バイクSNS バイクブロス・コミュニティ-ツーリングやカスタムレポート

ライジャケの簡単リメイク!

2017年03月18日 17:51 グー!(14)|コメント(3)

スズキ バンディット1250S ABS(2007年式)
今回は、バイクのカスタムではなく!
ライダーの必需品!ライディングジャケットのカスタムです。

ジャケットが破れて穴が開いたり、バイク乗り替えでバイクと
ジャケットがミスマッチする時など、まだ着れるのに買い替えは
勿体ないですよね〜!

そこで、簡単にリメイク!そうワッペンを破れ個所やメーカー名が入った箇所に
貼り付ければ、破れやメーカー名が隠せて、自分オリジナルのジャケットが完成!

前回、メッシュライジャケのリメイク時、アイロン圧着+縫い付けしましたが、
今回は、布地の厚い冬用。。。ということで、簡単に貼り付け出来る接着剤を
ネットを活用して探し見つけました。

見つけた布用接着剤は、コニシボンド製「裁ほう上手」でしたが、
近所のホームセンターには、コニシボンド製が無く!
違うメーカーで、同一性能!同じアイロン圧着!価格が若干安い!
ネジロックで有名なロックタイト製の「布ッチ!」を購入!
こちらにて、強度などを検証したいと思います。

写真1:2017年03月18日 投稿

ホームセンターで購入した

ロックタイト製の布用接着剤!「布ッチ!」

購入価格500円ぐらいでした。

写真2:2017年03月18日 投稿

パッケージ裏面の取り扱い説明!

結構、使用用途が広いみたいです。

写真3:2017年03月18日 投稿

接着剤の浸透性を上げる為に、

接着部分を紙やすりなどで

ゴシゴシして毛羽立たせます。

写真4:2017年03月18日 投稿

接着する側も、同様にゴシゴシ!

写真5:2017年03月18日 投稿

ワッペン裏側に接着剤を均一に塗り、

接着側に貼りつけ!

ワッペンの上に当て布を置いて、

温めたアイロンを20〜30秒押し付けて圧着!

写真6:2017年03月18日 投稿

アイロンを20〜30秒乗せた後、

アイロンと当て布を取り払って、

自然冷却します。

浮き上がり部分がある時は、

その部分に少量の接着剤を塗り、

再度、当て布をした上から

アイロンで圧着します。

写真7:2017年03月18日 投稿

これは、ジャケットにワッペンを貼り付ける前に

実施した強度の検証実験です。

ライダーが一番に思いつく「重いモノ」

そう!ヘルメットです。(笑)

取り扱い説明書通りに接着したTシャツの切れ端を

繋ぎ合わせて、ヘルメットを引っ掛けてみました。

結果は!最高です。(^◇^)

ワッペンぐらいなら、十分な耐久性がありそうです。

14人がグー!を付けています。

あなたにおすすめの商品

ログイン

会員登録する
あなたのバイク今いくら?

バイク買取無料一括査定

メーカー:
郵便番号:
郵便番号を検索

PAGE TOP