モトメンテナンス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年08月03日  comments (7)

現在編集作業中のモトメンテナンス85号(8月16日発売です!!)もようやく大きなヤマ場を超え、一息ついているツチヤマです。
ということで、先週末は久しぶりにエルシノアの整備をしておりました。



以前のブログで「排気漏れをなんとかしたい」と涙の訴えをしていましたが、もうあれから約2000kmほど走りました。ちょうど週末に腰上チェックをしていたので、新たに補修したEXガスケット近辺がどうなっていたか、経過報告をしたいと思います。

続きを読む ...

post : 2009年07月31日  comments (0)

今回は部品交換会情報のお知らせです。


前回のブログでは御前崎で行われた部品交換会の模様をお伝えしました。
その際に、「今度は御殿場で??」と申していましたが、ようやく正式名称などが判明したのでお知らせします。

●8月2日(日)
●富士の麓 2&4 旧車部品交換会
<現場へ行く際の目標ポイント> 
「静岡県御殿場市仁杉1415-1 馬術スポーツセンター」

開催場所は、↑の前にある空き地、とのことです。お間違いのないように!!!

ここは、二輪関連のパーツが数多く出店されるとのことですから、非常に楽しみであります。
もちろん僕も出かけたいと思います。

時間はAM5:00頃から、と聞いていますので、バイクで行く方は近隣の方々に十分配慮して
「静かに、そぉーっと」現場へ近づきましょう。

今回は知り合いの方からうかがった情報を掲載していますが、今後のスケジュールなどについては、
現地で主催者さんにしっかり確認してくる予定ですので、しばしお待ちくださいね。


それはそうと、この「部品交換会」という名称って昔から使われてますけど、
昔はその名の通り『エンスーが集まって、お互いが欲しい部品を交換しあう』というイベントだったのでしょうかね?

フリーマーケットやガレージセールと呼ばれるこの手の催しも多いですが、いまだに部品交換会という名称を残すイベントも数多いですし。単なる昔の名残だとは思うのですが、実際にそういう場面を目にしたことがないので、よく分からないんですよねー。
僕が想像しているのは、出店者が値札の代わりに『○△と交換希望!追金可』とかなんとか書いた札を部品に貼って、ズラーっと並べている……みたいな風景ですが、やっぱり違いますか??

もし昔の「交換会」について知っている方がいらしたら、コッソリ教えてくださいね。

ではでは。

post : 2009年07月13日  comments (2)

どーも、モトメンテツチヤマです。

先週の土曜日、僕は静岡県御前崎市で行われた『御前崎部品交換会』に行ってきました。



「ネットオークション全盛のいま、なぜ部品交換会へ??」という方もいらっしゃるとは思います。僕もそう思っていましたが、先日行ってきた『ビンテージオフミーティング』の際に、DT-1マニアの方が「ツチヤマ君、部品交換会は面白いよ?。来たことないなら絶対に来た方がイイ!!」と豪語されるので、静岡在住のDT-1マニアさんと一緒に出かけてきたのでした。

僕も正直、e-bayを含め、ネットオークションはよく利用しています。エルシノアの部品はハッキリ言ってオークションがなくても困らないほど純正品がでるので大丈夫ですが、カワサキF系に関してはホントに部品がないので、ネットがメイン。知り合いの方から譲ってもらうという手段も確かにありますが、大事な部品を譲ってもらうのは正直気が引けるので、オークションメインです。とまぁ能書きはさておき早速部品交換会の模様をレポート。

おっと、今回は「宝探し」がメインのため、写真は全てケータイ画像。画質悪くてスンマセン…

●バイクもイロイロ売ってますヨ?

【左】マメタン?とAV50でしょうかね。こうやって見ると原付チョッパー系もカワイくていいですね?。
【右】あ!提灯カブだ。最近この提灯カブが気になってたり…。ミニトレ、EPOなどもありますね。





続きを読む ...

post : 2009年06月29日  comments (5)

みなさんおはようございます。
いやー今日も朝から暑いですね!ここ数日、関東地方は真夏のような暑い日々が続いております。

現在編集部は、7月17日発売のZeppan BIKES Vol.4に向けて、フルスロットル!!な状況ですが、僕のサニトラもたまーに活躍してます。

●1100Fだって載るもんね?

サニトラと侮るなかれ!GPz1100Fだって積載可能!アオリ閉まってないけど…

取材や撮影の過程では、ショップさんからお借りした車両をトランポに載せて撮影ポイントまで運ぶことがありますが、そういう時にもサニトラはがんばってくれます。この日は写真のGPz1100FとZ750GPを運搬。
当初は「こんなデカイの載るかな?」と不安でしたが、問題ナシ!

と、世間一般にビッグバイクといわれる車両はほぼ積載可能という立派な荷台寸法を誇るサニトラ。
しかし夏が近づくにつれやってくる問題がひとつ。僕のサニトラには、

続きを読む ...

post : 2009年06月21日  comments (0)

昨日は東京ビッグサイトで行われた『オートメンテナンスショー』に行っておりました。
東京スペシャルインポートカーショー』と併催されているこのショーは、主に自動車整備に関する企業の展示が行われているショーであります。

僕はモトメンテナンス編集部に在籍しておきながら、まだ一度も足を運んだことがありませんでした。
もちろん、ショーは自動車がメインとはいえ、やっぱり気になります。


インポートカーショーと同じフロアでしたが、今年は出展企業が少ないらしく、少し寂しい感じも……。

続きを読む ...

post : 2009年06月15日  comments (0)

モトメンテファンのみなさん、こんばんは。

さて、ふた月に一度のお楽しみ『モトメンテナンスの発売日』は明日でございます!!

さぁ今回の表紙はどんなデザインかな??

●ジャジャーーン!


いやぁ??緑が眩しいッス!! きっと本屋さんでも目立つんだろうなあ。

今回の巻頭特集は『エンジンメンテは簡単!!』でございます。
バイクのメンテナンスでも、『エンジンメンテ』というとちょっと尻込みしてしまいますよね?(←僕もそうです)
しかし今号では、エンジンメンテの基本的な部分を分かりやすく紹介させていただいています。
『エンジンに手を出すのは怖いなぁ?』と思っている方にはぜひ手にとって読んでいただきたいです!!


しつこいですが、モトメンテナンス84号は6月16日発売ですよ!





post : 2009年06月09日  comments (6)

楽しかったトレールミーティングも無事終了し、エルシノアは再び通勤快速マシンとして活躍する日々に戻りました。
…が、ミーティングの際にここぞとばかりにブン回してしまったせいか、EXポートから排気漏れが。

●ハァ……掃除メンドクサイ。

林道とワインディングでスロットルを開け開けにしたせいで、いつもより早く排気漏れ。

僕のエルシノアですが、実はEXフランジ周りの部品がひとつ欠品しています。そのせいかどうかは分かりませんが、定期的にバラして掃除、液体ガスケットを塗りまくって組みなおす……この作業を頻繁に行わなければいけません。組み直してしばらくは具合が良いのですが、走行500kmほど経過すると徐々に排気が漏れ始めます。そうなると明らかにパワーダウンしますし、音も大きくなってくるのですぐに対処しなければなりません。車体も汚れますしね。

ってことで、今朝作業してきました。

続きを読む ...

post : 2009年06月05日  comments (0)

昨晩モトメンテナンス84号(6月16日発売デース!)にケリがつき、今朝は気分良く目が覚めました。

ってことで朝っぱらからカスタムしてました。
今日のお題は『エルシノアにラムエアフィルターを装着するっ!』でございます。

●用意するものラムエアフィルター&エアボックス

新品のラムエアフィルターと、エアボックス。このエアボックスはインシュレータの部品取りとして購入。
今回はフィッティング確認用として使用します。

今回なぜエルシノアにラムエアをつけようと思ったか。理由は単純、「そこにラムエアがあったから」
先日、部屋を片付けていたら、なぜかツインキャブ用ラムエアが出てきて(シングルキャブ車しか持ってないのに…)なんとなくサイズを見たら、エルシノアのエアボックスにすっぽり収まりそうじゃあーりませんか。
じゃ、やってみるかーっつーことで作業開始。

●まずは説明書を読む。

このフィルターはエアファンネルに被せる「ソックスタイプ」とのこと。サイズ的にSRX用かな??

●そしてブツを確認。

【左】キットにはフィルター本体と専用フィルターオイルが。写真にはないですが、塗布用ビニール手袋もあり。
【右】裏側を確認。吸入口が二つ開いてます。フィルターの網目は、純正と比較すると吸入効率がかなり高そう!


続きを読む ...

post : 2009年05月31日  comments (0)

新しいサニトラと再びスタートしたトランポライフですが、実はまだETCを取り付けていませんでした。
以前のサニトラでも使用していたので、その便利さは身に染みて分かっていたのですが、「取り付けメンドクセー」と最初に思ったのが悪かったのか、車載器はあるのにひと月も放置しておりました。

●いざやってみると、取り付け自体はそんなに難しくはなかったかな?

取り付け場所は暫定ですが、とりあえずダッシュ上に。

僕は車の配線をいじった経験がなく(前のサニトラのETC取付は栗田サンにやってもらいました…)、まずは電源をどこから取るか?で悩みました。インパネ下を覗いてみると、フルノーマルだけあって余計な割り込み配線もなくスッキリしていました。しかしそのせいでどこから電源を取るかまたまた悩んでしまいました。

結線が必要なのは、アクセサリ電源と常時電源、そしてアース。目に付かず、そして万が一トラぶってもリカバーしやすい場所がイイよな……素人ながらそう判断し、結局はインパネにぶら下がっていたヒューズBOXの近くから各電源を取りました。アースはボディサイドで適当にボディアース。

全ての結線を終え、いざIGスイッチをACC→ON。
ウム、ライトは点灯OK!んじゃカードを挿入だ!

「♪ポーン ETCカードが挿入されました」

ヤッター! あの落ち着いた女性の声が聞こえてきました。ヨシヨシ、うまくいったじゃん!

まあ車載器の取り付け場所がカッコ悪いけど、設置場所はまた考えよう……そう思いながら試運転スタート。
装着してから初めての料金所はチョット緊張しましたが、問題なくクリア! ふぅ?良かったー。
これでやっとこさ『土日高速1000円乗り放題』という世の中の流れについて行けます。

結局実際の取り付け作業は30分程度でしたが、『どこから電源を取ってどこに取り付けるか』―これを考えるのに一番時間がかかったというなんともお粗末な本日の作業でした。


ってことで装着したETCを駆使して?明日はドライブイン湯河原で開催される『第21回箱根W1ミーティング』に出かけてきます。雨降らないといいなぁ??。
明日会場に行く予定のW乗り&予備軍の皆さん、道中はくれぐれもお気をつけて。


●次はコレを付けたいな。

走り屋御用達、大森のタコメーター。

↑は前のサニトラから外した大森のタコ。サニトラのエンジンフィールは身に染みているので、正直言って無くても困らないんですが、モノがあると付けたくなりますね。無理に理由をつけるなら、『エコ運転ゲージとして必要』とでも言いましょうか。

写真の場所はオプションのアナログ時計が付けられる穴なんですが、ココに入れてしまうか??
しばらくはアナログ時計とタコメーター、どっちを取るかじっくり考ることにします。

post : 2009年05月22日  comments (0)

みなさんこんにちは。
さて、GW中に復活する!と予告していた僕の通勤快速?エルシノア。その後報告をサボっていましたが・・・


●見事に復活してマース!

GW最終日前日、日が暮れてから車体が完成し、嬉しくて朝まで走っちゃいました。(笑)


シャシーブラック厚塗りによる補修ペイント、リアフェンダーのリペイントをしたため、以前より『ボロさ』は目立たなくなりましたが、近くで見るとやっぱりアラが目立ちます・・・。でも、エンジンは今のところまぁまぁ好調です。

なぜまぁまぁなのかというと、いまいちキャブの調整が出来ていないからなんですね。現在の症状としては、アイドリング回転数が若干不安定で、500回転ほどバラつきがでております。今回キャブは何にも触っていませんが、これまでS/Mに従って油面やエアスクリューの調整をしたことがないので、今週末はその作業を行おうかと思っています。

さて、6月16日にはモトメンテナンス84号が発売されますが、その中でエルシノアのエンジン組み立ての模様をお伝えしようと思います。モトメンテではかつて『カワサキW完全征服』『カワサキトリプル完全征服』という伝説の?特集がありましたが(いまでも該当号を血眼になって探しているというW・マッハマニアの方が多数いらっしゃるとか・・・)、次号は『エルシノア(エンジン)完全征服』といっても良い内容になりそうです。

とはいっても2ページの連載コーナーですから、2回に分けてお送りする可能性もありますので、その際はご了承ください!

いまさらですが、バイクで走るって楽しいですね! 半年以上乗っていなかったので、なんだか免許取立ての若者のようなフレッシュな気分で毎日乗っています。気候的にも今が最高ですね。せっかくのシーズンですから、週末はちょっと遠出してみようかなぁ。



雑誌紹介

モトメンテナンスモトメンテナンス

日々のメンテナンスから不動車の再生、そしてレストアまで「バイクいじり」を幅広くカバーするメンテナンス総合誌。あると便利な工具・ケミカルの紹介から、業者への発注の仕方、そしてアッと驚く工作テクニックまで、いじり好きの編集スタッフが自ら実践し分かりやすく紹介。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ