モトメンテナンス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2009年07月13日  comments (2)

絶版バイクス4の取材に向けてAS90の試走、というかラーメンを食べに出かけた先で、
ビックリ仰天なことにポイントの接点が吹っ飛んでしまった話の続きです。

状況としては、ごくごくフツーの走り方で1速から2速にシフトアップしたところ、
ミッションあたりから「ガリッ!」という異音が出て、
同時にギアが抜け掛かったかのようにガラガラという感触が伝わってきました。
この時は、てっきりシフトミスをしたものだと思い、もう一度クラッチを握って
シフトペダルを蹴り上げたのですが、それをきっかけにエンジン回転が重くなり
スロットルを煽っていないとアイドリングできなくなって、ついにはエンジンがストップ。

こちらはてっきりミッション、ギア系の不具合だと信じてますから、
エンジンが止まったのも気まぐれだと思い、キックペダルを踏み直しましたが
まったく反応がありません。普通、というかいつもなら、始動する前に
プラグに火が飛んでいる気配がありますが、それがまったくない。
とはいえキックペダルから伝わる感触的に、ピストンとシリンダーが
焼き付いているようなガサガサ、ガビガビ感もないので、重大なトラブルでは
無さそうな感じ。まあ気まぐれで走っていて、自分の現在地が分からないところで
動けなくなっているのはけっこう重大なトラブルではありますが。

で、こんな時プラグでも見てみましょうか、とやるのが定石なんですが、
悪いことに車載工具を積んでない。原2ツーの時は、ひととおりの工具をバッグに入れて
リアキャリアにくくっていますが、近所の散歩ぐらい平気だろうという慢心が
コトを厄介にしてくれます。
結局、携帯のGPSで自分の現在地と自宅に帰る道順を確認して、
トボトボ押して帰ることにしました。
途中、長い下り坂に差し掛かったところで車速を上げて2速に入れてみると、
ラッキーなことに再始動に成功! そのままエンジン回転を下げないように
ギャンギャンスロットルをあおりながら家までたどり着きました。

で、プラグを外し、ポイントカバーを外して接点を覗いてみると
アーム側の接点が丸ごとない。


台座部分の盛り上がりと、ハンダ(かロウ付け)の
痕跡は見えるのですが、接点本体がまったくないのです。
「これはいったい……」とフライホイールを外して詳しく確認すると
やっぱりベース側にある接点が、アーム側にはありません。
同時に、フライホイールの磁石の周辺には粒っぽい異物が付着しています。

分解してみましたが、やはり片方の接点はありません。

というような状況から判断して、接点は何らかの衝撃や劣化でアームから剥がれてしまい
フライホイールとローターの隙間で細かく潰されて接点が消失。
それと同時にポイントギャップがガバッと開いてしまったのです。
ポイントギャップが広がると点火タイミングは早まる方向に変化するので、
始動性の悪化と早期着火による異常燃焼につながったのだと思われます。
坂道を下る途中で始動できたのは、キックペダルを踏むより
クランクシャフトの回転数が速くなったせいでしょう。

こちらは新品。パーツリストを見ると、AS90、AC90、A90などのシリーズでは、三菱電機、國産電機、日本電装の
フライホイールが使い分けられています。私のは三菱でしたね。

最後にタイミングストロボで点火時期を確認&調整して終了です。

なんにせよ、これまでこんなトラブルに遭遇したことは無かったので
症状から原因を想像できなかったのですが、旧車な人に話を聞くと
同じようなトラブルを経験したひともいましたので、超珍しい事例ではないのかと。
ラッキーなことに、純正のポイントは難なく入手できたので交換して修理完了と
なりました。これでしばらくポイント周辺はトラブルフリーで行けるでしょうが
それもさることながら車載工具を何とかしたいところです。




post : 2009年07月12日  comments (2)

絶版バイクス、モトメンテ、絶版バイクス、モトメンテ……と
それぞれの雑誌は隔月、あるいは季刊ペースの発行ですが
うまく並ぶと毎月編集作業をしなきゃならない事実。
これに気づいたのがごく最近という、なんとも勘のニブい私。
どうりで、春先から忙しかったはずです。
20代前半のように徹夜もできなくなって、1日の稼働時間が
事実上減ってきてるってことも原因のひとつでしょうが。

さてそんな阿鼻叫喚の地獄絵図をくぐり抜けて、ようやく
この17日に書店に並ぶ(と思われる)絶版バイクス4の
密かな、いや今やこの本の裏テーマでもある原2ツーリングに、
今回もスズキAS90号で参加した私。

埼玉の山中、ただ先行車において行かれないように、首からカメラぶら下げて必死についていった先の峠です。気持ちよかったです、という以外に具体的情報が一切ないのがお恥ずかしい。

残念ながら今回も移動撮影人としての出番ゆえ、
道中どんな素晴らしい景色や空気があったかは、
自分で撮影した写真からしか思い出せないのが悲しいところ。
とにかく、走りながら撮影している時には、周りの風景まで見る
余裕なんてないんですから。修行が足りないせいですかね。

幸いなことに、ツーリング中はトラブルなしで同行の皆さんに
ご迷惑をおかけすることはありませんでしたが、
そこは1968年製だけあってあちこちにちょっとした不具合も。

中でも、ツーリング前のチョイ乗りで遭遇したポイント関係の想定外
トラブルは痛かった。ってこのハナシ、前にしたことありましたっけ?
2ヶ月以上前のことだから、もう忘れちゃって……。

かいつまんで言えば、走行中にポイント接点がどこかに消えて無くなったんですね。
するってぇとどうなるか? どうなったんだっけか。


結果として交換したポイントアッセンブリーです。何度目かの記述ですが、このバイクの純正パーツ入手打率は非常に高いです。
念のため2個注文しましたが、あと5年後に発注しても翌日にはあっさり入荷するような気がします。

post : 2009年04月28日  comments (2)

ゴールデンウィーク的な昨今、連休のお供にモトメンテ83号を
購入いただいた皆様ならご存じの通り、
今号は電気特集&テスター特集的な内容がドッサリしております。
下手の横好きで電気イジリをあれこれやっている私は
アナログ、デジタル合わせて5、6台のテスタを持っています。
たいていが「あ、これ便利そうだな」と衝動買いするパターンで
出番が多いのはそのうち2台ぐらいなんですが。

で、何年か前に「これは値打ちで使えそうじゃん」と買ったものの
持って帰ってきてビックリギョーテンしたのがコレです。

回路を切断することなく、流れる電流を測定できるクランプテスタです。
今はない工具ショップで、数千円という当時としては破格値で
購入しました。

これのドコがギョーテンかというと、





続きを読む ...

post : 2009年04月26日  comments (2)

バイクに乗っていると、マンホールのフタや横断歩道の白線など
天候によって変わる路面のコンディションに敏感になるものですが、
クルマの時はそういうことはあまり気にしません、私は。
最近はオーバースピードでズルッ! といくような運転をすることは
ほとんどないし、バイクを積んでいる時は一層用心しますからね。
でもこの間、やってしまいました。

ウチの近所は対向車とのすれ違いにも苦労するような狭い道が多くて、
前方に対向車がいないことを確認して、あるいは願って鼻先を
突っ込むようなことが多々あります。
にもかかわらず、そんな道路が一日中混雑する表通りの抜け道に
なってたりするものだから、地元民以外の通行も意外に多い。
カーナビに誘導されて「ホントにこっちで良いのかなぁ?」なんて人が。

普通に走っていると5万kmぐらいは使える夏タイヤですが、今回は2万3000kmぐらいしか使えませんでした。




続きを読む ...

post : 2009年04月18日  comments (2)

娘の保育園の送り迎えと駅までの通勤手段として
5年に渡って活躍しているお母さん自転車。
最近「前輪から変な音がする」と修理の要請です。
前輪を浮かせて回してみると、確かにリムとブレーキパッド(パッドと表現して良いのか?)が
周期的に触れているようで、異音が出ています。
駅の駐輪場やスーパーの自転車置き場での転倒は数知れずで、
変形したブレーキレバーホルダーがレバーの動きを阻害して
ブレーキワイヤのアウターチューブもピキピキにヒビが入って
ワイヤ自体の動きも悪そう。
ということで、ワイヤが戻りきらずにパッドとリムが干渉していると判断し、
ホームセンターで298円也のワイヤを買ってきます。

続きを読む ...

post : 2009年04月15日  comments (2)

この春先、我が家の娘が急に自転車に目覚めまして。
それまであまり自転車に興味がないようで、補助輪付きを
ガラガラ……と走らせていましたが、近所の同い年ぐらいの子たちが
次々と補助輪を卒業するのを見て「私も補助輪を外して!」と
急にやる気を見せ始めました。

ならば、と両方の補助輪を外して、まずは自転車の横に立って
ハンドルを持って押し歩き。続いてペダルを漕がずに
地面を蹴った惰性で前進する練習をちょっとやって、
「じゃあペダルを漕いでみて」と言ったところ、
あっちへフラフラ、こっちへフラフラしているうちに
だんだん真っ直ぐ進めるようになってきました。

で、乗ってる姿を見ながら、サドルをもう少し上げようか、
ハンドルをもうちょっと奥にしようかと、体のサイズに合わせて
調整します。
すると、自分が望む方向に調整されると「乗りやす?い」
逆に本人の好まない方向にいじると「上手く乗れない」と
ポジション調整が乗りやすさにダイレクトに効いていることが分かります。

続きを読む ...

post : 2009年04月13日  comments (2)

桜の咲き始めはどうでしょう、今年は桜が長持ちするねぇ
などとやってるうちに、もう4月も半ば近くです。
この間私は、今年本格的に発症した花粉症
(もう、認めざるを得ないほど鼻水垂らしました……)にヤラれながら、
深く静かに潜航していました。

と思ったら、初夏を思わせるこのところの陽気です。
ゆっくり走っても気持ちがよいので、最近はAS90の出番が増えています。
41年前に生まれたお年寄りですが、ドノーマルのままでもちゃんと交通の流れに
乗っていけます。絶対的にペースが遅い東京都内だからという事情もあるでしょうが。

スタートはトロめですが、速度が乗ればなかなか軽快です。

しかしながら、4月6日からは全国交通安全運動が展開中で、
街角には警察官の姿がやたら多く、同じく私の通勤路上には
電柱や建物の陰に白バイがウジャウジャと潜んでおります。
あまり調子よく走っていると御用、となりますのでご注意を。
私は先週、制限速度50km/hのところを他のクルマの流れに合わせて
走っていたら、猛然と白いバイクの追尾を受けてビビリました。
たぶん、50ccだと思って追ってきたのでしょうが、
黄色ナンバーを確認した途端、急減速&Uターンして行ってしまいました。
その時点で制限速度より20km/h近くは余計に出ていたと思うので
ウワウワウワ!!と焦ったのですが、彼はもっと大物を釣り上げたかったのでしょうね。

60?70km/hぐらいがいちばん気持ちよい速度帯です。

そんな全国交通安全運動は、4月15日までやっております。
もうちょっとガマンして、というか、毎日交通安全運動実施中で行きましょう。
ASなら、安心速度が安全速度なので、ドカ?ン!とデカイ違反もないでしょう。

はい、今日も無事に会社に着きました。帰りはヘッドライトがボンヤリなので、さらに気を付けます。
今月16日発売のモトメンテでは、6V車の12V化を取り上げていますから、それを読んで(って、原稿書いたのは私ですが
明るいヘッドライトにするのも一興ですね。

post : 2009年02月28日  comments (2)

クジ運の強さから、今年もDE耐!参戦権を獲得したモトメンテチーム。
メールによる当選通知に続いて、参加申込書が届きました。



インターネット抽選に通ってひと安心ではありますが、
実際にはeプラスから届いた「エントリーチケットの半券」を参加申込書に
貼り付けた上で、「参加申込書」をイベント事務局に郵送することで
正式な参戦申し込みとなりますのでご注意を。

つまり、抽選に通過した皆さんに届いた封筒を開けずに寝かしておくだけでは
参戦できないのです。
エントリー用紙の受付期間は3月7日(土)?3月17日(火)の間なので
封筒が手元にあるチーム関係者の方は、忘れずに送付しましょう!
で、そこにはイベントプログラムに掲載されるチーム名の記入箇所もあるので
チーム名未定の皆さんは、それまでに名称を決めておきましょう。

前回までエイプを使っていた我々は「モトメンテRT☆エイプチーム」を
使ってきましたが、今回はモンキーRTがベースです。
というわけでチームの皆さん、ど?します?
「モトメンテRT☆モンキーRT」? なんか紛らわしいですね。


あと、今年から希望ゼッケン制度が廃止されて、申込書が事務局に
到着した順番で決まるようなので、マキシ様においてはゼッケンシートの
キリヌキはもう少し待ってください。ってか、白ゲルコート仕様の現状では
ゼッケンも何もないか……。

post : 2009年02月23日  comments (9)

4ストミニのお祭り的イベントであるDE耐!
我々モト・メンテナンスチームは初開催時よりエイプ100ベースの
マシンで参戦を続け、優勝や2位を獲得するという望外な結果を
残してきました。

今年は車両をモンキーRに変更し、いじりまくった末の100ccという
いじり好きにはたまらない(というか田口編集長にはたまらない、か?)
マシンをがんばって製作中です。

とはいえ、やる気マンマンでマシンを作ってみても、
もてぎの本コースに立てるか否かは、インターネットの抽選に
通るかどうかに掛かっています。
ここで圧倒的な強さを誇るのが、この私。
DE耐!エントリーがインターネット抽選になってからこれまで
抽選に応募してハズれたことがない! 勝率100%

で、今年もその神通力は健在でしたよ?!!

続きを読む ...

post : 2009年02月22日  comments (2)

ひとつの鍵でイグニッションとステアリングロックが操作できるようになって
ひとまず日常の不都合はなくなったAS90を、
さらに便利に使えるようにするために、ヘルメットロックを追加します。


以前、田口編集長も触れていましたが、スズキ車用の汎用部品として
用意されているロックASSYは、ハンドルバーにクランプできるタイプです。
最近であれば、スズキチョイノリの純正オプションにあったような記憶も
ありますが、今回はK90用パーツリストから注文しました。
すると、つまみ部分がかまぼこ型のキーで出てきて超ラッキー♪

続きを読む ...


雑誌紹介

モトメンテナンスモトメンテナンス

日々のメンテナンスから不動車の再生、そしてレストアまで「バイクいじり」を幅広くカバーするメンテナンス総合誌。あると便利な工具・ケミカルの紹介から、業者への発注の仕方、そしてアッと驚く工作テクニックまで、いじり好きの編集スタッフが自ら実践し分かりやすく紹介。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ