モトメンテナンス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2011年11月11日  comments (3)

全バラ磨き込みでイイ感じになりましたが……



モトメンテ本誌(絶版バイクスだったかな?)では、すでにお話しておりますが、
栗田チャピィ、マルジッピィに引き続き、半ば勢いで購入したのが田口ボビィ。
ガレージの住バイクになって早1年と数ヶ月が経過しましたが、
今年9月に重い腰、本当に重い身体を起こして磨き込みを始めました。
そして約1ヶ月、夜な夜な続いた作業はほぼ終焉!? を向かえ、

取り敢えずは…………

続きを読む ...

post : 2011年10月27日  comments (2)

Genさん、お疲れ様でした。

久々のブログ更新ですが、たいへん悲しいお知らせになります。


彼と本誌との出逢いは58号でした。
それ以前からサーキットではお話したことがあった、
GEN'S FACTORY主宰、原田一夫さんが永眠されました。
52歳の誕生日を迎えた直後でした。

彼の口から直接、病名のお話や「余命宣告」に関するお話を聞いてから2年ほど経過致しました。
その間も、これまでとなんら変わらず我々からの取材依頼を快く引き受けてくださり、
積極的にレース参戦している彼の姿を見て、
いつもいつも、ただひたすらに「凄いな強いな……」と思っていました。

本日、GEN'Sブログにて、
http://blog.eigyo.co.jp/gens/
奥様から正式なお話がありましたので、
ここにモト・メンテナンス編集部としても、ご報告させていただきます。

「GENさん!! 
お疲れ様でした。色々ありがとうございました!!」



謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

モト・メンテナンス編集部 
編集長 田口勝己
スタッフ一同

*2011年10月29日追記*
本日、本誌スタッフ全員でお通夜に参列させていただきました。
本当に数多くの方々が訪れており、GENさんの人柄をあらためて知ることができました。
本当に残念です…… 謹んでご冥福をお祈りいたします。
スタッフ一同





post : 2011年08月05日  comments (1)

想像以上の反響です!!
カーベックCV-jrの当選者選んでます。

読者みなさん、天候不順で蒸し暑いですね〜@@;)/
我々モトメンテチームは、昨晩次号の校了を終え、
現在は印刷所さんからの問い合わせ対応をしているところです。


↑↑カーベックさんのCV-Jr↑↑  ←クリック

怒濤の3連発を終えたばっかりではありますが、
9月は好例の「モト・メンテナンス・インデックス」の月ですので、
盆休みものんびりしていられないのが現状です。
この蒸し暑さと併せて、ヘトヘトなオヤジ編集グループであります……

で、次号の進行前に、前号96号のプレゼントコーナーに応募して下さった
読者のみなさんからのはがきを確認してビックリ!!
カーベック製「超小型焼付乾燥器CV-Jr」に対する応募がすごいんです!!



只今、幸運な当選者3名さんを抽選中ですが、
みなさんからの熱き想いが、はがきからヒシヒシと伝わってきます。
どなたに当たったのかは、発送をもってかえさせていただきますが
当選された方は、実践リポートを必ず編集部へ送ってくださいね!!
おそらく今回は、CV-Jrだけで3/120くらいの確率になると思います。

よろしくお願い致します〜

post : 2011年05月06日  comments (1)

全国いろいろ増えてます〜♪

GW明け早々にモトメンテの誌面作りでドナーバイクになっていることが多い
エイプ100を登録してきました。僕が住む町でも
今年の4月1日から「ご当地ナンバー」制度が取り入れられました。
GW中のTVニュースでも度々報じられた「100mのジャンボこいのぼり」で知られる加須市だけに、
ご当地ナンバーは「こいのぼり」になります。



原付は白、原2の90ccまでが黄色、原2の125ccまでが桃色、
小型特殊が青色のこいのぼりで、僕のエイプ100は桃色です。
取り付けていた最中に雲の切れ間から薄日が差し込み、そのとき初めて「ただの桃色」ではな
「メタリック色」であることに気が付きました。
こんなカラーリングにも、ご当地ナンバー作りに携わった方々のこだわりを感じました〜♪ 
ボビィ号のメンテ&カスタムを終えたら、まっ黄色なボディー+「黄色こいのぼり」ナンバーに
なりますね!! なんだか黄色ボディの軽自動車のようになってしまいそうな感じ!?

post : 2011年04月18日  comments (3)

ボディーの大改造!? ナロード仕様が大正解!!



我が愛車のシャリィ号は、モンキーやゴリラ、ダックスなどのフレームと比べて
エンジン上部がフレーム枠に隠れている構造のため、ビッグキャブの装着には制限が多い。
カスタム系シャリィに多い「かさ上げマニホールドブロック」や「ロングマニホールド」を
使ってフレームからキャブ本体を飛び出させるようなマウント方法にすれば、
確かに様々なタイプのキャブを取り付けられるようになるが、
僕としては、キャブのフタというかフレームカバーを取り付けた状態で走りたいため、
このようなカスタマイズは当初から考えていなかった。
ピストンバルブ式がダメなら、CV系負圧ダイヤフラムのキャブ装着も考えたが、
理想的なボディーが無かった。実は、東南アジア出身のバイクに装着されているような
タイプも含め、CV仕様キャブも3〜4タイプは「ポチッ」とやった。
しかし、ガレージの肥やしとなってしまった。



そんなこんなで、これまでは「エイプ100用純正キャブ」を改造して取り付けていた。
チョークバタフライのレバー関連部品をすべて廃止し、チョークシャフトに
カシメられているアームも外し、シャリィ純正キャブのワイヤーアームをカシメ直して
ダイレクトチョークとした。冷間始動時にチョークを目一杯引くと、エア量が不足して
カブリ症状が出るため、エンジン始動時にチョークの引き量を合わせながら
キックするのが始動時のコツとなっていた。まぁ、ライダー本人がそんな構造であることを
理解していれば、何ら問題ないものである。



そのようにチョークレバー系のモディファイを実施したのみで、
エイプ100用純正キャブは取り付けることができた。トップカバー部分は、
スロットルケーブル金具をより深く差し込める仕様にすれば、フラットなフレームカバーも
取り付け可能である。ちなみにこの際に使っていたマニホールドは、キタコ製の
シャリィ専用部品。超チョート仕様の作りなので、
高回転エンジンとの相性はかなり良いのではないかと思われた。

その後、シフトアップ製の削り出し首振り(可変角度)マニホールドを装着。
それによって低中速トルク優先のエンジンは、よりバランスの良い吸気仕様となった。
そんな仕様でしばらく走ってきたが、やっぱり可能な限り「ビッグキャブ」を試してみたい!! 
と思うようになり、メーカー純正系キャブレターで良いものが無いか探していたときに
見つけたのが、KSR110純正のケーヒンPBである。
このキャブレターも…………

続きを読む ...

post : 2011年04月18日  comments (3)

7月最後の週末!! 8耐のような日程です。


東日本大震災の影響でコース改修を余儀なくされている「ツインリンクもてぎ」ですが
先週末の16日(土)付けにて、順延日程が発表されました。
コース改修に見通しが付いたと解釈してよろしいのでしょうか?
もしそうならひと安心といったところですね。

DE耐!2011決勝レースは  7月30/31日(土/日)

第一回公開練習は       6月19日(日) 

第二回公開練習は       7月12日(火) となっていて

さらに
「走行チェック」という名称で7月13日(水)に全チームを対象に予定されております。
詳細は順次発表されると思いますが、

まずはこちら↓↓↓↓をクリック!!
ツインリンクもてぎ DE耐!情報

post : 2011年04月14日  comments (0)

地元でもご当地ナンバー「こいのぼり」


東日本大震災で被災され、避難所生活を余儀なくされている福島県双葉町のみなさん。
実は、僕が住む町に双葉町役場ごと移動され、近所の高校跡地で集団生活をされています。
モトメンテチームとして「何かできないものか?」と考えたときに、
みなさんの「気晴らしにでもなれば……」ということで、弊社刊行の各誌、それと僕らの出身でもある
ネコ・パブリッシンク営業部さんにご相談させていただき、
四輪各誌新刊やディズニーの絵本を送って下さり、
それらを合わせてこれまで数回、避難所に足を運ばせていただきました。
先週末には天皇皇后両陛下もお見舞いに……、同じ市に住む住民として、
震災以降は今までにない生活を送っております。
 昨日は、撮影中のガレージに広島尾道のお茶屋さんからの支援物資=因島杜仲茶が届きました。
届けて下さったのは、マエダコレーシングサービスの前田河さん。
サーキット走行会が好きな方なら、ご存知な方も多いはずです。宮城出身の彼は、
震災直後からいつものハイエースで仙台宮城方面を6往復もしているそうです。
その因島杜仲茶を撮影後に避難所に届けさせて頂きました。健康茶ということもあり、
大変喜んでいただけました。尾道のセカンドグリッド様、ありがとうございました〜♪



 で、お話は突然変わりますが、その地元である埼玉県加須市でも、
原付&原付2種および小型特殊枠の「ご当地ナンバー」制度がこの4月1日から始まり、
加須特産でもある「こいのぼり」ナンバーが発行されております。僕が…………


続きを読む ...

post : 2011年04月04日  comments (2)

 3月11日の震災翌日から、しばらく自宅待機が続き、
ガソリンの調達および撮影段取りができたので突貫撮影。
そして今週中には校了しなくてはいけないという、
モトメンテ創刊から16年目にして、なんとも表現しにくい一冊
モト・メンテナンス95号の佳境を迎えようとしております。
そんな矢先、ツインリンクもてぎ・モータースポーツ部様から
下記のようなご連絡をいただきました。

その1 「2011 DE耐!は延期」となりました。
自粛うんぬんではなくサーキット施設にも地震でダメージを受けており、
その復旧が間に合わないことが延期の理由のようです。
栃木の芳賀高根沢方面は、想像以上にダメージを受けているようです。

その2 「グッドオールデイズ2011」は中止になりました。
毎年ゴールデンウイークに開催され、今年で4年目になる
グッドオールデイズでしたが、上記理由のとおり
こちらは「中止」になりました。
代替日程の調整が難しいため、中止になったようです。
ホンダコレクションホールにも、震災の影響があったとの情報があります。
文化遺産でもある歴代ヒストリックモデルの祭典が
「復活する日」を楽しみにしております。

*4/11 モビリティランドからの通知*
http://www.mobilityland.co.jp/pressroom/motegi/ ←クリックすると通知見られます

post : 2011年02月14日  comments (1)

【受付の延長決定】3月4日(金)まで延長!!

 
↑↑この感じ、イイですねぇ〜♪ みなさん楽しみましょう!!!! ↑↑


DE耐!エントラント常連のみなさん、そして、今年新設された「エンジョイ」クラスに
初めてエントリーするというみなさん。気が付けば2月ですね。
そうです、恒例のDE耐!エントリー〆切まであと僅か!?
なぁ〜んて思っていたら、実は、まさに本日14日が、
2011年DE耐!のエントリー〆切日でありました……

5月末のレースなのに、2月中旬にエントリーを締め切るとは、
いつもながらの早さにオドロキです〜〜  @@;)


↑↑↑こんな感じの仕上げ、スバラシィ!! ホントーにカッコイイっす!!  ↑↑↑


現段階で、5月20日(土)/21日(日)の両日ともに「120台前後のエントリー」ですが、
本日、もてきMS部(モータースポーツ部)に問い合わせましたところ、
エントリー期限を3月4日まで延長することに決定したそうです。 


さらに「異なった決勝日であればダブルエントリーも可能!!になりました。
具体的には、土曜日にエントリーしたチームが
 「日曜日にもエントリーできる!!」 というルールになりました。
そしてさらに「14時間耐久レースチャンピオン賞」なる賞典も新たに設けられ、
土日両日のレース結果を踏まえ、表彰もあるそうです。
気になるダブルエントリーの場合は、2日目のライダー登録料金が免除!!

Q1/レースは両日とも同一マシンじゃなきゃいけないの?
Q2/一部ライダーの変更は可能なの? などなど、

詳細については、DE耐!事務局さんにおたずねくださいませ〜

  
↑↑よってたかってDE耐!楽しみましょう!!↑↑


ということで、この閉塞感な日々をDE耐!参戦でふっ飛ばしましょう!!
我々チームに関しては…………

続きを読む ...

post : 2011年02月10日  comments (0)

紙雑誌で買うか!? 電子書籍で買うか!?

ネット情報だけで満足するのか??




年明け早々から色々と立て込んでしまい、昨日、ようやくモトメンテ本誌94号の
編集仕事から離れることができました。このまま順調に進めば、
印刷所さんでサクッと印刷、製本され、来週の16日(水曜日)には
書店さんの店頭に「MOTO MAINTENANCE 94」が並ぶと思います〜♪

でもって今年3月の「別冊」は、「絶版バイクス」誌ではなく
MOTO MAINTENANCE・INDEX14
「モト・メンテナンス・インデックス14」と
させていただくことになりました。
絶版バイクスに関しては、現在調整中ですので、
今しばらくお待ち下さい。次号企画に関するご要望なども、
随時受け付けておりますので、ネットからの書き込みでも
編集部への直接メールでも構いません。ドシドシお寄せ下さいませ。

ということで大好評のインデックスですが、
すでにヒトケタ時代のバックナンバーは絶版扱いとなっていまして、
かろうじて「INDEX 10」は紙バックナンバーがまだありますが、
そのうち完売になってしまう状況だと思います。

で、最近になってモトメンテの存在を知り、
「バックナンバーが欲しいんですけど……」
といった読者さんに対するサービスとして、
インデックス・シリーズのバックナンバーに関しては………………


続きを読む ...


雑誌紹介

モトメンテナンスモトメンテナンス

日々のメンテナンスから不動車の再生、そしてレストアまで「バイクいじり」を幅広くカバーするメンテナンス総合誌。あると便利な工具・ケミカルの紹介から、業者への発注の仕方、そしてアッと驚く工作テクニックまで、いじり好きの編集スタッフが自ら実践し分かりやすく紹介。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ