BMWバイクス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年03月12日  comments (4)

BMWBIKES46号は、
本日無事に編集部へと届きました。

いや?、ホッと胸をなでおろす瞬間ですよ、ホントに。

笑いあり、涙ありの、1冊になっていますので、
3ヶ月間、ゆっくりと楽しんでください。

続きを読む ...

post : 2009年03月10日  comments (6)

この時期は、3ヶ月位乗れないなんて当たり前のエリアもありますので、
あまり大きな声では言えないのですが、
前号(BB45号)の締め切り最中に、
デザイナー事務所との往復の際に破断したリアブレーキホースを修理し引き上げてきました。


続きを読む ...

post : 2009年03月07日  comments (3)

つい、こんなところまで飛んできました(笑)。



いや?今回も終わらないかと思いましたよ。
多分同業の方が見ていたら、
えっ、まだ大丈夫なの?
と思うほど、ギリギリのタイミング。
同じフロアのスタッフも影でそう思っているでしょう(苦笑)。

続きを読む ...

post : 2009年03月06日  comments (1)

皆さんこん○○は! ナガヤマ@ヘロヘロです。

BMWBIKES46号もやっと脱稿して
ただいま校正の段階です。



ウチのコマネチ、ぢゃなくてコマダンのところには
大日本○刷の担当さま=シャケさんから
早く?!と何遍も緊急コール。
そのたびにダンは蕎麦屋の出前をやってます。

あと一息…。
でも青息吐息でもあります。

ああ、神様仏様大日本様?。
なんとか発売日に間に合わせてくださいませ?!

月曜にはリカバーしますんで、
今週はこんなところで。

んじゃ!
RideSafe!
ナガヤマ@BMWBIKES

post : 2009年03月05日  comments (6)

現在ド佳境中です。
クラブマンの撮影を邪魔する
ちょっと壊れた人の写真でもご覧いただき、
苦笑いしながら、
今しばらくお待ちください。



zzzzzzzzzzzzzz

続きを読む ...

post : 2009年03月02日  comments (2)

皆さんこん○○は! ナガヤマ@BMWBIIKESです。

いやあ、もう3月ですね。

何かと世の中を騒がせているレーシック。
そんな折も折に手術を受けた当方もちょっと驚くような事件でした。

確かに、ひところよりも手術料が安くなって、身近になったとは思っていましたが
価格競争が激しくなり、そのような状況下で「G眼科」のようなケースの医療事故が起こってしまったことは
残念でなりません。

幸い、いろいろ調べて某クリニックで手術した私はホント幸運だったのかもしれません。
それに、レーシックの術後の経過もすこぶるよく
数日に迫ったBMWBIKES次号のデッドラインに向けガシガシまい進中(のつもり)であります。

そんなさなかの今日は、連日の雨模様の間隙をついて近場に撮影に繰り出しました。



写真はそのときの画像。
話題の新・東京卸売市場予定地のあたりから見た、東京の街越しの夕焼けです。
こんなきれいな風景を、メガネなしに眺めることそのものも
とても新鮮なことで、
レイシックをやってよかったなあ、と思っています。

嬉しいことに
自分が契約している保険のほうを確認したところ
2社の保険が使えるそうで、合計すると手術代の2倍ほどの給付金が得られることも判明。
これもラッキーでありました。

眼科専門医がいて、事前の検査をちゃんと行い、清潔で、手術翌日、1週間後、1カ月後など節目で必ず検診を行うようなしっかりした施設でなら、レイシックはありなのではないでしょうか。何しろ、新鮮な経験ばかりで、ホント、生まれ変わったような気分。

いわゆる近視眼的な思考から、もう少し視野が広がったような気がして
こんな時代背景だからこそ、
なんだかいいきっかけになりそうです。

ちなみに、この夕焼けの場所へは、
新着のK1300Sと、30年前のR90Sとで出かけましたよ。
2台のS、まったく違うようで、実は…
なんてハナシも、次号で展開いたしますのでお楽しみに。


んじゃ、締め切り間際の原稿書きま?す(笑)。

RideSafe!
ナガヤマ@BMWBIKES

post : 2009年03月02日  comments (1)

ついにSBK(スーパーバイク世界選手権)が開幕しました。
今年のSBKは見所がもりだくさん。
BMWが新開発のマシン“S1000RR”で参戦したり、
昨年のチャンピオンであるトロイ・ベイリスの後継としてドゥカティに入ったのは、
以前もドカに在籍し人気も実力も非常に高い芳賀選手だということや、
BMWと同じく今年から参戦となるアプリリアには、
昨年までMotoGPで戦っていた中野選手が乗ったりなどなど、
それはそれは多くのトピックスがあるのです。

そして昨日、3月1日にオーストラリアのフィリップアイランドサーキットで
初戦が行われました。
BMWのトロイ・コルサー選手の母国とあって、
現地でも注目が高かったようです。

続きを読む ...

post : 2009年02月27日  comments (2)

皆さんこん○○は! ナガヤマ@BMWBIKES佳境、です(笑)。


いつも思うのですが、2月は日数が少ないので慌しいですね。
でもって、3月発売号の編集締め切りはそんな2月の末をはさむものですから、
普段の月の感覚でやっていると、
「え゛?、もう締め切りぢゃーん(泣)」
となるのが常。
今もまさにそんな状況でして、
正直、
「ブログ書くなら原稿書け?(怒)」
と印刷所さんやらデザイナーさんやら
に言われてしまうタイミングでして…。

ま、小生のリフレッシュ休暇がブログ、ということにしておきましょう。



で、ちょっとだけ次号のネタばらしな写真です。




前号に続き、モデル&バリバリライダーのTOMOちゃんが表紙登場!
前号以来、読者の皆さんの間で、彼女はいったい何者なんだあ的波紋を呼んでいるようです。

そこらへんは次号にばっちり出ていますので楽しみにしててください。

で、小生が写真に撮りたかったのは、
キーボード。(あと、敢えて言えば手に入れたばかりのレイバン)

何を言いたいのかというと、そう、
察しのいい方はタイトルでご想像のとおり、
「コントロールキー+Z」のことです(あ、マックの方はリンゴZですね)。

つまり
「元に戻す」こと。

これができるのって、
実はすんごいことだなあ、って思うんです。

原稿書いてると、
昔との大きな違いはここらへんです。

私が20代の頃は、
原稿用紙に、カリグラフィーのペンで書いていました。
もっと前は、鉛筆で書いていましたが、
書いては消しゴムで消し…を繰り返すのに嫌気が差して
消せないインクで書くことにしたのでした。
そうすることで、原稿用紙のヒト枡ヒト枡を大事にしよう、って思ったのでした。

ところがバブルの頃からいっきにワープロが普及して
その後は今にいたるネット&PCの世界。

原稿を書くのも本当に楽になりました。
だってコピーもペーストもワンタッチ、消したやつも復活できれば、配置換えもカンタンです。

そんなこともあって、昔の、原稿用紙に向かっているときと、
今の、キーボードに向かっているときとでは、
ちょっとスタンスの違いとういうか、緊張感が違うような気が、自分でしています。



ホントはそれじゃいけないんでしょうけれど。



なので正直、ブログはためらいなく書いています。
あとで修正することだってカンタンだからという事情も効いているかもしれません。

でも、本のための原稿は、
今でも、刷りなおしがまずできないので、
やっぱり大事に書きたいし、
推敲と、校正にも手間を惜しんではいけない、と思っています。


けれど…。


世の中ドッグイヤー。
そこで生き延びるために、
いつしかヒト枡ヒト枡の重みが軽くなってきてしまっているようで。

これは、いつも自戒しているところなんです。


そしてコントロールZ。
たまに、
原稿を書いていて、終盤の仕上がりになって一旦保存しておいてから、
コントロールZを何遍も押すことがあります。

すると、ずいぶん前のセンテンスで消してしまっていた言葉などが復活してきます。
それをずうっとやってると、
そのドキュメントは白紙にすらなってしまいます。

つまり、一旦保存するに至った原稿を書くのに費やした時間をゼロにもできるし、
瞬時に後戻りしながら過程を俯瞰することもできるのです。



これはまさに、タイムマシーンじゃないでしょうか。

数10分前、もしかすると数時間、数日前の自分の気持ちや考えが
そのままリアルに蘇ってくるんです。

忘却の彼方にあるようなことがいきなり出てくるので、
まるで別の自分と出会うようで、おもわずニヤニヤしてしまうんですねえ。

で、そんな私を見て、
編集部の仲間はみんな「ゾ?っ」としてるんだろうな、きっと。


でなことで、リフレッシュ休暇終わり。


じゃ、また!
RideSafe!
ナガヤマ@BMWBIKES(目は順調ですよ)

post : 2009年02月26日  comments (0)

最近はニューモデルの試乗会などでも、
レーシックってどうなの?」とか「イメチェン?」など
ナガヤマ編集長の“”が話題になっているようですが、

この前の編集長のブログを見てみると、
シェードをプレゼントしなかった僕が,
ケチみたいな書かれ方をされているじゃないですか。
ま、あげなかったのは事実ですが…(笑)。

続きを読む ...

post : 2009年02月25日  comments (2)

皆さんこん○○は! ナガヤマ@BMWBIKESです。

バイクの話題から離れてすみませんが、
さきほど以下のようなニュースが飛び込んできました。

++++++++++++
「近視矯正手術で67人が感染症」
東京都中央区保健所は25日、銀座眼科(同区)で、レーザー光線を使って近視を矯正するレーシック手術を受けた患者639人のうち67人が、感染性角膜炎などの健康被害を訴えたと発表した。67人のうち1人が医療機関に入院しているという。同保健所では、銀座眼科の衛生管理が不徹底だったことが原因とみて詳しいことを調べている。
同保健所によると、患者67人が感染症を発症したのは、平成20年10月?21年2月。同保健所は、銀座眼科が不十分な滅菌処理を行った医療器具などで手術を行ったため、患者の角膜が炎症を起こした可能性が高いとみている。
これまで同区は、健康被害が多いとの情報を受けて2度、銀座眼科に立ち入り検査をしてきた。
銀座眼科は取材に対し「詳しいことを調べており、コメントは控えたい」と話している。(2月25日14時17分配信 産経新聞)
++++++++++++

いやあ怖いです。
幸い、小生の受けたクリニックとは違うのですが
タイミングがタイミングだし、
かなり近くの眼科だけに
ちょっと心配な感じです。

バイク選びも診療所選びも、よく吟味して、ということなんでしょうね。

ではまた。
RideSafe!
ナガヤマ@BMWBIKES


雑誌紹介

BMWバイクスBMW BIKES

テーマは「BMWバイクを慈しみつつも使い倒すビーマーのためのアシストマガジン」。世界で初めて創刊されたBMWバイク専門誌(季刊)です。ドイツ本国をはじめ、アメリカやヨーロッパ各国との強力な連携を持ち、BMWバイクに関する話題を、深く、広く、わかりやすく誌面展開しています。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ