アウトライダー編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2016年11月12日  comments (0)

こんにちは! 最新号が11月11日に発売しました!



今号はかなり内容盛りだくさんな面白い一冊になったと思います。



特集は「冬旅、その極意。」と題しまして、冬だからこそ楽しめる旅をさまざまご提案しております。

そして今年9月に開催されたSSTRのレポートも読みごたえたっぷりです。

しかも! 付録は文庫版ツーリング紀行傑作選「オートバイの旅5」とともに2017年カレンダー!

お値段は前号同様、税込1180円です。

10月22日に開催しました創刊30周年キャンプミーティングの模様も掲載しております。

参加者の方が作ってくださったムービーはこちらからご覧ください。どうぞ今号もよろしくお願いいたします!

post : 2016年10月21日  comments (0)

こんにちは! いよいよアウトライダー30周年キャンプミーティングは明日です。

天気予報もおおむね晴れですね。

■会場はこちら!
開催場所:渚園キャンプ場(浜名湖の弁天島にあります)
静岡県浜松市西区舞阪町弁天島5005-1 Tel.053-592-1525


■イベント当日のタイムスケジュール

11:00 受付開始

12:00 開会式〜家康くんと直虎ちゃんの浜松PRタイム

13:00 全員集合写真撮影タイム

13:30 アウトライダースタッフ・ステージトーク

14:30 賀曽利隆・ユーラシア横断報告会

15:00 珍品逸品チャリティ・オークション

15:30 恒例チャリティ・バザー(バザー会場)

15:30 出展者アピール&トーク(ステージ)

16:30 豪華景品じゃんけん大会

17:15 閉会宣言&キャンプタイム・スタート


■注意事項

キャンプをされる方、直火は禁止になります。
ゴミは捨てる場所がございませんので、各自持ち帰りをお願いします。
また、一般のキャンパーさんもいらっしゃいます。
22時以降はひっそりとお願いしますね。
翌日は10時までに撤収しないと追金が取られちゃいますので、夜更かしはほどほどに〜!


では22日土曜日、会場でお待ちしております!

post : 2016年10月17日  comments (0)

こんにちは。いよいよ今週末に迫ってきましたアウトライダーキャンプミーティングに関しましてお知らせです。

場所は「バイクのふるさと浜松」にある、渚園キャンプ場。いつものように大したおもてなしはできませんが、浜名湖のほとりの広大なキャンプ場で、旅の話や、バイクの話で一緒に盛り上がりませんか?
 キャンプとイベントはフリーサイトで行ないますが、家族づれでクルマで参加したいという方は、フリーサイトに隣接するオートキャンプサイトを前もってご予約の上、ご利用ください。
開催場所:渚園キャンプ場(浜名湖の弁天島にあります)
静岡県浜松市西区舞阪町弁天島5005-1 Tel.053-592-1525
http://nagisaen.birukan.jp/camp_annai.php

 また、日帰り参加も大歓迎。オートキャンプご利用の方と、日帰りの方は、イベント参加費としておひとり様500円を当日、受付でお支払いください。会場内で使える500円分のミール・クーポンをさしあげます。会場には今回のイベントを応援するため、地元の料理店がブース出展してくれることになりました(たとえば浜松ギョウザとか!)。500円分のミールクーポンはキャンプ参加者の方々にもお配りいたしますので、ぜひご利用ください。

■開催日時:10月22日(土曜)12時〜翌日10時
■イベント&キャンプ参加費:おひとり様1000円
(フリーサイトでのキャンプ代金と500円ミールクーポン、特製ステッカー代含む)
■お願い:ご自宅で眠っているキャンプ用品やツーリング用品など、ご不要のものをひとつご持参の上、スタッフにご提供ください。当日の会場内のチャリティバザーで販売し、売り上げを日本赤十字社「平成28年熊本地震災害義援金」に寄付いたします。ご協力をお願い申し上げます。

■スケジュール(予定)
●10月22日(土)
※キャンプ場は10時からチェックインOK
◎11時……イベント参加者受付開始
 受付で参加費をお支払いください。ミールクーポンをお渡しいたします。ご持参いただいたチャリティバザー用のツーリング用品も受付にお渡しください。値づけはご自身でお願いします。
◎12時……イベント開始
 開会宣言/本誌レギュラー陣によるトークショー/恒例チャリティバザー/記念写真撮影/地元浜松PR大会/豪華賞品がゲットできる!? じゃんけん大会など
◎18時……閉会宣言&キャンプ・タイム
 みんなでわいわい飲んだり語ったりいたしましょう。ちなみにキャンプ場では、ゴミは各自持ち帰りです。きれいなキャンプを心がけましょう!
●10月23日(日)
チェックアウトは10時まで

■当日の開催可否について
さて当日、雨の場合は残念ながら中止となります。ヤフー天気の降水確率により開催の判断をしますので、よろしくお願いします。
皆さんの気持ちが強ければ強いほど必ず開催できる、はず!
■判断基準
前日の21日(金)正午発表の、22日(土)12-18時の降水確率が50%以上の場合中止とします。
ヤフー天気
http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/22/5040.html

post : 2016年09月15日  comments (0)

こんにちは〜アウトライダー編集部の西野です。

最新号が9月10日に発売されたのですが、ご覧いただけましたでしょうか?



今月号の特集は「スマートな旅は愉しい!」です。




内容はといいますと、コストや持ち物をスマートにする提案を行なっています。

まずコストの方は、ETCをフル活用した周遊割引のご紹介です。

事前登録により定額料金で高速道路の対象エリアを乗り降りし放題できるってご存知ですか? これを賢く使用すると、いままで行きたかったけど高速料金が気がかりで二の足を踏んでいたエリアや、一県内をちょこちょこ乗ったり降りたりしてじっくり楽しむなど、旅の可能性がグッと高まります!

たとえば、東北六県を巡れる「東北観光フリーパス」で3日間周遊プランを使うと、二輪車6,500円で高速道路が載り放題なわけです。これは使い方しだいで超お得ですよ! 

そして、「持ち物をスマートにする」という考え方も菅生編集長が提案しております。
最近、モノに溢れているなあと感じ、一日ひとつモノを手放している編集長本人が、原点回帰、最小限の持ち物でキャンプツーリングを行ないました。

これは、大人になればなるほど共感できる方が多いのかなと思いますが、僕はどうか若いライダーの方にも読んでいただきたい内容です。こんな少ない装備でもキャンプ旅ができるのだ! ということをご覧いただきたいのです。



そして、付録は好評いただいております文庫版紀行傑作選「オートバイの旅」の第4弾です。
今回は作家・山田深夜氏の北海道紀行をはじめ、直木賞作家・熊谷達也氏の温泉旅、映画監督・田中昭二氏の巨石めぐり、旅行作家・石山和男氏の南紀旅、私西野の阿蘇紀行、さらに傑作選初収録となるモデル・福山理子氏の山梨国産ワイン紀行を収録しております!

ぜひお近くの書店でチェックしてくださいませ。なお、今号はポップが置かれている書店さんもあります。全店ではございませんので、見つけられた方はラッキーですよ。笑

post : 2016年07月11日  comments (0)

こんにちは! アウトライダー最新号、本日発売です。



特集は「ツーリングライフをより豊かにする8つの方法」。

「学ぶ」「集う」「備える」「探る」「読む」「揃える」「味わう」「通う」という8つのテーマで、バリエーションに富んだ記事になっております!

そして付録は、ツーリング紀行傑作選の第3弾!



今回はアウトライダー2代目編集長・秋元庄三郎氏と人気エッセイスト・小林夕里子氏の紀行を初収録。硬軟織り交ざり、こちらも読みごたえたっぷりです。

さらに今号は前号からお値段据え置きで、ポストカードが3枚付属しています!!

いますぐ役に立ち、保存性も高い1冊になったと思います。

どうぞお近くの書店でご確認ください!

あと、先日行なわれたツーリングライダー祭りの動画を参加者の方が作ってくれましたのでご覧ください。



本誌30周年記念キャンプミーティングは10月22日〜23日に浜松の渚園キャンプ場で開催します。
詳細は決まり次第、このブログと次号本誌にてお伝えします!!

post : 2016年05月14日  comments (2)

「平成28年熊本地震」で、犠牲になられた方々に謹んでお悔やみを申し上げるとともに、被災されたすべての方に心からお見舞い申し上げます。



5月11日に発売した最新号で告知しておりました九州応援チャリティTシャツが完成し、本日販売を開始しました。

東日本大震災のとき、同じようにチャリティTシャツを作成し、たいへん多くの方のご協力により、50万円以上を日本赤十字社へ寄付することができました。

今回も利益は全額、日本赤十字社の「平成28年熊本地震災害義援金」に寄付されます。

販売は本誌の公式ウェブショップ旅具屋で行なっています。

■旅具屋
http://www.tabiguya.com/

価格は3,500円(税込・送料サービス)です。

生地はこれからの時期のボランティア活動でも着用しやすいことを考え、クイックドライ素材を採用しました。

アウトライダーおよび旅具屋では微力ではありますが、復興支援の活動を続けていきたいと思います。

post : 2016年05月11日  comments (0)

こんにちは〜編集部の西野です。

アウトライダーの最新号は本日5月11日発売開始しております。

今号も前号に続き、本誌30周年特別企画となっております!




題して「カメラが捉えた30年の風景」

今回は本誌でツーリングシーンを取り続けてきた写真家たちの特集になります。

「忘れられない一枚」やカメラマンが選ぶ「絶景ロード&スポット」、さらに写真家対談、一眼レフ&スマホの撮影テクニック講座など写真にまつわる大特集です。

いつも以上に美しい誌面を、ぜひご覧いただきたいです。

そして!!!

今号も文庫版のツーリング紀行傑作選(オートバイの旅2)が付いています!!!




収録著者は、斎藤純/野岸泰之/石山和男/菅生雅文/山田深夜/守田二草/西野鉄兵/田中昭二(収録順)です。

アウトライダーがミリオン出版から発行されていたときの古い作品も入っています。僕自身初めて読んだんですが、菅生編集長が20代の頃に旅したタイの紀行はかなり衝撃でした……。


あと、カメラの特集ということで、ネギー所長もちゃっかり参戦しております。

今回はツーハピ・ラボ!!で「ウエアラブルカメラ」の面白さを探求しています。

動画も撮影しましたのでこちらからご覧ください。






post : 2016年03月14日  comments (0)

これからおやすみの方も、ご帰宅の方もこんばんは!
編集部の西野です。

先週末、アウトライダー最新号が発売しました。



アウトライダーの創刊準備号が発売したのが1986年3月、
それから30年、ツーリングシーンはどう変わってきたのか、
という特集を行なっております。

また、過去を振り返るだけでは面白くないので、いろいろ未来も予見しております。



こちらは特集内の「2016年以降のムーブメント大予測!!」という企画で紹介しています、
通称「千葉のウユニ塩湖」です。

まさか、そんな場所にあったなんて!
インスタグラムで話題となり、これから流行ること間違いないだろう場所です。
実際に取材時もすでに見物の方がちょこちょこ来ていました。

気になるその場所は、本編でご覧いただけると嬉しいです。
「千葉 ウユニ塩湖」と検索すればすぐ出てきますけどね。笑


さて、そして今回は初の試みとなる文庫版での紀行傑作選が付属しております。





『オートバイの旅1』

写真入りのオールカラーページです!

自宅でも、通勤中でも、旅先でも読みやすくなっています。


また、東日本大震災から丸5年が経ちました。
昨年編集長が岩手県宮古市周辺を旅したレポートや、福島の桜情報なども掲載しております。


お近くの書店でチェックしてくださると幸いです。

購入をご希望の方は、バイクブロスの雑誌通販ページ「バイクブックス」からもご購入いただけます。
http://www.bikebros.co.jp/bikebooks/

今月もどうぞよろしくお願いします!

post : 2016年01月12日  comments (0)

こんにちは、編集部の西野です。
今年もどうぞよろしくお願いします!

最新号が1月9日に販売しました。
もうご覧になっていただけましたでしょうか!?



今号は2月号恒例の付録がございます!
今回は以前好評いただいた北海道バンダナを進化させました!!



アウトドアで役に立つ、ロープワークの図形が4種類載っています。キャンプを年に数回しかしないと忘れちゃうんですよね〜。キャンプ道具のセットに忍ばせておくと、タープを木とつないだり、物干しロープを作ったりなど絶対活躍すると思います!
あと、荷掛けループを作る結び方も載っていますよ。


そして特集は、今年の旅を満喫するための新提案です。



2016年のカレンダーは最大3連休で地獄カレンダーとも言われているんですよ。
ただ、短い休みの回数は多いので、1泊1日約24時間で楽しむツーリング・スタイルを数々ご提案しております。

短時間の日帰りツーリングももちろん楽しいですが
やっぱり旅の時間に浸るなら、どこかに泊まってくつろぎたいじゃないですか!

福山理子さんやドクターネギーなど人気のスタッフがそれぞれの楽しみ方をご紹介しています。

もちろん前号同様、オールカラーですので、連載企画も十二分にお楽しみいただけるはずです。

2月号は毎年好評で、書店では売り切れてしまうこともございます。
見当たらなかったらバイクブロスのBikeBooks(バイクブックス)からも購入できますよー!

●BikeBooks
http://www.bikebros.co.jp/bikebooks/

それでは今号もどうぞよろしくお願いいたします!!

post : 2015年11月11日  comments (0)



こんにちは! 編集部の西野テッペーです。最新号が本日発売しました。

編集作業終了後、完成をこんなに待ち望んだ1冊はありません。

そのわけは……

全ページカラー化!!!!!

ずっとカラーでお見せしたいと思っていました通信員ニュースや、読者のツーリングレポート、ネギー所長の「ツーハピ・ラボ!!」などぜーーんぶカラー、カラー、カラーなのであります。!

ネギー所長から、オールカラーを記念したショートムービーが届きましたので、ご覧ください。



そして、今月はツーリングカレンダーも付いています!!



お値段はそのままですよ〜!

ぜひ、お近くの書店でチェックしてみてください!!!!!


雑誌紹介

アウトライダーアウトライダー

バイク・ライフにおいて、もっとも身近で、もっとも奥深いもの。それがツーリングではないでしょうか。アウトライダーはその専門誌として「バイクの旅」に関するすべてを取り上げ、隣の町から世界の果てまで走り続けています。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ