モトメンテナンス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年01月03日  comments (0)

田口編集長のレポートにもある、12月28日の原2ツーリングには私も参加しました。絶版バイクス2のしまなみ海道ツーリングと同じく自走カメラマンだったのですが、今回はホンモノのカメラマンである高倉氏が参加してくれたので、しまなみの時よりはツーリング気分を味わえました。
数だけあっても走れる原2が皆無の私の相棒は、しまなみ走行時と同じくスズキAS90です。スズキの絶版原2といえば、2気筒のウルフ90/125やバンバン90/125が有名どころで、このAS90やAC90はなかなか見ることはありません。しかし、購入後4年間放置プレーの後、昨秋やっと走らせてみると思った以上に実用的で良い感じ。ビジネスバイクのA90と同じロータリーバルブエンジンとワイドレシオの4速ミッションで、低速から粘り強い走りが楽しめます。HS1などの2気筒勢が「ビーーーッン!」と高回転まで突き抜けるのに対して、こちらは「ベベベーー」と冴えない排気音ですがライダーを疲れさせないのが特徴です。

全体的にかすれた感じですが、決定的なサビがないのが良かったです。HS1やAT90などのヤマハ勢のメッキフェンダーに対して、ペイント仕上げなのもむしろ良かったのかも。ちなみにAS90の上級グレードであるAS90Gになると、メッキフェンダーになるようですよ。

続きを読む ...

post : 2009年01月02日  comments (0)

何年かぶりに自宅で過ごす年末年始です。
あけましておめでとうございます、と。
みなさま本年もモト・メンテナンスと絶版バイクスを何とぞごひいきに。


山に登ったり海岸に出かけることもなく、すっかり昇ってしまった朝日を自宅から拝みます。ポンコツバイク達が勝手に直りますように。

続きを読む ...

post : 2008年12月31日  comments (0)

 たぶん原因はバッテリーのご臨終だと思いつつ、無条件で交換できないあきらめの悪さから、ゴルフからセルモータASSYを外します。「外します」と簡単にいうものの、セルモータをシリンダーブロックに固定するボルトはエンジンマウントを貫通しているため、ボルトを緩めるにつれてエンジンが下がってしまい、そのままでは抜けません。ということで、ミッションケースの下側にクルマ用のパンタグラフジャッキで支えて高さを合わせて、狭い空間に手とレンチを突っ込んで作業します。やっぱり、バッテリーを交換した方がラクだった、と後悔しつつ……。

ゴルフの場合、セルモータをクランクケースに固定するボルトでエンジン本体とエンジンマウントをつないでいます。ボルトを緩めるとエンジンが下がって回りづらくなりますが、それを無視して抜いてしまうとエンジンが落ちます(実際には後方2点のマウントが支えますが、3cmほどずっこけます)。だからこのボルトを抜く前には、エンジン裏側を支えます。

続きを読む ...

post : 2008年12月29日  comments (0)

 ここはモト・メンテナンス誌のブログですが、バイクいじりはモトメンテと絶版バイクスの記事作りという感じでプライベートではクルマのメンテの機会が多い私。
いや、休みの時にもレストアをガンガンすれば、山のように溜まったポンコツ原2も
きれいさっぱり片づくんですが……。
 さて、我が家では家族とトランポ用としてのレジアスと、オークションでポチッとやってしまったワーゲンのゴルフ2があるのですが、ゴルフの方は家族に(特に嫁に)滅法評判が悪い。車高低すぎ、乗り心地悪すぎ(対レジアス比)で無理もないかなと、最近ではファミリーカーとしての出番はほとんどありません。レジアス導入前、ハイエースバンだった頃は、硬さと突き上げ感は似たり寄ったりでしたが、生まれて初めてワゴン車にのってしまったら、もうゴルフはヤダ! となってしまったわけです。


続きを読む ...


雑誌紹介

モトメンテナンスモトメンテナンス

日々のメンテナンスから不動車の再生、そしてレストアまで「バイクいじり」を幅広くカバーするメンテナンス総合誌。あると便利な工具・ケミカルの紹介から、業者への発注の仕方、そしてアッと驚く工作テクニックまで、いじり好きの編集スタッフが自ら実践し分かりやすく紹介。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ