BMWバイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年03月02日  comments (1)

ついにSBK(スーパーバイク世界選手権)が開幕しました。
今年のSBKは見所がもりだくさん。
BMWが新開発のマシン“S1000RR”で参戦したり、
昨年のチャンピオンであるトロイ・ベイリスの後継としてドゥカティに入ったのは、
以前もドカに在籍し人気も実力も非常に高い芳賀選手だということや、
BMWと同じく今年から参戦となるアプリリアには、
昨年までMotoGPで戦っていた中野選手が乗ったりなどなど、
それはそれは多くのトピックスがあるのです。

そして昨日、3月1日にオーストラリアのフィリップアイランドサーキットで
初戦が行われました。
BMWのトロイ・コルサー選手の母国とあって、
現地でも注目が高かったようです。

続きを読む ...

post : 2009年02月27日  comments (2)

皆さんこん○○は! ナガヤマ@BMWBIKES佳境、です(笑)。


いつも思うのですが、2月は日数が少ないので慌しいですね。
でもって、3月発売号の編集締め切りはそんな2月の末をはさむものですから、
普段の月の感覚でやっていると、
「え゛?、もう締め切りぢゃーん(泣)」
となるのが常。
今もまさにそんな状況でして、
正直、
「ブログ書くなら原稿書け?(怒)」
と印刷所さんやらデザイナーさんやら
に言われてしまうタイミングでして…。

ま、小生のリフレッシュ休暇がブログ、ということにしておきましょう。



で、ちょっとだけ次号のネタばらしな写真です。




前号に続き、モデル&バリバリライダーのTOMOちゃんが表紙登場!
前号以来、読者の皆さんの間で、彼女はいったい何者なんだあ的波紋を呼んでいるようです。

そこらへんは次号にばっちり出ていますので楽しみにしててください。

で、小生が写真に撮りたかったのは、
キーボード。(あと、敢えて言えば手に入れたばかりのレイバン)

何を言いたいのかというと、そう、
察しのいい方はタイトルでご想像のとおり、
「コントロールキー+Z」のことです(あ、マックの方はリンゴZですね)。

つまり
「元に戻す」こと。

これができるのって、
実はすんごいことだなあ、って思うんです。

原稿書いてると、
昔との大きな違いはここらへんです。

私が20代の頃は、
原稿用紙に、カリグラフィーのペンで書いていました。
もっと前は、鉛筆で書いていましたが、
書いては消しゴムで消し…を繰り返すのに嫌気が差して
消せないインクで書くことにしたのでした。
そうすることで、原稿用紙のヒト枡ヒト枡を大事にしよう、って思ったのでした。

ところがバブルの頃からいっきにワープロが普及して
その後は今にいたるネット&PCの世界。

原稿を書くのも本当に楽になりました。
だってコピーもペーストもワンタッチ、消したやつも復活できれば、配置換えもカンタンです。

そんなこともあって、昔の、原稿用紙に向かっているときと、
今の、キーボードに向かっているときとでは、
ちょっとスタンスの違いとういうか、緊張感が違うような気が、自分でしています。



ホントはそれじゃいけないんでしょうけれど。



なので正直、ブログはためらいなく書いています。
あとで修正することだってカンタンだからという事情も効いているかもしれません。

でも、本のための原稿は、
今でも、刷りなおしがまずできないので、
やっぱり大事に書きたいし、
推敲と、校正にも手間を惜しんではいけない、と思っています。


けれど…。


世の中ドッグイヤー。
そこで生き延びるために、
いつしかヒト枡ヒト枡の重みが軽くなってきてしまっているようで。

これは、いつも自戒しているところなんです。


そしてコントロールZ。
たまに、
原稿を書いていて、終盤の仕上がりになって一旦保存しておいてから、
コントロールZを何遍も押すことがあります。

すると、ずいぶん前のセンテンスで消してしまっていた言葉などが復活してきます。
それをずうっとやってると、
そのドキュメントは白紙にすらなってしまいます。

つまり、一旦保存するに至った原稿を書くのに費やした時間をゼロにもできるし、
瞬時に後戻りしながら過程を俯瞰することもできるのです。



これはまさに、タイムマシーンじゃないでしょうか。

数10分前、もしかすると数時間、数日前の自分の気持ちや考えが
そのままリアルに蘇ってくるんです。

忘却の彼方にあるようなことがいきなり出てくるので、
まるで別の自分と出会うようで、おもわずニヤニヤしてしまうんですねえ。

で、そんな私を見て、
編集部の仲間はみんな「ゾ?っ」としてるんだろうな、きっと。


でなことで、リフレッシュ休暇終わり。


じゃ、また!
RideSafe!
ナガヤマ@BMWBIKES(目は順調ですよ)

post : 2009年02月26日  comments (0)

最近はニューモデルの試乗会などでも、
レーシックってどうなの?」とか「イメチェン?」など
ナガヤマ編集長の“”が話題になっているようですが、

この前の編集長のブログを見てみると、
シェードをプレゼントしなかった僕が,
ケチみたいな書かれ方をされているじゃないですか。
ま、あげなかったのは事実ですが…(笑)。

続きを読む ...

post : 2009年02月25日  comments (2)

皆さんこん○○は! ナガヤマ@BMWBIKESです。

バイクの話題から離れてすみませんが、
さきほど以下のようなニュースが飛び込んできました。

++++++++++++
「近視矯正手術で67人が感染症」
東京都中央区保健所は25日、銀座眼科(同区)で、レーザー光線を使って近視を矯正するレーシック手術を受けた患者639人のうち67人が、感染性角膜炎などの健康被害を訴えたと発表した。67人のうち1人が医療機関に入院しているという。同保健所では、銀座眼科の衛生管理が不徹底だったことが原因とみて詳しいことを調べている。
同保健所によると、患者67人が感染症を発症したのは、平成20年10月?21年2月。同保健所は、銀座眼科が不十分な滅菌処理を行った医療器具などで手術を行ったため、患者の角膜が炎症を起こした可能性が高いとみている。
これまで同区は、健康被害が多いとの情報を受けて2度、銀座眼科に立ち入り検査をしてきた。
銀座眼科は取材に対し「詳しいことを調べており、コメントは控えたい」と話している。(2月25日14時17分配信 産経新聞)
++++++++++++

いやあ怖いです。
幸い、小生の受けたクリニックとは違うのですが
タイミングがタイミングだし、
かなり近くの眼科だけに
ちょっと心配な感じです。

バイク選びも診療所選びも、よく吟味して、ということなんでしょうね。

ではまた。
RideSafe!
ナガヤマ@BMWBIKES

post : 2009年02月25日  comments (2)

皆さんこん○○は! ナガヤマ@BMWBIKESです。

おかげさまでレーシック術後の経過は順調です。
事前に言われていた、術後一週間程度はドライアイ気味であること、
夜に街灯や月などがハレーション気味に見えることなどが
やっぱり症状として出ていますが、
もらった点眼楽を差していればこれもじきに収まるそうです。



先日のブログでもちょっと触れましたが
これが100円ショップで買った老眼鏡(奥)です。
普段、あんまり100円ショップに行かないのですが
ガレージで作業をしていると、近くのボルトなんかが見えなくて
サイズはおろか、手を伸ばしてもそこに目当てのパーツがないというありさま。
これでは作業にならないので、急遽ちかくのスーパーの100円ショップで買ってきました。

店の一画に、「老眼鏡コーナー」なんてのがちゃんとあって、
いくつかのかたちのフレームごとに、
ちゃんと度数も何種類も分けられて在庫していました。
こんなのがホントに100円で買えるなんて…とちょっとびっくり。
製造原価や流通コストなんかをおもわず考えちゃいました。

手前のは、となりのモトメンテナンス編集部のマルちゃんが買った、
やっぱり100円ショップのサングラス。
レイバン風の定番デザイン。これも100円だなんて。

そういえば、レーシックのメリットのひとつに、
これでいろいろなサングランスを選べる、というのがあります。
今までは、眼鏡にクリップオンで使えるものか、
度付きサングラスかしか選択できませんでした。

そうなると値段がかさむし、種類も限られます。
それがレーシックのおかげでいっきに解決。

そこで編集部にいた仲間たちに
「ねえ、いらないサングラスなあい?」
と声をかけてみると…。




これは編集部ダンの持っていたレイバン。
「いや、いらないわけじゃないっスからね」
というのを、なんとかもらっちゃおうと脅かしている小生であります(笑)。



これは隣のモトメンテナンス土山くんのやつ。
「おお、マリックだあ」
と周囲の声。
ほめられてんのか茶化されているのか(笑)。
アーネットというイタリア製。
これはホントにもらっちゃいました。
よ、気前イイねツチヤマくん!


ちなみにホントにサングラスを数個購入、
遠近両用の老眼鏡も注文しています。
これは出来上がってきたら紹介しましょう。



というわけで、
レーシック受けたら眼鏡も増えるという、
ぜんぜん整理整頓が進んでいない今日この頃なんであります。


ではまた!
RideSafe!
ナガヤマ@BMWBIKES

post : 2009年02月24日  comments (2)

兄弟誌である月刊クラブマンのメイン編集スタッフから離れて早5ヶ月。
いまでは奥付(編集後記があるページです)には“Special Correspondent
と記載されているのですが、
それはどういったものかと言いますと、実は便利屋(笑)。

続きを読む ...

post : 2009年02月23日  comments (5)

皆さんこん○○は! ナガヤマ@BMWBIKESです。

先週告白したレーシックですが、
無事に手術を終えました。

思い立って適正検査を受けたのが18日で
手術は20日と、電光石火のようにコトはすすみました。

手術のほうもあっけなく、
まるで「2001年宇宙の旅」の映像を20秒ぐらい見ている間に
角膜をはがし、中に(たぶん)レーザープリンタな感じで肉盛りをして
再び角膜をフタして点眼薬をビシャビシャ。
そんな感じであっという間に手術も終了です。

有楽町の超有名なそのクリニックは、何百人というお客さんでにぎわっていて
年間10数万人も手術を受けているんだそうです。
むかしむかし、手塚治虫の漫画に見たような光景でした。

紹介状とやらでキャッシュバックされるシステムがあり、
紹介者とそれを折半できれば2万円、また紹介者割引で1.5万円、
インターネット申し込みで1万円など、DELLコンピュータなみに割引制度があるようで、
また生命保険の手術給付金などもうまく活用できれば、正味数万円の出費で足りてしまうという事実にも驚かされました。

小生の場合、17万ナニガシの金額をカードで払いました。
後日、紹介チケットをくれた方からキャッシュバックぶんの半分をもらって
あわよくば生命保険の給付も受けられればいいなあと思っていますけれど、
検討されているかたも、よくそのあたりを調べたほうがいいかもしれません。

肝心の目の状態についてですが
やっぱり、かなり新鮮で、生まれ変わったような快感です。

眼鏡なしで見上げる空の星、
起きてそのまま天井にピントがあっていること、
朝もやの風景、風の感触、
ラーメン食べても曇らないこと、
風呂に浸かりながら窓から見る風景…

なにもかもがはじめての、あるいは遠い少年時代以来の経験です。

何より、裸眼でバイクやクルマを運転するというのは
31年前、コンタクトをたった1日で捨ててしまった小生にとって
正真正銘はじめてのこと。

なんだかこれからの人生にわくわくしてきました。
それだけでも、意味は大きかったと思っています。

数少ない問題は、
進行中の老眼。
今までは、眼鏡を外せば至近距離で本やパソコンのモニターを見れたのが
視力回復したおかげで、普通の老眼になってしまって
手のひらの皺や指紋がまるで見えなくなってしまったこと。

急遽100円ショップで老眼鏡を買ってきてしまいました。

そんなこんなでレイシックにまつわるドラマはここしばらく続きそうですが
いよいよ今週からは次号編集の締め切りに突入。
おいおい、そんなんでちゃんと本を作れるのか?と少々心配中です(笑)。

また報告します。


ではまた!
RideSafe!
ナガヤマ@BMWBIKES


拙宅ガレージの片側には、青いのばっかりこんなふうに入っています。実は、どれもが整理整頓の対象だったりもするのですが、はたしてどうなることやら…

post : 2009年02月21日  comments (0)

今日は風が強く体感温度は低めでしたが、
バツグンの天気でしたね。
皆さんはどこかへ走りに行かれましたでしょうか?
自分はディーラーさんの車両の取材で、
会社からちょっとだけ北上。


久しぶりに未舗装路を走ったのですが、
はなから路面グリップを疑って走るものですので、
この寒い季節はアスファルトよりも楽しめるかも。

続きを読む ...

post : 2009年02月19日  comments (4)

発売まで10日を切ったニューK1300シリーズ。
本日(と明日)プレス向け試乗会が行わせたので、
BMW BIKES+クラブマンの面々で取材してきました。

続きを読む ...

post : 2009年02月18日  comments (5)

皆さんこん○○は! ナガヤマ@BMWBIKESです。

いよいよ次号の編集作業も佳境を迎えつつある今日この頃。
そんなさなかの出勤前、久しぶりにアカハナの車体カバーをはぐってみました。



一応、きれいです(笑)。
トリクル充電器で、バッテリーはOK。
オイルもちゃんと入っています(知ってる人だけ失笑)。
でも半端にエンジンを深い眠りから目覚めさせても
あまりいいことはないので、そのままホコリをハラって、
しばし眺めるだけにしました。

今年は、ちゃんとアカハナに乗ってやろう、と年頭に決めました。
でも、まだそれは実行に移せていません。

まずは様子見と、
本人への
「一緒に走ってもらえませんか」
というお伺いをたてる意味で
出勤前に思いたって剥いでみたのでした。

何しろ、ここ数年の個人的な課題は
「モノとカラダとココロの整理整頓」。

でも、そんなテーマとはウラハラに
なかなか整理できていません。

やりたいこと、やらなければならないことはたくさんあります。

モノを整理しようと思っても
どんどん我楽苦多が増えてしまって。
これはホントに、整理しないと、溢れてしまいます。

カラダの整理とか言いながら
順調にメタボ化しているし。
足腰は衰え、ドクターの指示も守れてないし。

ココロの整理整頓は一番やっかい。
縁遠くなったアイツ、元気かなあなんて思いながら
便りも出さずにサボっている毎日だったり。

忙しいというのを言い訳に
ずいぶんサボってきてしまったなあ。

そんなこんなも、
少しずつ、見直してゆくタイミングが
今、という時代なのかもしれない…な?んて思ったりしているんです。


それで、突然ですが、
まずは近々にレーシック施術を受けることにしました。

30年以上付き合ってきた眼鏡とオサラバしたかったから、というよりは
なにか、生活のリズムを変えるいいきっかけにしたい、というのが
本心です。

このハナシの続きはまた後日に。


んじゃまた!
RideSafe!
ナガヤマ@BMWBIKES


雑誌紹介

BMWバイクスBMW BIKES

テーマは「BMWバイクを慈しみつつも使い倒すビーマーのためのアシストマガジン」。世界で初めて創刊されたBMWバイク専門誌(季刊)です。ドイツ本国をはじめ、アメリカやヨーロッパ各国との強力な連携を持ち、BMWバイクに関する話題を、深く、広く、わかりやすく誌面展開しています。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ