて、次のBMWバイクス第46号(3月14日発売)の準備に取り掛かっているところです。

その号で、詳しいことを掲載する予定ですが、
今日は、昨年秋に訪れたBMWの歴史部門、BMWクラシックのことをちょとだけご紹介しましょう。

ミュンヘン市街の北側に、72年に開催されたオリンピック会場に隣接するようにして、BMWの本社があります。
有名な4シリンダービルやミュージアムのある、おなじみの場所ですね。

この一帯には、BMW自動車部門の工場や、研究部門、開発部門など、さまざまな施設があり、さらに北側に向かって広がっています。
BMWクラシックも、この一画にあるのですが、
以前は、「BMWモービルトラディション」という事業部名でした。
それが一昨年の体制変更によって「BMWクラシック」に名称変更されているのです。

このセクションの入っている建物は、その昔、国軍、ナチス、そして戦後のNATO軍などに使用されてきた古い建物です。
これをBMWがリノベートして使用しています。
これまで5回ほど訪問していますが、年々拡充と整備が重ねられていて、単なるミュージアム運営などにとどまらない、とても重要な事業として運営されています。

今回は、日本に輸入されたBMWモトラッドの源流を辿るのに、資料を見せてもらいにお邪魔しました。



BMWクラシック1階には、膨大な資料を格納保管しているライブラリーがあります。
写真はその中でのひとコマ。
資料に見入っている私、
隣で経っているのは生き字引のフレッド・ヤコブスさん。
創設当初からのキュレーターさんです。

恐ろしいことに、彼は会うたびに、お前のレッドノーズのR100RSは元気か、3.0CSやM7はどうした?と聞いてきます。
凄く記憶力のいい人なんでしょう。で、私も、その後程度のいいR68は見つかったか、なんて聞き返します(笑)。
(誰か譲ってもいいよという方、ぜひご連絡ください)

写真を見ると、資料の手前には、我がBMWバイクスが置いてありますが、これも彼らがアーカイブしている資料です。
このときは、欠品がないか確認してほしいとのことだったのですが、見事に全号ありました。
ありがたいことです。

で、私が見いていた資料とはこれです。



1920年代の顧客台帳です。
BMWモトラッドの初号機は1923年のR32ですから、まさに創業以来の車両の販売先が、こうしてリストに残されているんですね。

これは凄いことです。

で、よく見ると、真ん中あたりの行にはJapanの文字が。
そう、日本に輸出されたR32の顧客名と、車両の仕様などが明記されているのです。
このリスト自体は今から10年ほど前に訪問したときに存在を知らされ、そのことは当時のBWBIKESにちょっとだけレポートしました。

なぜ今回あらためてこの資料を確認したかというと…。

続きを読む ...

post : 2009年01月30日  comments (2)

ミラノショー前夜、
ドゥカティのプレスカンファレンスが会場敷地内で行われた後、

ナガヤマ編集長は、
こんなものを食べに、


こんな場所に行きました。
世界中のディーラーマンが集まるコンベンションです。


「お前の席は無い(笑)」と事前通告されていた自分は、
一人地下鉄に揺られ宿へ。

続きを読む ...

post : 2009年01月28日  comments (6)

超超ワタクシゴトですが、
先日引越しをしました。
締め切り直後に、なんにも準備が出来ていない状態での引越し。
アルバムなどをダンボールに詰めながら、
デジカメ時代に突入して、最近こういうアルバムも作らなくなったなあ
とか考えて、感傷に浸ってしまいました。


その引越しの際、ここ数年使っていなかった
ノートPC」と「その電源」が見つかりました。

続きを読む ...

post : 2009年01月27日  comments (0)

昨年のミラノショーで発表された【F800R】

F800Sベースのスペシャルマシンで、
クリスファイファーが何度もスタントライド世界一になっていますから、
いずれネイキッドバージョンのF800が出るとはウスウス考えていました。

しかし実際に現車を目の前にすると、

想像していた以上にワクワクし、
早く乗ってみたいと思ってしまうのがビーエムっ子。

そんなF800Rの画像がBMW Motorradインターナショナルのウェブサイトで見ることができ、
しかも、グルグル回転させることができてしまうんです。


そんなF800Rは↑コレ。

続きを読む ...

post : 2009年01月26日  comments (4)

皆さんこん○○は! ナガヤマ@BMWBIKESです。

この土日は久しぶりに休日でした。
土曜は初雪(といってもパラパラでしたが)で寒かったですが
昨日は晴れて穏やかな天気に。

で、溜まっていたガレージ仕事の前に、
屋根に上って、撤収していなかったクリスマスイルミネーションの片付けを。
その次は、クルマ達に冬タイヤを。

その後は、風呂の残り湯に洗剤をぶっ掛けて
ラリースーツ2着を突っ込んでジャブジャブ。



あちこちで着けてきた泥を流しました。
とはいっても、完全には落ちてません(笑)。
やっぱり長い間ほったらかしの汚れってのを
ちゃんと落とすのは大変ですね。

汚れたらすぐに洗うのが一番なんでしょうけれど、
なんだか思い出まで落ちちゃいそうで…。

我が家の梅も蕾がほぐれかけています。
早く来い、春!


じゃ、また!
RideSafe!
ナガヤマ@BMWBIKES

post : 2009年01月23日  comments (2)

BMWバイクス誌でもお馴染みの、
松井勉さんで?す。

アニキ的な存在として慕っているベンさん(本当はツトムさんですが、親しみを込めてこの呼び方)。
BB45号では、GSトロフィーのページをお願いしました。
パリダカバハ1000参戦などなど、
その経歴戦歴を数え上げたらキリがありません。
それよりも、いくつになっても、どんな状況でも、
爽やかな笑顔を絶やさないその姿勢が素晴らしい人。
はっきり言って“悔しい”です(爆)。


そのベンさんが編集部に来てくれました。

アケオメ?で?す?。
コトヨロっす?。


で、何をしにきたかと言うと、

続きを読む ...

post : 2009年01月21日  comments (4)

いつもBMW BIKES をご愛読くださいまして、ありがとうございます。
本誌45号に掲載しました「STUDY トラブル対策」記事におけるリコールに関する記述のなかで、説明不足の点がございましたので、ここで補足させていただきます。

続きを読む ...


雑誌紹介

BMWバイクスBMW BIKES

テーマは「BMWバイクを慈しみつつも使い倒すビーマーのためのアシストマガジン」。世界で初めて創刊されたBMWバイク専門誌(季刊)です。ドイツ本国をはじめ、アメリカやヨーロッパ各国との強力な連携を持ち、BMWバイクに関する話題を、深く、広く、わかりやすく誌面展開しています。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ