モトメンテナンス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年12月12日  comments (0)

モトメンテナンス87号の発売まであとわずか。(12月16日発売でっせ!)

モトメンテファンのみなさん、今回の巻頭特集はおまちかねのガレージ特集ですよ!
個性溢れる各地のサンメカガレージが登場しますので、お楽しみに!


さて、今回は久々にバイソンネタをお届けします。
前回86号の『ウイークエンドパラダイス』で、無事にエンジン始動を果たしたものの、『フレーム曲がり』と思しき事実が発覚した我がバイソン。

87号では、その原因がどこにあるのかを突き止めよう! という内容になっております。
実はつい先日、編集長のガレージで僕が立てた予想に基づいて、検証を行いました。
それに関しては、2月発売のモトメンテナンス88号でお伝えしようと思いますが、ちゃんと走らせるにはまだ時間がかかりそう……。

●今はこんな感じです。


ベースが悪いのと、長期間放置していたためかなりボロボロですが、現状はこんな感じ。
実は、チェーンガードとかハンドルロックとか、細かい欠品もまだあるし、オリジナルでない部分が多数あります。

・シート表皮がダッサイ感じに張り替えられている。笑
・前後フェンダーが鉄じゃない。(なぜか僕のはF5用のアルミフェンダーなので軽いんです)
・車体カラーが違う。(フレーム番号からすると、僕のF8は72年の最終型で、本来はレインボーラインっぽい仕様)
・非純正のカッコ悪いハンドル。
などなど、拘るとキリがないですが、まだまだ先は長いっス。


Zeppan BIKESの取材先で見かける車両や、編集長の所有するレストア車と比べるとどうしようもない程度ですが、二束三文で手放すくらいなら持っておいた方がいいや、ってことで何とか所持してます。
手放したら最後、二度と手に入らないって気がしているのも大きな理由の一つです。(仮にあったとしても、今の僕には買えない値段だし・・・)

正直に申しまして、『誌面で恥を晒しているだけじゃないか?』と思うこともしばしばですが、読者の皆さんには『旧車を買って失敗する典型的な例』として、参考にして頂ければと思います(笑)。




post : 2009年11月17日  comments (6)

「ガレージ取材自薦ありがとうございました!!」

ども??モトメンテツチヤマです。

さて、先週Zeppan BIKES Vol.5の締め切りを無事に終え、ホォォ??ッと一息ついておりマース。

と、余裕ぶっかましてみましたが、実はそんな余裕は一切ございません!
我々モトメンテスタッフは12月16日発売のモトメンテナンス87号へ向け、
焼き付き寸前の勢いで全開走行中でございますっ!!!!!!

●なんてったって、次のモトメンテはお待ちかねのガレージ特集!!

「ガレージ特集は永久保存版!」 そんなサンメカさんもいらっしゃることでしょう。

ってことは、各地のサンメカさんのガレージを飛び回らなければいけないワケで……。
もう既に各地の『サンメカさんのお城』を取材させて頂いております。

兼ねてよりココでも本誌でも『取材させていただけるガレージ』を募集しておりましたが、
自薦他薦含め、今回もたくさんのご応募いただきました。
ご応募頂いたみなさん、どうもありがとうございました!
ガレージ取材に関してはひとまず応募を締め切りとさせて頂きます。
頂いたお便りなどを元に、ガレージ取材をお願いするみなさんへは、既にご連絡を差し上げており、
取材をスタートさせております。日程や地域的な都合により、今回お伺いできない方が数多くいらっしゃいますが、
次のガレージ特集の際には、また募集してくださいね?!!
(取材に行けなかったガレージの中にも「これはっ!」という物件が複数ありました。
そのような方へは、今後、コチラから声かけさせていただくカモ……)

自薦の際にはガレージの「デジカメ画像」を送付下さりありがとうございました。
ガレージの画像は、選考の際に役立ち、大変ありがたいもので?す。

では、12月16日発売のモトメンテナンス87号をお楽しみに!

post : 2009年10月23日  comments (0)

どもー!モトメンテツチヤマです。
さて、今日は久しぶりに部品交換会情報をお届け。


●10月25日(日) 朝5時くらいからスタート
●富士の麓 2&4 旧車部品交換会
<現場へ行く際の目標ポイント> 
「静岡県御殿場市仁杉1415-1 馬術スポーツセンター」


そうです、今週末は御殿場部品交換会!!
以前もこのブログで告知した交換会ですが、今回はどんな出展があるんでしょうね?。

●ちなみに前回8月の模様はコチラ↓

8月は雨でしたが、それでも早朝から多くの愛好家が集まっていました。これ、午前5時過ぎの写真です。(笑)

●むむっ・・・こんなものまであるとは。

【左】どう見てもオートレーサー。こういう車両ってどこから回ってくるんでしょう。
【右】CD125とアメリカンダックス。価格はどちらも45000円。これは迷う・・・・・・。

●カブ系や鉄スクーターも色々あります。

【左】オールペンしたジョルノ、に見えなくもないですがラビットです。このタイプは初めて見たかも。
【右】御前崎も御殿場もやはり横型はたくさんあります。かつてはカブ用にこんなサブフレームがあったんですね。

●実用車もスポーツバイクもあります。
  
【左】多分コレはメグロのSG250。値段は未確認。売れたのかなぁ・・・。あ、マフラー変わってますね?。
【右】むむ!ちょっと小粋なこのカブはスポーツカブでしょうか?エンジンかけてたけどかなり調子良さそうでした。


実は前回の御殿場には、僕もちゃっかり顔を出しておりました。
朝から雨で肌寒い感じでしたが、とあるブースで『F11』と書かれたデッドストックのブレーキシューを発見!
カワサキF11というと、僕の持っているF8型バイソンの後継モデルである70'sトレール。
もちろんF8はロータリーバルブで、F11はピストンバルブ。
同じ250TRという名前の車両ですが、フレームから外装まで全くの別物というほど共通項がありません。

でもなんとな?く、「ブレーキシューは一緒だろー!」とヤマをかけた僕。
価格が2000円だったこともあり、「これは安いっ!」ってことでソッコーでゲットしました。

で、帰ってからF11とF8のパーツNOを調べると、予想通り共通部品!!
買ったブツはリア用ブレーキシューでした。

フフフ、いい読みしてんジャーン!

と、意気揚々の僕でしたが、よくよく調べてみたら、なんと現在でも純正新品が出るじゃありませんか!!
しかも価格は2500円位と、僕が買った値段と大して変わらないし……。
ウーン、これはまさしく僕のような部品交換会初心者が陥りがちなパターンでしょう。

せっかく部品交換会へ出かけるのなら、愛車の純正部品の供給状況把握はもちろん、機種コードを暗記しておくのは必須でしょうね。
出品されているデッドストックパーツの多くは、純正のパーツNOステッカーが貼ってありますが、機種コードを分かっていないと買い物が全てギャンブルになってしまいますので。まぁそれも一つの楽しみ方ともいえるかもしれませんが……。


さぁ日曜日の午前中は空いてるぜ!という絶版ファンのみなさん。
パーツリスト持参、もしくは機種コードを暗記した上で部品交換会へ出かけてみてはいかがでしょ??。

post : 2009年10月16日  comments (0)

さて、本日モト・メンテナンス86号が発売となりました。
皆さんもう買って頂けたでしょうか。
ここで一つお詫びがあります。

86号のP125『読者プレゼントコーナー』において、ツール王国MAXさんの連絡先が間違っておりました。
正しくは下記となります。
(正)
http://www.tooloukoku-max.jp/
Phone 0120-81-2059

関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びし、ここに訂正させて頂きます。



ところで、前々号から従来1Pから2Pへと拡大し、協賛メーカーさまからのアイテム数も
格段に増えた読者プレゼントページですが、おかげさまで毎号沢山のご応募を頂いています。

もちろん今号でも2ページに渡ってドドーーン!とご紹介しています!!

●あったらイイナ??ってアイテムが当たるかもしれませんよー。

【左】ガレージにあったら絶対便利な三つ口コードリール。電気コードを床に這わせるのは時として危険です。そんな時にはコレが重宝。
【右】電工工具13PCSセット。電気いじりに欠かせない絶縁ドライバー、検電テスター、ワイヤーストリッパーなどのセットです。

↑の商品は2つともツール王国MAXさんご提供の賞品ですが、コレはほんの一部です。
今回もサンメカのみなさんならどれにしようか迷うほど、色んなアイテム目白押しの読者プレゼントを見逃さないように!!

いつも同コーナーで書いていることですが、モトメンテの読者プレゼントは抽選ではありません。
賞品が欲しい人は、商品番号と共に『欲しい理由』をしっかり書いてくださいよ?。

では、読者プレゼントコーナーも含め、最新号をじっくり読み込んでくださいねっ!








post : 2009年10月14日  comments (2)

ドモー!モトメンテツチヤマです。

本日、皆さんお待ちかねのモト・メンテナンス86号が刷り上りました!

●表紙はコレだッ!!

何かがウニョ??ッと出てる表紙が目印です。



今回の巻頭特集は、

『動きが渋くありませんか? だからグリスアップ!! 』 

でございます。グリスアップって、とっても地味な作業だけど確実に効果を体感できるメンテナンスであり、
車両が古かろうが新しかろうが、愛車を気持ちよく走らせるには絶対に必要なメンテナンスです。

今回も様々な車両を教材に、足回りへのグリスアップから電気系統へのグリスアップまで幅広くご紹介!
もちろんグリスガンの使い方や、充実のグリスカタログもありますよ??。

さて、今号では特集内に『グリス勉強会』なるページが設けてあるのですが、ココは必見です、ホント。
今さら聞けないグリスの種類から用途まで分かりやすく説明していますので、
僕みたいに『グリスって何でも一緒でしょ?』って思っているサンメカ見習いは当然として、
サンメカ上級者の方にとっても『フフーン、ナルホドねぇ?』とうなづける保存版となるでしょう。

おっと、あまり内容を話しちゃうのもアレなので、ぜひ購入してから楽しんでくださいね。


●今回は付録付き!!

今回のモトメンテには、こんな箱が付いています。

実は、86号には付録をつけたんです。この怪しげな箱の中身はというと……


●『携帯ネックストラップ』でございます!

早速社内にも愛用者が……。

と言ってもただの携帯ストラップではなく、特製ボールペン付き! 
もちろんボールペンはノック式だから「フタがなくなったじゃねーか!」ってこともありません。

ストラップは携帯をぶら下げるのはもちろん、IDカードや入場証をぶら下げるのにも便利。
アイデア次第で使い方が広がる便利アイテムです。


さぁ、モト・メンテナンス86号の発売日は10月16日(金)です!
北海道や西日本の皆さんが手に取るまでには若干のタイムラグがありますが、週末には日本全国へ行き渡ることでしょう。

そうだ、引き続きガレージ取材募集もしていますのでドシドシご応募くださいね。
詳細はコチラ




post : 2009年10月09日  comments (0)

どもー!モトメンテツチヤマです。

モト・メンテナンス86号の発売まであと一週間となりました。(10月16日発売!)
先日締め切りを終えて一瞬ホッとしていた編集部も、既に次号へ向けてのスタートを切っています。

先日、編集長のブログでも告知しましたが、12月16日発売の巻頭特集はお待ちかねの『ガレージ特集』です!!


毎年色んなガレージが登場しますが、実は僕らスタッフも皆さんのガレージ訪問が楽しみだったりします。


ここ数年に渡り、「12月発売号はガレージ特集!」というスタンスのモトメンテ。
もちろん今年も全国のサンメカ読者さんのガレージを取材しちゃいますヨ?。
(★昨年のガレージ特集、ガレージ関連のINDEXはコチラからご購入いただけます。)

おっと! これまで自薦他薦含めガレージ取材へご応募頂いた方々には、これから編集部で本格的な検討作業に入りますので、しばしお待ちくださいませ。
尚、既にご応募頂いた方で、ガレージ写真を添付して頂いていない方は、お手数ですがガレージ全体写真を撮影の上、再度ご応募ください。
※メールでの応募の場合は写真添付にて、封書応募の場合は写真同封の上、編集部までご連絡ください。

↓↓あて先はコチラ↓↓

■メールで応募■
mmm@bikebros.co.jp
※↑のアドレスはスパム対策です。送信時は、頭の[ m ]を取り[ mm ]にしてくださいね。

■封書で応募■
〒101-0061
東京都千代田区三崎町2-20-7 水道橋西口会館4F

株式会社バイクブロスマガジンズ
モト・メンテナンス編集部「ガレージ特集係り」宛

▼応募締め切り▼
ガレージ選考・取材の都合上、締め切りは今月一杯とさせて頂きます。ドシドシご応募ください!!


?ご応募いただく方へ?
応募の際にはガレージ全体の写真を必ず添付ください。
また、拘りポイントガレージのコンセプトも必ず明記ください。選考での大きな基準となります!
写真もPRポイントもないと、判断のしようがありませんので……

では皆さんからのご応募をお待ちしておりマース!

post : 2009年10月05日  comments (2)

さて、10月16日(金)に発売されるモト・メンテナンス86号の締め切りもいよいよ佳境を迎えております。

発売までの間、サンメカ読者のみなさんには、もう少し辛抱していただくこととなりますが、あと10日ほどですからもうちょっとだけ待っていてくださいね!

ところで、昨日は自宅の半地下駐輪場で愛車エルシノアの整備を行っていました。
昨日は排気漏れに伴うEXガスケット取替えとエンジン周りの清掃を中心に作業しました。
○過去の排気漏れについてはコチラ↓↓
その1 
その2 

もはや1.5ヶ月に一度の定例行事である、EXフランジの清掃&再組み付けですが、作業時にいつも困っていることがありました。それが何かって言うと、

「ケツが痛い」

という極めて単純なことなんですが、地ベタに座り続けて15分も経つと必ず出てくる身体の痛み。
ガレージもなくメンテリフターもない僕にとって、エルシノアのエンジンが位置する、地上からの高さ30cm付近を中心に触る作業では、いすに座ると逆に作業しづらいため、必然的に「地ベタ」に座ることになります。
でも最近、その地ベタ作業がとっても楽になるアイテムをゲット!!

●それがコレだ!

アストロプロダクツで購入した『ニールシッティングパッド』という商品です。お値段490円。

コレは、ビーチサンダルをもっと柔らかくしたような材質でできているパッドで、作業中に膝を付いたり、腰を下ろしたりする際に重宝するアイテム。
たかだか、厚み2cmのパッドですが、コレがかなりイイんですっ!!
低反発ウレタンのようにしなやかな弾力で、長時間座っていてもまったくお尻が痛くなりません!
もう作業の時にはこれがないとやりたくない!と思えるくらいの使い心地に僕はとても感動。

地ベタに座ると、お尻も痛く、ツナギも汚れます。更には、冬になるとコンクリートの冷たさがお尻から伝わってきて寒さ倍増だし・・・・・・。
サンメカ読者の中には、僕と同じ『地ベタメンテ派』の方も多いと思いますが、「ケツが痛い!」と言う前にアストロさんでこれを買いましょう。
マジでオススメの一品です!!!

僕だけが推奨してもアレですが、バイクブロスマガジンズ編集部の田中“ハスク”ゼン氏も随分前から愛用しているらしく、その使い心地には満足している様子。
因みにミニタイプもあるので、両方あると更に便利だと思いますよ?。

?オマケ?
『地ベタメンテ』とはまったく関係ないですが、昨日初めてスポーツバーでMotoGP観戦してきました。

昨日はRd.14のポルトガルGP。シーズン終了まで残すところあと3戦、次戦は豪州フィリップアイランド。


正直、ここ2年ほどGPを熱心に追っかけていなかったため、ライダーとチーム名が一致せず状況把握に時間がかかりましたが、MotoGP好きな方々と一緒に大画面で観るレースも良いなぁ?と。
MotoGPを中継するスポーツバーはいくつかあるようですが、個人的にはAMAスーパクロス/ナショナル、WMX、X Gamesなどのオフ系も観てみたいなぁ?。

post : 2009年10月03日  comments (0)

みなさんこんばんは。
今日は久々にエルシノア日記でも書こうと思います。

絶賛発売中!!のモトメンテナンス85号でお伝えした通り、長いことエンジン整備で不動だったMT250エルシノアは、公道復帰することができました。


夏のVMXには行けなかったけど(泣)、通勤にチョイ乗りにガンガン走ってます。
そうだ、先日ピストンリングだけ交換しました。その模様はまた今度…。

クランクオイルシールの完全死亡後、腰下を全部ばらばらにして、田口サンに教えてもらいながら組んだエンジンは、まさに好調そのものだったのですが、実は一月ほど前(だったかな…?)に目の前が真っ暗になるほど途方に暮れる事件が起こったのです!

いつものように仕事を終え、編集部を後にした僕は、通勤ルートである都内の幹線道路を走っておりました。渋滞でノロノロ進む車を横目に、エルシノアのエンジンは気持ちよく吹けあがってくれます。しかし、とある交差点で信号待ちしていると急にアイドリングが不調となり、エンジンの回転数が勝手に上昇。

「んんっ!!??なんだ!?」





続きを読む ...

post : 2009年09月09日  comments (4)

ジャジャジャーン!



モトメンテナンスINDEXファンのみなさま、大変長らくお待たせいたしました。
本日、大日本印刷さんから刷りたてホヤホヤのINDEX12が届きましたっ!

●今回の特集内容はというと……まずはカワサキトリプル!


●そしてそして、カワサキW!!


●更には誰もが知りたいキャブセッティング!!!



いや?今回のINDEXは、過去モトメンテナンス誌で連載され、各方面のいじり好き絶版車ファンには大好評だった企画がギュギュギュッ!!と凝縮された内容となっております。マジで売り切れ必至!ですんで、買い逃すことがないよう、十分注意しましょう。

モトメンテナンスINDEX12の発売日は9月11日(金)となっております。おそらくですが、今週末には全国の書店さんへほぼ行き渡るかと思いますので、ぜひぜひ手にとって頂ければと思います。



post : 2009年08月17日  comments (5)

どーもー。モトメンテツチヤマです。

今年のお盆休みはちょいと早めにお休みをもらって九州へと帰省しておりました。
僕は先々週末に九州へと出発し、昨日戻ってきたのですが、帰りの高速道路はスンゴイ渋滞でした。


東名・名神・山陽など各高速道路では名物?の渋滞ポイントがあり、それらのポイントはある程度把握しているつもりですので、自分なりにコアタイムを避け、各ポイントの通過時刻を調整したのですが……甘かった。ぜんぜん甘かった。
ETC割引の混雑はその予想を遥かに超え、これまでなら混雑が考えられなかった箇所や時間帯でも渋滞が多発してました……。
例えば福岡→福山東までは事故の影響で5時間半、広島の福山から京都までは6時間、さらに尾張小牧から東京インターまでも5時間と、とにかく疲れました。

さて、帰省の足はもちろんサニトラ。今年こそノントラブルで! と意気込んで東京を出発したのですが、やっぱりというかトラブルに見舞われました。それがオーバーヒート。少し前に高速道路で冷却水を噴いてしまい、以来エンジンにちょっと負荷をかけて走行すると、すぐに水温計の針がホットゾーンへ近づくという状況が続いていました。

これじゃイカン!!ということで、帰省する少し前に冷却水を全て抜き、ラジエーターを下ろして内部を水でザーッ!と洗浄、さらにはサーモスタットを抜くという状態にして1000kmオーバーの走行に備えたつもりでしたが、広島を過ぎたあたりで再び冷却水を噴いてしまったのでした。


冷却水を噴いたラジエーター周りを見てみると……サビの混じった茶色い液体がいたるところに付着しており、ものすごく汚れています。

ウーン、これはエンジンの水路やラジエーターがサビで詰まっているのかも……そう思った僕は、急遽実家で水回りのメンテナンスを行うことにしました。んで、用意したのがコレ。↓

●ラジエーター洗浄液と、新しいクーラント。

近所のオートバックスで買ったラジエーター洗浄液と新しいクーラント。
ラジエーター内部はもちろん、冷却水の水路もキッチリ洗おう、って腹であります。


続きを読む ...


雑誌紹介

モトメンテナンスモトメンテナンス

日々のメンテナンスから不動車の再生、そしてレストアまで「バイクいじり」を幅広くカバーするメンテナンス総合誌。あると便利な工具・ケミカルの紹介から、業者への発注の仕方、そしてアッと驚く工作テクニックまで、いじり好きの編集スタッフが自ら実践し分かりやすく紹介。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ