モトメンテナンス編集部ブログ-バイクのことならバイクブロス

post : 2013年01月07日  comments (0)

相変わらずの「モトメンテ節」 全開でいきます!!

遅れ馳せながら、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。



今年の関東のお正月、特に三が日は、例年に無く暖かい日が続き、
バイクいじりをしていてもツラくなかったですね〜
はい!! 正月早々ばかりじゃなく、年末も家事お手伝いや
大掃除を一切パスさせていただき、
ただひたすらに「バイクいじり」を遂行させて頂きました。

昨年後半は本当に忙しい日々が続き、撮影以外にプライベートな
バイクいじりを楽しめる時間がほぼ皆無だったので、
ウサ晴らし!? かの如く、黙黙といじり続けましたね〜



お蔭様でガレージ仲間に加わったダックス・スポーツ号も
ほぼいい感じの仕上がり=ベース車としてまともに走れるレベルの仕上がりになり、
今後は誌面を通じて、年末〜正月休みのひとときの様子を
リポートしつつ、さらには30年ぶりの
「ダックス・カスタム」を田口流で楽しませていただきたいと思ってます〜♪

それと今年は、
「ワールド・ビジネス・サテライト!?」
って感じ!? の企画?
要するに
「絶版ビジネスバイク」にも注目したいと思ってます!!



今では本当に数少なくなったビジバイカテゴリーのバイクですが、
60〜80年代中頃までは、ビジバイの世界もまさに華盛りでした。
そんな当時の魅力的モデルをベースに、モトメンテ的に
楽しんでしまおうとも考えてます。
ビジバイファンのみなさん、さらにモトメンテに、要注目!!


世界一にも挑戦状!!??


post : 2012年12月12日  comments (1)

コヨセジュンジ画伯のイラストカレンダー付き!!(付録)



今年最後の発売号になる「モトメンテ105」は、只今、
凸版印刷さんの輪転機でグルグルした後に、ズバッと裁断され、
ビシッと製本されているころだと思います〜。
お蔭様で、超超々過密スケジュールの中で、何とか突き抜けることができました。
ご協力頂きましたすべての皆さん、ありがとうございました。

今号はいつもの号と違って、特集企画3本立て!! です。
東映まんが祭りのような気分ですが、制作担当は大変でした。
なにしろ、レギュラー企画を進めながらの3本立て!! つまり1折増ページ!!
それと昨年大好評だった「コヨセ・ジュンジのイラストカレンダー2013」が
付録になります。紙のクォリティを大幅にアップしましたので、
こちらもご利用くださいませ。

ということで、12月15日(土)は書店さんへGo!! Go!!

post : 2012年11月02日  comments (2)

ガレージでコツコツ「バイクいじり」
そんな皆さんの出番がやって来ましたよぉ〜!!

12月発売のモトメンテ105号は、年末恒例「ガレージ特集」を企画しております。
只今、自薦と他薦を含め、取材候補リストにアップされている方は
北は東北、西は兵庫、といった感じで6〜7名!!
もっともっと、15パターンぐらいのガレージを取材したく考えてます!!
我こそは!! という方からの自薦をお待ち申し上げます。
編集部へeメールやFAX、もしくはこのコーナーへのカキコでもかまいません。
是非とも、ご連絡よろしくお願い致します!!



それと読者のみなさんにご連絡!!
前号モトメンテ104号から「読者アンケートはがき」に50YEN切手を貼らなくても、
編集部払いで投函できるようになってます。

ところが!! 条件反射!?でしょうか? 切手を貼って投函されている
お方が今のところ3名!! 切手がもったいないので、
貼らずに投函してくださいね〜

業務連絡!? でした〜

post : 2012年10月09日  comments (1)

今月は暦に翻弄されて締め切り峠が難所でした〜@@;)〜

ここ数週間、週末はイベントの嵐。取材&ロケ最優先のため、
編集進行および原稿進行が超大幅に滞り、必至になって
眠い目をこすりこすりキーボードをパチパチしていた1週間でしたが、
どうにか今さっき、凸印担当者様が原稿をピックして下さいました〜





って言いながら、一昨日の土曜日未明には、ほぼ峠越えしていましたので、
一昨日は、雨の中をW1愛好会主催の河口湖ミーティングへ
昨日は、Mr.ブルースカイのなかをRG400ガンマの友人を誘って
那須方面へ一般道メインのテストツ〜へ出掛けてきました。
実は、雨の中でも平気で激走するW1オヤジの元気の良さに刺激され
Z550GPに乗りたくなったのが正直なお話です。

約200km強のショートツーでしたが、
広域農道を全力疾走!? 高速道路はすいている2区間のみ走って
おおよその不具合点を洗い出すことができました。

何より驚いたのが、RG400ガンマ+名門チャンバーの
ハンパじゃないドッカンスピードでした。
ノーマルエンジンのガンマ500+足周りチューンにて
ツクバを01秒でもラップできる実力の片鱗を
垣間見た気がしました。
だいぶ以前にぼくが乗った500のノーマルは、
調子悪かったというか、やっぱりチャンバーって、凄いよね!!

post : 2012年09月01日  comments (2)

「ラムサール条約」の地、「渡良瀬遊水地」はいつも素晴らしい!!*更新*



今年の夏は、もう終わりですかね?
猛暑日、ではなく久々に真夏日くらい!? だったので、
原2☆ボビ男でフラッと出掛けてみようかと思いましたが、
やっぱり暑そうなのと、雨雲のような黒い雲も浮かんでいたので、
バイク出動をあきらめ、いつもの原2仲間を誘って、
クルマで昼メシを食べにドライブしてきました。

集合場所はいつもの「道の駅きたかわべ」。
渡良瀬遊水地の「表」を見渡せる景色は爽快ですが(下写真左)、
渡良瀬遊水地の素晴らしさは手付かずのような自然が残る
“「裏」渡良瀬遊水地”にあると思います!!(下写真右)
数多くの水鳥が生息し、自然が残る湿地帯の保存を目的としたのがラムサール条約。
数ヶ月前、その地として指定されたのが渡良瀬遊水地なのであります。
茨城県古河市、栃木県栃木市、群馬県板倉町、
そして、僕の地元である埼玉県加須市に跨った、実に実に広大な湿地帯が
渡良瀬遊水地なのであります。平成の市町村合併がらみで1県1市町になりましたが、
数年前までは実に数多くの市町に跨っていたのも渡良瀬遊水地の特徴です。

僕が好きな「裏」遊水地は栃木県栃木市側の巴波川(うずまがわ)沿いになります。

↑↑写真をポチッとしてみてね!!↑↑

こちらが周辺地図になります。北側から巴波川土手南下コースが好きです。
↑↑開くかな??↑↑ポチッ↑↑

ちなみにこちらが↓↓↓

今から100年ほど前、明治時代後期の「旧谷中村」地図らしいです。
赤い「ハート型」の線が現在の遊水地のメイン池?になるのだと思います。
表渡良瀬の土手上道路を走っていると、東武日光線新古河駅あたりから
埼玉県→栃木県→群馬県→埼玉県→群馬県→ といった感じで数百メートル毎に
「県境」が現れますが、昔の地図を見て始めて納得!! 渡良瀬川が「蛇行」していたから
こんな感じになってしまったんですね〜。今では完全な飛び地に栃木県があります。
旧谷中村詳細に関しては、Web検索にて調べてください。

さてさて、裏渡良瀬では、これまでにも野良軍鶏やキジと出逢えたりして、
僕にとってはサイコーの牧歌地域なのであります。

↑↑写真をポチッとしてみてね!!↑↑


↑↑↑梅雨前に出逢った野良軍鶏(しゃも)のつがい。ひとなつこかったので
どなたかが放鳥したのでしょうか……


「表」の国道側から見る渡良瀬遊水地と「裏」の巴波川(うずまがわ)土手から見る
渡良瀬遊水地は、まったくの別物なので、是非、のんびり原2で走ってみてください。
マジ原2にはサイコーのツーリングコースですよ!! 様々な出逢いが必ずあります!!(多分)

でもって………………

続きを読む ...

post : 2012年08月13日  comments (0)

都内のガラガラは明日からなの? 

今朝の東北道下り線は北上する皆さんのお車で大渋滞でした。
館林から岩槻SAまではほぼ詰まっている様子。
毎週月曜日には被災地へ向かう警察車両軍団をお見かけしますが、
今週は警視庁管轄車両のようでした。改めまして、ご苦労様です。

ということで世間はお盆休み。
都内はガラガラかと思いきや、まだ渋滞がありました。
我々モトメンテチームはお盆進行を終えて、
すでに次号=9月15日発売予定の別冊進行に突入しております〜
企画タイトルは

別冊「モトメンテの工具本」

になります。
本誌創刊以来18年目に突入しておりますが、
工具に注目した別冊展開はお初であります。
我々が作る工具本なので、もちろんカタログチックではなく
実用的工具本を目指しております。
これから「バイクいじり」を始めたいというサンメカ志望の方には、
それなりの指南書になるとは思いますので!? 
是非、ご購読よろしくお願い申し上げます〜♪



ということで、16日発売の本誌103号はすでに納品済み。
フライ○グ書店さんでは、今日あたりから書棚に置かれるかもしれませんが、
それは定かではありません。定期購読の読者さんには、
本日あたりにはお手元に届くと思います。
毎号のように、アンケートはがきに目一杯書き込み、
ご投稿、よろしくお願い申し上げます〜



実は、本誌発売で喜んでいるのは編集スタッフも同じです。
完本になってはじめて掲載広告を見ることができるので、
「おぅ〜、これ欲し〜!!」なんて工具が数多くあります。
広告クライアントの皆様、いつもお世話になっております。
今後もサンメカに嬉しい工具をラインナップしてくださいね〜

post : 2012年07月03日  comments (7)

HONDA CR オーナーズミーティングも同時開催!!
ツインリンクもてぎ開業15周年とホンダCR生誕50周年!!
記念イベントになります!!


只今、姉妹誌Zeppan BIKESの佳境真っ只中!!
締め切り間近!! ってところですが、
「ヒストリックバイク&グッドオールデイズ有志の会」の仲間から
今年のグッドオールデイズ情報をゲットしましたので、
まずは画像でご確認くださいませ。



実は、ずいぶん前の6月前半に情報は頂いておりましたが、
あえて7月になるのを待って掲載させて頂きました。
すでに他媒体で情報公開しているかもしれませんが
今年のグッドオールデイズ2012は記念大会になります!!
ヒストリックバイクが好きな方!! ヒストリックバイクを所有している方!!
一緒にツインリンクもてぎで爆音エキゾーストを楽しみましょう!!

詳細は追ってお知らせいたします!!

おっ、右奥に次号ZB11の……

post : 2012年06月18日  comments (0)

私担当の編集後記をご覧いただけましたか?



本誌はこの6月で18年目に突入しました!! 早いものですね〜。
創刊号を制作している途中で地下鉄サリン事件が発生して、
その影響で取材進行が遅れるといった出来事もありました。

創刊当時の僕自身と、今現在の僕とを掲載写真で比較してみても、
間違いなく別人のように見えますよね。
プラス30kgで白髪まじり。しかも「めがね君」なので、
似てなくて当たり前と言えば、当たり前なのかも知れません。

さてさて、先週末に発売された本誌102号をご覧になった
某メーカーさん(いつもお世話になっております)の
広報担当の方から、今さっきお電話をいただきました。
バイクいじり初心者を対象にした、
「バイクいじりミーティング」をやってみませんか?
といった僕の編集後記をご覧いただき、
そんな提案にご賛同いただけたのです。



近々、具体的なお話をしてみようということになりました。
第一回「バイクいじり」ミーティングになりますので
具体的なテーマを決めて、少人数(多分5〜6人程度)にて
開催したく考えております。

参加対象者さんは、あくまで「いじり初心者さん」になることをご考慮下さい。

参加募集や告知に関しては、このブログを通じて行う予定です。
いじり初心者の方で「こんなことやってみたい!!」といった
ご要望などございましたら。このスレッドに書き込みお願い致します。

過去に本誌では
「溶接講習会」2回開催(小池酸素様ご協力)、
「缶スプレー講習会」2回開催(デイトナ様ご協力)、
「スプレーガン体験会」1回開催(カーベック様ご協力)などを催しており
読者の皆さんと一緒に楽しむことができました。

果たして、今回はどのようなことになるのでしょうか? 楽しみです!!

post : 2012年06月08日  comments (1)

締め切り峠は越えられたのか……?

偶数月隔月発行のモト・メンテナンス通巻102号の締め切りを迎えております。



この号の巻頭特集は「磨き」です。

薄汚れたバイクは指先ひとつでキュキュとやったところで、
思ったほどキレイにはなりません!! でも、キレイにしたいですよね!!
そんなときはやっぱり、道具に頼って、気合を入れて取り組まなきゃイケマセン。
でも、そんな壁を乗り越えていくことで、間違いなく他人のバイクとは違った
ホントウの輝きを得られるものだと、我々モトメンテスタッフは考えております。



ということで、来週の土曜日16日をお待ちくださいね〜♪


↑この作業は二人三脚で進めることをお勧めします〜 効果絶大!!↑


↑70〜80年代のキャストホイールには特にお勧めの「復活」プログラム!! 超オススメです〜♪↑

post : 2012年04月29日  comments (4)

またまた「新Bグル」ポイント巡り〜!! 原2の旅



GWはほぼ暦通りにお休みを頂くことができたので、本日は、本誌における北関東Bグル部長である
ハルさんからのお誘いもあり、いつもの南栃木をひと回りしながら、
僕が行ったことの無いBグルスポットを教えていただきました。

まずは佐野市の田沼駅の近くにある…………

続きを読む ...


雑誌紹介

モトメンテナンスモトメンテナンス

日々のメンテナンスから不動車の再生、そしてレストアまで「バイクいじり」を幅広くカバーするメンテナンス総合誌。あると便利な工具・ケミカルの紹介から、業者への発注の仕方、そしてアッと驚く工作テクニックまで、いじり好きの編集スタッフが自ら実践し分かりやすく紹介。

●定期購読・電子雑誌はコチラから

人気記事ランキング
記事カテゴリ